家族旅行の計画は>>家族deたびいく
ブログの更新状況などは twitterfacebookでもご覧いただけます♪

2016年09月20日

グラマラスなビーチ登場!空に浮かぶビーチで大人ステイ「ソラノビーチ Books&Cafe」〜星野リゾート リゾナーレ熱海

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先週は取材に忙しく、いろいろとお伝えしたい新しい情報がたまっております。頑張ってご紹介しますね。
本日は、お子様連れ向けに人気の「星野リゾート リゾナーレ熱海」にすごいものができました。
その名も”ソラノビーチ Books&Cafe”。
400-IMG_1093.jpg


400-IMG_1059.jpgもともと高台に建っているのですが、そのホテルの最上階、熱海の海を見下ろす場所に、海外のビーチを彷彿とさせるBooks&Cafeスペースができたんです。大人向けのバカンスが過ごせる素敵な場所。足元はオーストラリアからの白い砂だとか。凄いとは聞いていましたが、450平米という広さも圧巻でした。
400-IMG_1051.jpg

400-IMG_1114.jpg我が家も夫婦二人の時は、海外のビーチりリゾートに多くでかけましたが、その時を思い出す素敵な空間です。天蓋のあるベッドやデッキチェアがあり、目の前は熱海の海と街、そして空。訪れた時は9月ということで窓も開けっ放して開放感いっぱいでしたが。
冬は(たぶん)暖房の中でこの景色や空間を楽しめるのかな?
星のや 富士で流行ったグランピング(グラマラスなキャンプ)ならぬ、グランビーチ(グラマラスなビーチ)といったところでしょうか(←注意:私が造った造語です)
素足に砂が心地よく、本当にこの空間でトロピカルドリンクを頂きながら読書をすれば、海外のリゾート気分です。



続きを読む
posted by 村田和子 at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BayFM78【POWER BAY MORNING】に出演。観光列車についてご紹介

2016年9月20日 POWER BAY MORNINGに出演。今回はMCの齋藤りささんからのリクエストで観光列車についてご紹介をしました!
クルーズトレインななつ星in九州は1泊2名一室ひとり25万円!!!という金額にも関わらず相変わらずの高倍率。そして来春には、JR西日本、JR東日本にも豪華なクルーズトレインが登場します!ちなみにJR東日本の四季島は1泊2名1室、ひとりあたり32万円!!!というニュースからの、この秋に楽しめる、観光列車特集でした(安心してください、手頃なもの沢山あります)

伊豆クレイルは、完全に女性向きで可愛らしいし、出演コーナーでご紹介し忘れ、あとでメールで番組に投稿して(※ちゃんと目を通されているのですよ)、補足ご紹介を頂いた”ろくもん”は、軽井沢と長野を結ぶ食が楽しめる観光列車。NHK大河”真田丸”の本拠地である上田も通り、まだ手配もできますのでぜひ(ななつ星と同じ水戸岡さんが内装デザインをご担当されています)

現美新幹線は、運行開始したらすぐにでもと思っていたのに、なんだかタイミングがあわずに乗り損ねておりますが、1日3往復運行。追加料金もかからずおススメです。自分で話していて乗りたくなってきました。
そうだ、列車に乗ろう〜♪

BayFM78:POWER BAY MORNING
posted by 村田和子 at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

【日経DUAL連載】施設も新しく、プリンスホテルのファミリー戦略

2016年9月12日、日経DUALに連載中の、旅育裏側探検隊に

施設も新しく、プリンスホテルのファミリー戦略
子連れ旅行や孫旅人気 「1日駅長体験」「キッズキッチン」など各ホテル独自の取り組みも


が掲載となりました。本文にも書いておりますが「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」がオープンし話題でしたが、実は全国のホテルで、粛々とリニューアルや新しい魅力の構築が進んでいました。その裏側をご紹介しています。知らない人はいない、THEにっぽんのホテルという存在のプリンスホテル。きっとママ&パパが子どもの頃の思い出もあるはず。三世代で出かけてみるのもいいですよ。
※余談ですが、ハワイのプリンスホテルもリブランドをすると発表がありました。こちらも楽しみです!
16_9103_01.jpg

※写真は苗場プリンスホテルに誕生したファミリー向けの客室。可愛らしいですね。

取材場所は、記事でもご紹介している「1日駅長体験&トレインルームご宿泊プラン」を実施している新宿プリンスホテル。フロントでは大きな画面に日本の四季折々の景色が浮かび上がり、こちらは海外の方が7割以上とのことで、外国人の方にも好評なそうです。
400-IMG_5005.jpg

フロント横にはスタイリッシュな宿泊者が寛げるスペースもあります。
400IMG_4966.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】旅行記・コラム執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

星野佳路「旅は、幸せな家族の思い出に」~NIKKEI STYLEに再掲載

日経DUALに連載中の「裏側探検隊」の記事が、NIKKEI STYLEに再掲載となりました。

星野佳路「旅は、幸せな家族の思い出に」


日経DUALは、無料の会員登録をしないとご覧いただけませんが、こちらはフリー。
多くの方に読んで頂けてうれしく思います。
そして、面白い!と思われたら、ぜひ日経DUALの連載もご覧くださいね。

私の連載は、無料の会員登録でご覧いただけます(※一部の記事は有料会員のみなのです)
日経DUAL 裏側探検隊
posted by 村田和子 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】旅行記・コラム執筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

ツアーも進化!近畿日本ツーリスト役員懇親会へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。先日は近畿日本ツーリストの役員の方々とメディアの懇親会へ。毎年この時期に開催されお招きいただくのですが、2年ぶりです。

ネットが台頭し個人で旅行手配ができるようになって久しいですが、薄利多売をモデルにしていた旅行会社にとっては、これは危機でもありました。一時は価格競争に陥り、旅行者のツアー離れも進み、旅行会社はこの先どうなってしまうのか……と私も危惧していたのですが。ここ数年、旅行会社の新たな付加価値形成が進んでツアーも進化してきたと感じます。
400-IMG_0902.jpg顧客目線での店舗つくり、安いだけではない魅力向上(付加価値のある商品の増加)、旅行者にとってもメリットが多くなっています。特に近畿日本ツーリストは、テーマ旅を得意とするクラブツーリズムと、この秋から”ホリディ”や”メイト”といった旅行ブランドの商品造成を一緒に行うとのことで、楽しみです。

いろいろ発表があったのですが、個人的に印象的だったことを3点ご報告。
まず店頭では、顧客対応力の高い方面別カリスマデザイナーを1000人に増やすそう。これ、私が総合旅行業務を取得した10年前から画期的に変わっています(※専門家に相談したい顧客の期待と店頭スタッフのスキルがかみ合っておらず、それをよしとしていた業界に疑問をもち総合旅行業取扱管理者を取得しました 参考:ガイドの原点
また、端末上でスキルの高いスタッフとコミュニケーションができる旅のコンシェルジュ(端末)を62店舗に設置。さらに、沢山あるコースから条件からリコメンドしてくれるクイックトラベルインフォは、全店に設置しているそう。
400-IMG_0923.jpg


そして2点目、道の駅応援プロジェクト、農業事業ビジネスへの参画など新たなビジネス展開。
地域活性ということに加え、ライフスタイルを通した展開へと進みそうな予感がします
400-IMG_0917.jpg


クラブツーリズムは”シニアを元気に笑顔にする企業”をスローガンにするとのこと。歳を重ねた際に、旅で気になるトイレ事情を解決すべく、化粧室があるバスを2018年までに100台にするそう。
スキーバスの事故を受けて、バスツアーは今年厳しかったとのことですが、安全・安心は当然として、お客様が不安なく楽しめるような取り組みを進めるとのことで、その一つの施策でもあります。
400-IMG_0927.jpg


抜粋のご報告になりますが、今後旅行会社の役割や重要性は、再び増す方向に向かうのではないかと思っています。昨今SNSやまとめサイトなど、旅の情報が乱立する中、”情報があって便利”というよりも、内容がない、あるいは間違ったリードをしてしまう情報も多く目にするようになりました。

”自分好みの満足度の高い旅を計画し、安心・安全に旅をする”には、専門業者である旅行業の役割というのが、今後重要になりそうです。
貴重な機会にお招きいただきましたこと、御礼申し上げます。

近畿日本ツーリスト
クラブツーリズム
posted by 村田和子 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のトレンド情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

既にクリスマス準備?!パレスホテルクリスマスケーキ&「ボンポワン」とのコラボ限定数BOX

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
まだまだ暑い…ですが、百貨店ではお正月のおせちが発表され、ホテルではクリスマスケーキの発表が今月は目白押し。先日、パレスホテル東京の発表会へ伺ったので季節先取りでご紹介します。
400-IMG_0812.jpg

「サパン・ド・ノエル」はスフレフロマージュに、ころんとしたショコラと色鮮やかなベリーをたっぷり重ねツリー風に。「ヘクセンハウス」は、サンタクロースの足が煙突からチラリ。外はジンジャーブレッドで、中にはチョコレートとオレンジクリームのケーキが入っているワクワク感がたまりません
400-IMG_0824.jpg

他にもさまざまなスタイルのクリスマスケーキは、定番の2種と、新作6種の計8種展開とのこと。詳細はこちらから。
そして発表会は宴会場であったのですが、その一角にかわいらしいお洋服。
400-IMG_0830.jpg

フランス・パリを拠点とた、世界中のセレブリティに人気の子供服 ブランド「ボンポワン」もの。
続きを読む
posted by 村田和子 at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

【THE21】プロが厳選!このホテルのココがすごい!にコメント

2016年9月10日発売、ビジネス誌「THE21」10月号の特集
プロが厳選!このホテルのココがすごい!
にて、最近のホテル動向やおすすめのホテル推薦をしております。
img_disp_pub.jpg
過去にビジネスホテルではお手伝いをしたことがあったのですが、今回はビジネスに限らなくてもいいです・・・ということで、変わったところもご紹介しています。

そしてメインの特集は「40代を後悔しないため今すぐすべき10のこと」
私も、先月47歳となり、興味津々で拝見しています。
もう遅い?…いやまだあと3年ある……と思いつつ。
でも本当に40代は仕事も家庭もいろいろとストレスフルで迷いも出るころだと実感していたので、まさにぴったりの企画。しっかり読み込みます!

■THE21
タグ:THE21
posted by 村田和子 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

毎日放送の”おとな会”に出演。見応えあります!

2016年9月7日 深夜 毎日放送の'おとな会'という番組にVTR出演致しました。
テーマは、”おとななら、心を潤す旅にでかけよう”(よい響きです!)
※先日掲載した、新宿ゴールデン街でのロケはこちらでした。

残念ながら関東では放映がなかったのですが、なんと放映から1週間は毎日放送の番組HPで観ることができます!ということで、ぜひ全国の皆様、ご覧ください!
20160907.JPG

早速拝見したのですが、(私のコメントは導入部分ですが)雑誌自遊人が運営する宿「里山十帖」やクラブツーリズムのツアーなどを体験型の旅として紹介。そしてスーツケースの修理をされている職人の方への密着取材なども。丁寧な番組作りが伺える、見応えのある番組で、面白かったです!(まさにターゲット年齢というのもありますが)。関東ではオンタイムではみられませんが、これから時々番組HPでチェックをさせていただきたいと思っています。

私のVTRを撮影頂いたスタッフさんも、ご一緒して気持ちの良い方。ご縁に感謝です。

■おとな会(毎日放送)
posted by 村田和子 at 01:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】テレビ旅番組アドバイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

女性におススメ:ホテル インディゴ シンガポール カトン(客室編)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日ご紹介したHOTEL INDIGO シンガポール カトン。今日は客室をご紹介します。
※まだの方はこちらから、ぜひご覧ください!
katon5.jpg

↑カメラのタイマーで頑張って自撮り
katon1.jpg

katon2.jpg客室もカトン地区の住宅からインスパイヤーされています。ちょっと客室が奥へ細長い感じがするのですが、これはカトンの間口が狭く奥へ長い住宅をイメージ。実は京都の町家と同じで、間口の広さでかつて税金がとられていたからなのだとか。

入ってすぐにトイレ(※トイレもキュート!)があるのも、1階にトイレという住宅の特徴を模しているそう。そしてリビング・寝室へと進むイメージで客室は構成。
続きを読む
posted by 村田和子 at 13:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール・仕事依頼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

超私好み!ホテル インディゴ シンガポール カトン〜おもてなしと地域の魅力満載!日本進出も?

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先週、台風の中、弾丸(2泊4日)シンガポールへ。IHGのブティックホテルブランド「HOTEL INDIGO(ホテルインディゴ)」の取材です。耳慣れないホテル名かと思いますが、まだ日本には進出しておらず東南アジアも、タイに続いて今回取材したシンガポールが二軒目だとか(同時に世界最新)。2004年にアメリカのアトランタに1号店を出して以来、急速に成長、現在15か国に70ホテルがあるそうで、11月にはバリ島にも誕生するそう。アジアに力を入れ始めたようです。(写真は今回滞在した、ホテル インディゴ シンガポール カトンの客室)
400-IMG_0366.jpg

最初にいってしまいますが、「ホテルインディゴ」とてもいい。コンセプトもクリアで(ちょっと日本の旅館に似ている)、私好みです。アジア地域のマーケティング代表であるブルース・ライド氏も、「日本はマーケットとして重要」と言われており、具体的な発表はまだですが遠くないうちに日本へも進出するものと思います(←推測の粋ですが)。海外の宿泊先としてはもちろん、日本に進出したらきっと話題になると思うのでぜひチェックを。

ちなみに目指しているのはスーパーラグジュアリーではなく、洗練されたデザインでありながら、自宅のように寛げる小規模なホテル。お値段も今回のシンガポールで1室あたり2万円前後ということで、非常にコスパも良くおススメです(中心街からは離れていますが、タクシーで15分程度、S$10=750円程度で行けるので、全く問題なし)
400-IMG_0314.jpg
(今回インタビューをさせて頂いたスポークスマン:向かって左:IHG AMEA(アジア・中東・アフリカ)地域 ブランド・マーケティング部門代表 ブルース・ライド氏 /右:ホテル インディゴ シンガポール カトン 総支配人 アデル・アラム―氏)
ホテルインディゴは、旅慣れた知的好奇心旺盛な人がターゲット。小さいけれど魅力的なホテルで、地域文化を細部にまで取り入れているのが特徴といいます。なので、70あるホテルは一つとして同じものはなくユニーク。私もホテルに入った瞬間から、その世界観に思わずニンマリ。帰ってきたばかりですがまた行きたい。もっというと、他のインディゴホテルにも泊まってみたくなりました。
400-IMG_0361.jpg

さてユニークだとブランド全体の統一というか、コンセプトが気になるところですが、まずは、国ではなくもっと小さなホテルがある地域の文化・魅力に徹底的にこだわり、内装やサービスに取り入れていること。日本なら、「日本ではなく東京・大阪・京都単位。もっというと六本木という地域単位もありえる(ブルース氏)」。そういえばバリには、11月のスミニャックを筆頭に、4つのインディゴのオープンが発表されています。
続きを読む
posted by 村田和子 at 09:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする