2011年03月10日

JATA~日本旅行業協会会報誌【じゃたこみ】に旅の力についてインタビュー掲載

WS000008.JPGJATA(日本旅行業協会)の会員向けの会報誌、【じゃたこみ~3月号】に、旅の力についてのインタビュー記事が掲載されています。デジタル版としてJATAホームページでもご覧いただけますので、ご興味あればご覧いただければ幸いです。
※左の写真は本誌の表紙。(カメラを真剣に構える息子も表紙を飾っており記念になりました)

JATAでは、旅の力として『文化 交流 経済 健康 教育』の5つの力を定義しています。過去5回は、会員である旅行会社様の事例などを中心にそれぞれの力の意義や具体的な取り組みなどを紹介されてきたとのこと。今回は、まとめとして、旅行会社と違った立場から、旅の力についてインタビューをしたいという光栄なお話を頂き、旅行者の代表として、また旅の専門家として、旅の魅力や旅行会社に求めることなどをお話させて頂きました。

インタビューの中でもお話しておりますが、旅行というのは単なるレジャーではなく、日常や人生を豊かにするための一つの手段だと私は思っています。そう考えると、まだまだ消費者のニーズにこたえていないことやPRの仕方などできることは沢山あるのではないでしょうか?
新しい商品や価値の創造にヒントになれば、大変うれしく思います。
業界の関係者の方は勿論、旅行者の皆さまにもご覧いただければ幸いです。

なお、『旅の力』の特集は、先日の編集会議で、継続してさらに一年間、会報誌にてコーナーを持つことが決定したようです。一年後、進化した旅の力を拝見できることを期待して楽しみにしたいと思います。

じゃたこみの編集員の皆さまをはじめとして、お世話になった皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

じゃたこみ3月号(JATA)
■プロフィールに掲載のあったサイトはこちらからどうぞ>>家族deたびいく



posted by 村田和子 at 09:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

【読売新聞】旅行のシニア割引について取材協力しコメント掲載

2011年3月9日、読売新聞

[60代からのマネー術](9)鉄道・航空・ホテル旅誘う割引

に取材協力し、コメントが掲載されています。
団塊世代が雇用延長を退職し本当の意味で時間に余裕がうまれること、年金受給を迎え将来に対しての不安が幾分和らぐことなどから、今後シニアは旅行業界にとってもますます重要なマーケットです。

シニア向けのお得なサービスも充実してきました。また今後様々な旅のスタイルが生まれるのではないかと期待しています。

読売新聞:60代からのマネー術



※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
※取得資格:一級販売士・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者
※2010年10月家族旅行、子連れ旅行を応援する家族deたびいくオープン!
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006




posted by 村田和子 at 00:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする