【週刊文春】日本全国極上宿~家族編を担当しました

2011年4月28日発行 週刊文春ゴールデンウィーク特大号 こんな時だからこそ! 日本を世界を味わう 週末旅のススメ! にて、家族で楽しめる宿を担当しました。沢山いい宿はあるのですが、新緑のシーズンを意識して自然と親しめる宿を選りすぐりました。 夫婦でゆっくり、気心知れた友人と、家族で楽しめる、たまには一人旅! 4つ…

続きを読むread more

これでOK!GWは近場でお得に(首都圏&関西)

”これでOK!GWは近場でお得に(首都圏&関西)”をオールアバウトへ掲載しました(2011年4月28日) http://allabout.co.jp/gm/gc/379406/ 首都圏&関西圏で日帰りでも楽しめて、しかもお得な情報をお届けします。 よく考えたら、今回のGW、暦通りだと 3-3-2と飛び石なんですよね。 ちょっ…

続きを読むread more

今が旬!GWに行きたい注目の新着スポット

"今が旬!GWに行きたい注目の新着スポット”をオールアバウトへ掲載しました(2011年4月25日) http://allabout.co.jp/gm/gc/379099/ 姫路城の大天守修理見学施設から、富士山麓に登場した水陸両用車、オープンバスまで、オススメスポットを紹介しています。是非まだご予定が決まっていない方はお出かけくださ…

続きを読むread more

子連れでのんびり横浜~氷川丸&シーバス

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。 今日は、息子と二人で横浜山下公園へ(夫は急な仕事でキャンセル)。目的は日本郵船氷川丸。内部に入ったのは初めてだったのですが、大人200円、子ども100円という格安なのに……中は古き良き時代の船旅を経験できる素敵な空間でなかなか面白いです!  船が好きな方は勿論ですが、対岸の大桟橋や…

続きを読むread more

【週刊文春】に子連れ旅行記事執筆~みのお山荘 風の杜

2011/4/20発売の週刊文春(4月27日号)~ThisWeek 今週のお泊まりにて、子連れ旅行記を執筆しています。 今回ご紹介の宿は、大阪府の”みのお山荘 風の杜”。大阪市内中心部から30分ほどで到着する絶景と食事が素敵な宿です。大阪平野を望む夜景が素晴らしく、丁度計画停電の最中に出かけたこともあり思いも深かったです。詳細は発…

続きを読むread more

Facebookに登録しました

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。 昨日は、息子の授業参観に懇談会と学校行事でばたばたしておりました。 そんな中、気になりつつなんとなく躊躇していたFacebookに、昨日勢いで(!?)登録をしてみました。 使い方などが、まだ慣れていないので様子をみつつではあるのですが、オールアバウトのガイド仲間や仕事関係の方、友…

続きを読むread more

【プレジデントファミリー】今年のGWのオススメについてコメント

4月18日発行【プレジデントファミリー6月号】のニュース 今年のGWは最長10連休。自粛ムードも息抜きを に取材協力し、コメントが掲載されています。 羽田発の海外旅行、および国内旅行で、ファミリーにお勧めの旅先をご紹介しています。 国内旅行で、『GWの北海道』を穴場のひとつとしてご紹介しているのですが、先日ダイナミッ…

続きを読むread more

【読売新聞朝刊】にて今旅へ行くことの意義をコメント

2011年4月16日読売新聞朝刊 『家計の知恵』コーナーの特集 『GWの旅行まだ間に合う』 にて、被災地支援につながる旅についてのインタビューを掲載頂きました。 ここでも述べておりますが、旅で感じた興味・関心が生きる力や希望になることも少なくありません。またGWは就学したお子さまが長期間休める貴重な機会です。私も息子の様子から…

続きを読むread more

GWに向けて~子連れ旅行の宿・ホテル一覧を更新

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。もうすぐGWですね。 昨日ホームページのデザインをリニューアルしたとお伝えしたのですが、今日は子連れで訪れた宿の一覧を更新いたしました。(週刊文春、今週のお泊まり掲載宿に限定。39軒あります) ■週刊文春今週のお泊まり 子連れ旅行一覧 早いものでこの企画を始めたのが2004年、息子…

続きを読むread more

ホームページのデザインをプチリニューアル♪

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。 先日久しぶりにホームページの模様替えをしました。ちょっと春らしい雰囲気にして、随分長い間手入れをしていなかったので、情報やリンクの整備を行いました。 ■旅行ジャーナリスト村田和子のトラベルナレッジ インタビュー記事のコーナーなども作ってみました↓ ■村田和子インタビュー記事…

続きを読むread more

宿泊キャンセル56万人。周囲の理解も大切

旅行ジャーナリストの村田和子です。観光庁から、震災後の宿泊数のキャンセル状況が数字として発表されました。その数56万人。厳しい状況はあちらこちらから聞かれましたが、改めて数字がでるとその大きさに驚きます。外国人の方が多くを占めるとは思いますが、東北・関東以外の地域でも17万人のキャンセルがあるとか。 予定していた旅行先が被災してい…

続きを読むread more

『日本を元気に、旅で笑顔に』JATAもう一泊、もう一度キャンペーン開催中!

旅行ジャーナリストの村田和子です。本日で震災から一カ月。様々な思いはございますが月末からは大型の連休も始まります。多くの方が復興に向けて前向きな気持ちを持ち続けられるように、旅を通じてできることを考え情報発信をして参ります。 『日本を元気に、旅で笑顔に』震災後の今の状況にも響くメッセージなのですが、2011年度のJATA(日本旅行…

続きを読むread more

選挙、そして桜が満開に

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。 明日で震災から一カ月。まだ一カ月、もう一カ月……両方の思いが入り混じり不思議な感じです。原発もまだ安心できない状態ですし、先日も大きな余震があり、先が見えない状況。目にしたコラムに『一見首都圏の生活は震災前の日常に近付いているように見えるけれど、いつ崩れるかわからないという漠然とした不安…

続きを読むread more

【スロー旅のススメ】JATAキャンペーン冊子監修 執筆

2011年4月1日より始まった日本旅行業協会(JATA)主催の 『もう一泊もう一度』キャンペーン 春夏秋冬 季節のリズムで旅しましょう! の実施に伴い、旅行会社各社の店頭にて配布される小冊子 『きれいになる、健康になる~スロー旅のススメ』 を、監修し執筆も担当致しました。 非常に力をいれて震災前に入稿し、でき…

続きを読むread more

【週刊文春】にて『震災、原発の影響でゴールデンウィークの旅行は?』についてコメント

週刊文春4/14号(4/7発売)のthisweek 震災、原発の影響でゴールデンウィークの旅行はどうなる?にコメントをしています。 『是非国内旅行を・・・・』とコメントしていますが、海外旅行を否定しているわけではありません。今年は暦もよく円高傾向だったので、GWの海外旅行も好調、早くから手配していた方も多いことと思います。楽しみ…

続きを読むread more

被災地の思い出の写真、景色ならこんな方法も

旅行ジャーナリストの村田和子です。今回津波の映像をみて、今までの思い出がすべてなくなってしまい、景色も一変してしまった地域の方などの悲しみはいかばかりかと。また亡くなった方の遺影もないことも多いのだろうなあと心を痛めていたのですが。 被災地では、現在、写真など思い出の品を探す方が多いとのこと。人生の記録、そして家族の歴史である写真は、…

続きを読むread more

本日から新学期&新たな生活が始まります

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。息子の学校も本日より新学期。新しい学年のスタートです。我が家では、他にもこの4月からちょっとした(?)変化が。実は単身赴任状態だった夫が4月から戻って参りました。3月末『お疲れ様でした……』と声をかけ、改めて別々に過ごした歳月が5年半になるという事実にびっくり! 毎日が必死だったのですが、3…

続きを読むread more

GWの海外旅行はどうする?~行程の変更などに注意を

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。 実はGW、半年以上も前から、ロイヤルカリビアンという米国の会社の横浜発着の中国・韓国クルーズに申し込んでいました。地震発生時には既にキャンセル料がかかる時期にもなっておりましたので様子をみていたのですが。原発の問題の先行きがみえず安全が確保できないとのことで、先日残念ながら中止の連絡があ…

続きを読むread more

【レタスクラブお金の本】にてトラベル術を紹介

2011年4月発売、レタスクラブのムック版 レタスクラブのお金の本~貯まる!1000万円 にて、ショッピング&トラベル術のコーナーで、お得な情報をご紹介しています。 貯めることも大切ですが、有益に使うノウハウも大切……ということで、今回の特集になりご協力をさせていただいております。 私、実はAFP(ファイナンシャルプ…

続きを読むread more

決意表明~旅行を通して震災復興の原資と元気を!

東日本大震災で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。 月が変わり4月になりました。震災後、日常と思っていたことが、どんなに有難く平和だったのか……またそれが一瞬で奪われることに、自身の価値観が揺らぎ、将来への不安を私自身も感じることが多々ございます。特に「これから」を生きる子どもたち…

続きを読むread more