2012年12月15日

本籍地すぐ言えます?パスポート更新で冷汗

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
授業が午前中で終わる息子のパスポート更新に行ってきました。2回目の切り替え(3冊目)になります。申請は本人でなくてもいいのですが(※受け取りは必ず本人)、サインなどももう自分で出来る年なので一緒に行くことに。ちなみに事前に住民票を取りに行ったら「必要ない」といわれ(※横浜市は住民基礎台帳がある為)、写真と古いパスポートだけを持ってパスポートセンターへ。

申請書を書き始めて……手が停まります。本籍地…ん?本籍地? 実は私の本籍地は住んだこともない大阪市内のある場所なのですが。詳細の住所までは思いだせません。住民票の写しもないし…「あ!そうだ。免許証にあった」と見ると、今の免許証って本籍地が書いていないんですね(涙)。夫に電話をしても私と同じ状態。実家は電話にでないし途方にくれました。
仕方ないので窓口に相談し、後日電話連絡で対応いただけるとのことで、ほっとしたのですが。
ちょっと冷や汗をかきました。
400-IMG_6823.jpg

手続きが済んだら、目の前にある山下公園へ。飛鳥Ⅱが大桟橋に停泊していたのですが、イルミネーションが華やかで見事(乗りたい!)。横浜の夜って本当に宝石をちりばめたみたいに美しいです
400-IMG_6878.jpg

新しくなってから足を運んでいないマリンタワーも昇ってきました。この後は中華街で夕食を食べて帰宅。半日弱ですが、結構満足度の高い外出でした♪ 地元もたまにはじっくり旅をしてみるのもいいですね。



※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
※取得資格:一級販売士・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者
家族旅行、子連れ旅行を応援する「家族deたびいく」もよろしくお願い致します!
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006



posted by 村田和子 at 01:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子連れで旅した観光地・宿 | 更新情報をチェックする