2012年11月07日

お正月ニッポンプロジェクトのキュレターに

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日、豊かな日本のお正月文化を後世に伝承するために発足した「お正月ニッポンプロジェクト」主催の『お正月大学』へ参加しお正月キュレターに認定されました。会場は株式会社紀文食品 のセミナールーム。
400-IMG_5370.jpg

入学式の後に2講座を開催。1時限目は
なぜお正月があるの?『お正月知識をトコトン学ぶ』をテーマに旅の文化研究所所長 神崎宣武先生が講演。お正月は、一年の気(ケ)を晴らすハレの行事であること。山にいらっしゃる歳神様をお迎えする行事がお正月であり、門松や鏡もち等の様々な習わしは神様を迎えるための準備であることなどを、学びました。
400-IMG_5339.jpg

2時限目は
「いまさら聞けない!お正月のいろは」をテーマに、和文化研究家の三浦康子先生が講演。三浦さんはオールアバウトでもご活躍で、年に一度のガイドの集まりでお目にかかったことがあったのですが……女性が憧れる魅力を沢山お持ちの方です。今回もお着物で登場され、講義内容はもちろん、身のこなしや話し方など一挙一動が素敵。

クイズを交えながら、鏡餅の名前の由来、お屠蘇をのむ順番など楽しくお正月の文化を勉強。お正月の支度は12月13日の正月事始めから行い、門松などお正月飾りは12月28日までか、12月30日に飾るそう。今まで何も考えずに勝手なタイミングで飾っておりましたが、29日は二重苦、31日は一夜飾りとなり、神様を迎えるのに失礼、あるいはお葬式をイメージさせるなどから、避けるべきとのこと。
400-IMG_5350.jpg

参加してみて思ったのは、いままでお正月だから当然…と思っていたことも、その由来や意味を知ると関わり方や気持ちが変わるなあということ。神崎先生が「時代毎にこういった風習は変わってもいい。ただ本来どうだったかを知ることが重要」と冒頭におしゃっていたのですが、終えてみて非常に納得しました。効率化が優先される時代だからこそ、日本の伝統、日本人のアイデンティティを意識してしっかり受け継がないといけないなあと改めて思いました。

ちなみに門松、なぜ門竹ではないかという話も興味深かったです(見た目は、完全に竹が主役ですよね?皆さんわかります?)
続きを読む
posted by 村田和子 at 20:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行取材・執筆報告&裏話 | 更新情報をチェックする

【ESSE】12月号でおしゃれに楽しむ節約生活の技を紹介

2012年11月7日発売 ESSEの特集
 おしゃれに楽しむ節約生活
の中で、「買い物、外食、旅行をおトクに楽しむワザ15」を、節約アドバイザーの矢野きくのさんとともにご紹介をしています。
esse12.JPG

LCCについても注意時事項などをご紹介していますが、誌面が限られております。
家族・子連れで利用するLCCについては、以下家族deたびいく上で詳しくご紹介をしているので参考になさってみてください。
家族でLCCを利用する際の確認ポイント(価格編)
LCCで子連れ旅行&家族旅行、マスターしたい3つのスキル
格安航空エアアジア・ジャパン、子連れで乗るなら十か条


ESSE web



※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
※取得資格:一級販売士・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者
家族旅行、子連れ旅行を応援する「家族deたびいく」もよろしくお願い致します!
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006


posted by 村田和子 at 11:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

私ごとですが……結婚18周年を迎えました

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今日はかなり個人的なことをブログに書いてしまいます。「今週は夜の予定が全部入ってるから夕食は要らない」といっていた夫。結婚記念日忘れているのかなあ?と思ったら……ピンポーン、お届け物です。ということで……
400-IMG_5329.jpg

お花のアレンジメントが到着。覚えてくれていたようです。元気の出るイエローとオレンジがベース。ちょっと心身ともに秋はパワーが落ちるのでうれしい!(結婚式の色ドレスのイメージだったようです)続きを読む
posted by 村田和子 at 01:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする