2012年10月29日

ふじ丸で、見学会&クルーズ販売セミナーを受講

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
本日は一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)と社団法人 日本外航客船協会(JOPA)が共催する「クルーズ販売セミナー2012」に参加してきました。場所は……ふじ丸!
こちらは東日本大震災の時に被災地にかけつけ、食事や大浴場、客室などのデイサービスを実施したクルーズ船。ずっと乗ってみたかったのですが、チャーター専用ということで、なかなか機会がなく、楽しみに横浜大桟橋に向かいます。
400-IMG_5042.jpg

横浜は快晴で、海と空の青に船が映えます。1989年初めて国産のクルーズ船として就航したふじ丸。23235トン、163室600名定員と現在では小さめのクルーズ船ですが、当時としては最大だったそうです。昨今は20数万トン級の船が登場するなど大型化しており、20数年の中でクルーズ船もいろいろな変革を遂げたのを感じます。
400-IMG_5051.jpg

こちらはメインエントランス。ゴージャスに見えますが全体的に中は落ち着いた印象です。
テープカットには今話題の石原元都知事も参加されたり、ユーミンが貸切でクリスマスコンサートをしたこともあるそう。チャーター船ということでクルーズの目的に応じて、船全体の仕様も変更するとのことで、まさに真っ最中でした。
400-IMG_5090.jpg

こちら見事なブランケットアート。かなり芸術的です。ちなみに客室は2室しかないスィート。一般的な客室は2つのシングルベッドに、ソファーと壁収納のベッドがあり、最大4名まで泊まれるステートルームになります。そして操舵室の見学も。うーん、この景色は貴重。
400-IMG_5057.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 18:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする