2019年02月16日

【日経おとなのOFF】おとなの温泉三昧の特集に取材協力

日経おとなのOFF 3月号の特集【おとなの温泉三昧】に取材協力と一部執筆をしております。
1280IMG_1967.jpg
開運、美肌、絶景をテーマに温泉宿を紹介。私は絶景担当ということですが、開運、美肌の宿も気になるところばかり。特に美肌は、温泉ビューティーの石井宏子さんが選者。行きたい場所をピックアップしております。
1280IMG_1964.jpg
寒い季節は温泉が恋しくなりますね。25ページにわたる特集は見ごたえ抜群です。
1280IMG_1966.jpg
その他、メイン特集はお金のトクトクワザ。確定申告の文字に、ちょっと青くなっている私です。

日経おとなのOFF 

posted by 村田和子 at 14:37| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

ビジネス誌【THE21】で、出張のテクニックを紹介

THE21 2019年3月号の特別企画
仕事ができて疲れない人の「出張」のテクニック
の中で、小宮一慶氏とともに出張に役立つ情報をご紹介しています。
(すごいタイトルで恐縮です……。)
1280IMG_1971.jpg
私の場合は、一般の会社員の方とは仕事内容も自由度も違うところもあるので、自身の経験とともに
ちょっとでも出張でリラックスし、元気になれる情報をお届けしたい……と取材に協力しています。

誌面でもご紹介いただきましたが、最近は出張にパソコンを持っていくことを極力やめています。
あると使いたくなるし、結局中途半端に作業をしがち。思い切って置いていったら、なんとかなる……いや、何とかする(笑)ようになりました。今はスマホもありますからね。
1280IMG_1973.jpg
自分の裁量で動けるからこそだとは思いますが、出張前から出張中は執筆などせずに済むように準備するようになりました。
どこでもつながるコンビニエンスな環境では休むのも難しくなっている気がします。置いてきちゃうとあきらめもつくので私にはあっているみたい。

ということで、私のページのテーマは、出張こそ休むチャンスと考えリフレッシュしよう

業種や仕事内容で難しいこともあるかと思いますが、出張が少しでも快適に、楽しみになる情報がお伝えできていればと思います。
THE21のメイン特集は、思考術レッスン。こちらも気になる。全国の書店でどうぞ!

THE21



posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

【PRESIDENT】毎日が楽しい孤独入門でひとり旅を紹介

【PRESIDENT】2019年、3.4月号のテーマは

毎日が楽しい「孤独」入門
1280IMG_1968.jpg
気になるタイトルですが、その中の「続々登場!おひとり様向け極上サービス大図鑑」
でひとり旅におすすめの旅スタイルや宿、ツアーなどを紹介しています。
1280IMG_1969.jpg
1280IMG_1970.jpg

女性ひとり旅は、よくご依頼を頂くのですが、今回は男性がターゲット。頭の引き出しを、ごちゃごちゃとひっかきまわし、これぞをピックアップしています(笑)
PRESIDENTということで高価なものもありますが、どれもおすすめです。
宿はシングルルームや、シングル利用ができるところをピックアップしていますので、ご興味あればぜひ問い合わせを。

その他、「孤独」のサービスや楽しみ方、これ男性だけではなく万人に役立ちそうです。

PRESIDENT
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

【奈良旅のすすめ】町家で頂く和食×フレンチ「TERRACE」&利き酒「春鹿」

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。奈良の旅、ご報告遅くなっております。
第一弾は、奈良町にあるフレンチの香り漂う和食~TERRACE。
今回、JR東海の奈良ツアーに参加して、まずびっくりしたのが、お洒落な食スポットが多いこと。
1280P1150703.jpg
大学生の間は奈良の実家に住み、社会人になってからも年に数回は帰省をしています。私の実家は奈良市のお隣、生駒市にあるのですが、なかなか帰省時には、子どももおり夜にであることがありませんでした。以前の奈良駅近辺は、20時を過ぎると寂しい感じでしたが、久しぶりに訪れた夜の奈良は、町家を改装したり、お洒落で雰囲気のよいお店が多く、これは……ちょっと今後開拓せねばと思っています。
ツアー中、美味しいものを沢山いただいたのですが、一番印象に残っているのが、TERRACE。
1280P1150705.jpg
町家を改装して昨年オープンされたそうで、カウンターと半個室のテーブル席が1つという小さなお店は、店主兼料理長の小林祐造さんの目が行き届き、とても居心地のよい空間。奈良の地酒や地ビールもそろい、お料理にあわせてセレクトOK。おとなの隠れ家的な感じで、大切な人と大切な時に訪れたい……そんなお店です。
1280IMG_1466.jpg

小林料理長は、もともと和食で修業をつまれたのですが、こちらの開業前には、系列の結婚式場ザ・ヒルトップテラス奈良でフレンチも学ばれたとか。大和野菜を、和食とフレンチの技法で頂くスタイルは、伝統的でありながらモダンで、新しい発見や楽しみのあるお料理。
カウンターなら、料理人の方の仕事ぶりも拝見でき、会話しながら頂くのもいいですね。その日の食材なども見せてから、調理。
1280P1150716.jpg
言葉を選ばずにいうと、奈良でこんな繊細で素敵なお料理を頂けるとは……奈良に縁があるがゆえにびっくり、感動です。
味はもちろん、プレゼンテーションにワクワクするのが、私の食の判断基準なのですが、前菜からデザートまで幸せなひととき。

1280P1150707.jpg
1280IMG_1447.jpg
あまりにも素敵で記念日に両親を連れて訪れようと思っています(それぐらいおすすめです)
↓デザートのひとつ
1280P1150730.jpg
実は私は日本酒が好きなのですが、弱いのです。なので旅先では飲んでも乾杯程度にしているのですが(※今回もさほどお店では飲んでいないのですが)今回いい気分になった理由が、お店に入る前にありました。

歩いてすぐの、酒蔵 春鹿さん。
1280P1150696.jpg
1280IMG_1428.jpg
こちらは酒蔵SHOPで きき酒の体験ができるのです。500円(税込)でかわいい鹿柄のオリジナルグラスを購入すると、5種類のお酒を試飲OK。ということで、お腹もほどなく空いている中で、利き酒をして、TERRACEで目にも美しいお料理を頂き……すっかり取材を忘れて、ご機嫌で楽しんでしまいました。

この春鹿→TERRACE のコースは、かなりおすすめ。春鹿には、今西家書院(重要文化財)があり、見学や喫茶も楽しめます。
今西家書院では、季節ごとにイベントが実施され大人気だとか(私も以前から行きたいと思いながらなかなか機会が……)
きき酒は、お昼ももちろん実施。TERRACEもランチなら手軽に楽しめますから、まずはお昼にというのも良いですね。
夜も昼も、ちょっと奈良まちのあたりは、目が離せません!

■TERRACE
■春鹿
posted by 村田和子 at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

星野リゾート BEB5 軽井沢開業!35歳以下なら年中同一価格。居酒屋以上旅未満の宿とは?

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
軽井沢に2月5日誕生した星野リゾートの新しい宿  BEB5 軽井沢 のプレス発表会へ参加しました。
1280P1170135.jpg

コンセプトは、仲間とルーズに過ごすホテル。若者旅を応援する星野リゾートが、どうやったら旅にでるのかをグループインタビューで調査。すると20代、30代の若者は、「何をするかより誰と行くか」「気心知れた仲間と一緒に過ごす」ニーズが高い傾向があったといいます。ちなみに我が家の息子は17歳。すごくこの傾向、確かにみていてよくわかります。
1280P1170270.jpg
そういったニーズを満たす一つの選択肢を旅に…ということでスローガンは”居酒屋以上旅未満”。思い立ったら出かけられるような気軽さがうりです。

TAMARIBAと名づけられたセンスの良いパブリックスペースは、中庭、カフェ、ライブラリー、ラウンジ、ショップなどがあり、24時間オープン。外から食べ物を持ち込んでもOK。中庭は、グランピングがテーマの「星のや富士」とちょっと似ているかも。自然を感じたくなったらラウンジからブランケットなどを持ちだして、外へ出て焚火にあたったり星を眺めたり、気分に応じてアウトドアも24時間楽しめます。
1280P1170087.jpg
ライブラリーの机上には、さまざまなボードゲームも。グループでわくわく過ごすイメージがわきます。

お部屋は、既にオープンしている OMO5 東京大塚 とデザイナーさんが一緒ということでよく似ています。なかでも、YAGURA Roomは、寝室がロフトになったタイプ。ロフトには2組の布団、ロフト下はゴロゴロできるソファになっており、3名の場合はここに布団を敷いて寝ることもOK。秘密基地のようで、仲間と一緒にわいわいするのにもってこい。
1280P1170166.jpg
1280P1170262.jpg
1280P1170108.jpg

今日は何しようかなあと自由気ままに過ごせ、客室はコンパクトでもパブリックスペースが広く快適。クルーズとどこか過ごし方が似ていて、私も泊まりたい……。若者だけでなく、多くの人に受け入れられそうです。

ただこの宿、若者をえこひいきするとのことで、「35歳以下エコひいきプラン」を発売。
365日、週末でもお正月でもGWでも、全員が35歳以下なら、いつでも1室16000円で提供。1室3名で利用すれば5000円ちょっとです。
そして、実はベッド1つに1人添い寝ができるので、お子さんが小さいなら家族で滞在ができちゃいます。(35歳を超えると方がいると、通常通り需要供給バランスで週末などは高くなります。)
今回料金体系もわかりやすくしたいとのことで、1室あたりで提供。先日ある記者さんが、子どもが3人だと宿も2つ部屋をとるようにいわれて旅がしにくいと言われていましたが、ここなら大丈夫。ご夫婦と添い寝のお子さん、あわせて5名でも1室あたり料金でお財布にも優しい。
(階段があるので、そこだけケアが必要です)
1280P1170268 (2).jpg

ちょっと私が気になったのは、24時間中庭も含めて自由に過ごすと騒音などは大丈夫なのかということ。この辺りも配慮や事前に音の漏れなどをチェックしているそう。あとは自由を皆が謳歌するために、常識の範囲で楽しんでもらえればいうことなしでしょう。
中庭は本当に素敵な雰囲気で、知人の別荘に遊びに来たよう。ここでは様々なイベントを今後催すことを予定しているそうですよ。
気の合う仲間と一緒に訪れ、旅で知らない人との交流も意外と楽しい! そんなきっかけの場になると次の旅にもつながりそうです。
1280P1170145.jpg
※発表会後、星野代表と

ちなみに軽井沢へは、新幹線にのればあっという間。東京から約1時間(片道6000円弱)。価格重視なら時間はかかっても都心から星野エリアまでバスで片道1500円~。ふらっと来れる自然豊かでおしゃれなリゾート。ぜひお試しを。


■星野リゾート BEB5 軽井沢

元気なスタッフの皆様、カメラを構えたらこのポーズ!(仲間のリラックス感を壊さないように、スタッフも私服。BEBのバッチが目印)
1280P1170138 (2).jpg
posted by 村田和子 at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

頑張れ受験生。積雪がひどくなりませんように

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。乾燥が続く太平洋側も今朝から雨がぱらつき、そして夜には雪になるとか。
明日は、都内の私立中学の受験日。よりによってこのタイミングとは。

明日が初めて、あるいは本命の入試というお子さんも多いなか、体調管理など親御さんのお疲れもピークのことと思います。お子さんには「大丈夫」と安心させつつ、今日のうちに万一の際の対応なども検討、明日は早めに列車の運行状況や学校からアナウンスがないかなど、確認されるといいですね。ひどくならないことを切に願っています。
中学受験は短期決戦。入試の付き添いや合格発表、手続きなど親もここから大変ですが、頑張ってくださいね。
我が家も早いもので来年は大学受験。だんだん親の出番は少なくなりますが、そうはいっても体調管理や手続きは気を遣い、大学は長期戦なので今からドキドキしています。
どうぞ全ての受験生が、ベストを尽くせますように。心よりお祈りしています。

奈良桜井にある知恵の神様、安倍文珠院 ジャンボ干支花絵
12801280P1150862 (2).jpg

■安倍文珠院 
posted by 村田和子 at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

【NHKラジオ・Nらじ】2019年旅のトレンド~休暇問題からイベント・おすすめ旅まで~

2019年1月30日、NHKラジオ Nらじ に出演。 2019年旅のトレンドをご紹介しました。主な内容は・・・

■2019年は休暇が多く旅へイキドキ
※大型連休10連休以外も、今年は連休が多い。カレンダーをチェック!
※キッズウィーク+有給休暇義務化 の相乗効果で家族旅行がしやすい。私も休暇問題は、2010年にいろいろ取材し、やっと今年環境が整うと期待しています。
 
*親子の休み方に関してのブログ(複数記事ピックアップ)

*忙しい子どもに旅行休暇を(朝日新聞)


■2019年旅のトレンド
ラグビーワールドカップから、テーマパーク、瀬戸内国際芸術祭、そして海外はハワイに注目(座席数UP)

■村田的おすすめ旅のスタイル
・クルーズからのフェリー
・民泊で住むように旅する
・人生100年時代を愉しむ旅
 キーワードは、健康と、家族の絆。私がイチオシのバウ・リニューアルについてもお話しました。

バウリニューアルはハワイのアウトリガー系のホテルでは、浜辺で宿泊者向けに無料で実施(要予約)→アウトリガ-私のリポート
国内でも都内ホテルや、日本のハワイ【ハワイアンズ】では、宿泊込みで二人で5万円ほどです。
→ハワイアンズ:バウリニューアル紹介
予約はこちら(3月以降はお電話で)
1280IMG_0582.jpg
本日は、内容が盛りだくさんで早口になってしまい反省。
そして大変お恥ずかしいのですが、即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)、そのまま読めば大丈夫と思っていたら、本番で頭が真っ白に。畠山さんに助けて頂きました。そんな恥ずかしい場面もございますが、以下でお聴きいただけます。
■Nらじ、聞いて得する情報(1/30放送分)
posted by 村田和子 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

本日NHKラジオ【Nらじ】に出演。2019年の旅のトレンドをお話します!

本日は、2019年になり、初めてのNHKラジオ【Nらじ】の出演日

すでに2019年も1か月が過ぎ去ろうとしていますが、今年旅を計画する際に知っておくと便利なトレンドをご紹介予定です。
コーナーは18時20分ぐらいからスタート。10分ほどの出演になります。お時間あればぜひ。

<追伸>
今年は、休み方を考えるきっかえにもなりそうで、そんなところもお話しできればと思います。
※旅行と休暇は切っても切り離せないと、かなり取材などもして、朝日新聞のオピニオンに「子どもにも有給休暇を」が掲載されたのが2010年。
やっと一歩を踏み出しつつあると感じます。

■親子の休み方に関してのブログ(複数記事ピックアップ)

■忙しい子どもに旅行休暇を(朝日新聞)

20190130.JPG

http://www4.nhk.or.jp/nradi/

posted by 村田和子 at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | Information(お知らせ) | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

本場イタリアのからシェフも来日。Buono! Buono! ITARIA FAIR @プリンスホテル

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日は、プリンスホテルの東京シティエリア、および新宿、新横浜で2/1~開催される
Buono! Buono! ITARIA FAIR のお披露目のイベントへ伺いました。
1280P1170028 (2).jpg
イタリア大使館からは 商務経済参事官 エンリーコ ヴァッターニ氏がお見えになりご挨拶。
株式会社プリンスホテル 専務執行役員 武井 久昌氏からは、プライベートでイタリアに毎年出かけられ車で各地を回ること、旅に関するユニークなエピソードなどが語られ、本当にイタリアがお好きなのが伝わる一幕も。
1280P1170033 (2).jpg
会場は氷の彫刻でつくられた”真実の口”や、ピサの斜塔があったり、カンツォーネも披露。
もともと日本人の大好きなイタリア料理ですが、手軽なビュッフェからコース料理まで、各ホテルごとレストランごとに特徴があります。
1280P1170030 (2).jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 16:46| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

旅で食べたい健康美食!糖質OFF・コースで675.5カロリー@清水

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日の奈良ツアー帰りに、新幹線を静岡で途中下車。在来線に乗り換えて、向かったのは清水駅!初めて下車しましたが綺麗な駅で、目の前には富士山。ロータリーには大きな円のオブジェもあり、晴れていて気持ちよかったです。
1280IMG_1609.jpg
駅前にあるホテルクエスト清水へ伺いました。ヘルスツーリズム振興機構が主催する会でお目にかかった 代表取締役 竹内佑騎氏と一緒に。
(私の著書「旅育BOOK」を手にしていただき記念撮影)
1280IMG_1622.jpg

伺った目的は、低糖質、低カロリーの「駿河湾レシピ」。もともとは「糖尿病の患者様にも、食の楽しみを」ということで、お医者様や栄養士の方の監修のもと ホテルクエスト清水の料理長 青木シェフが試行錯誤して実現をしたものです。
1280IMG_1628.jpg
静岡産の海の幸や野菜を使った駿河湾レシピ(ランチコース)は、前菜、スープ、パスタ、お肉、ドルチェ、パンというコース料理で、カロリーは675.5キロカロリー、糖質34.4グラム、塩分2.9グラム。通常のパスタ(ペペロンチーノ)一皿よりもヘルシーというから驚きです。

ただ体に良くても味がどうかわからないと……とうことで実食。結論からいうと、説明を伺わず食べたら低糖質とは気が付きません。地元の食材や野菜もたっぷりで、美味しく量も十分。大満足です。
ここに、低カロリー、低糖質、塩分控えめの付加価値がつくのですから……すごいこと。糖尿病の患者さんだけではなく、最近は遠方からもうわさを聞き、糖質ダイエットや未病目的でいらっしゃる方も多いというのも納得。

内容はというと、まずはお野菜と魚介がたっぷりの前菜。駿河湾レシピは、材料の90%以上が静岡産。ピンク色の綺麗な野菜は、紅くるり大根をビューラーで削ったもの。目に美しく、野菜の食感の変化も楽しめて、何よりも日頃の野菜不足解消になります。
1280IMG_1632.jpg続きを読む
posted by 村田和子 at 15:47| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする