2015年08月31日

【女性セブン】知らなきゃ損する節約術でコメント

女性セブン9月10日号の特集
節約習慣で貯まる女になる!知らなきゃ損する節約術
にて、旅行編を担当させて頂きました。
20150907_女性セブン.JPG

内容はふるさと旅行券&ETC乗り放題
今年は、旅費の負担が少なく旅へでられるチャンス。
ぜひ気になっていた場所へお出かけしてみてくださいね。
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

株式会社二期リゾートへ。北山ひとみ様とランチをご一緒しました

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
6月に”山のシューレ”で二期倶楽部(栃木県・那須)に伺った御縁で、株式会社二期リゾートの東京オフィスへお伺い、代表取締役 北山ひとみ様にお目にかかりました。オフィスも美術書やアートなどがディスプレイされて、お洒落な空間です。
20150827.jpg

北山様は二期倶楽部の創立者であり、もともとは学習塾の栄光ゼミナールを立ち上げた方。1980年に埼玉の南浦和で最初の教室を開業されたそうなのですが、私は高校まで埼玉、しかも栄光ゼミナール発展時期と学生時代が重なるので、当時からよく知っており感慨深いものがあります。

6室から少しずつ大切に育てられた二期倶楽部への思いを北山様の著書”人分けの小道”を拝読していたこともあり、その大切な那須の地で子ども達に何かできれば……というお話を伺い嬉しく思いました。
400-IMG_0889.jpg

昨年は夏休みに小学生を対象に二期倶楽部併設のアート・ビオトープ那須で、2泊3日の合宿をされたそう。映画監督による森を撮る一日ワークショップ、アウトドアランチとピザ作り、正装をしてホテルレストランでディナー(ソムリエによるマナー講座)、そして宿題のサポート付(笑)。残念ながら今年は実施がなかったそうですが、こういった体験をお子様にさせたい親御さんは多く復活することを期待したいと思います。

PR担当の方によると、北山様は大変な読書家でいらっしゃるそう。様々な分野に明るく知的で、哲学をお持ちで素敵な方でした。
貴重な機会を頂きましたこと、この場を借りて御礼申し上げます。

二期リゾート
山のシューレ:ツールドマルシェレポート
posted by 村田和子 at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

オペラと花火の饗宴が素晴らしい!パレスホテル東京「HANABI de ORCHESTRA OPERA GALA」へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。25日は、パレスホテル東京で開催されたコシノジュンコさんプロデュースの「HANABI de ORCHESTRA OPERA GALA 2015.8.25」へ伺いました。
400-IMG_3294.jpg

8月25日はコシノジュンコさんのお誕生日とのことで、毎年コシノさんプロデュースで一夜限りのイベントが開催されるそう(途中お祝いのイベントも!)。
今年は3回目、美食と音楽と花火の饗宴がテーマとのこと。パレスホテル東京の住所は丸の内1-1-1、皇居の目の前ですし、会場も宴会場。花火って……どこでするのだろう?なんて思っていたら……。会場に行って納得。
400-IMG_3279.jpg

中央にオーケストラのステージ、そして両サイドに観覧席のテーブルが設けられ、大きなスクリーンがそれぞれ3つ、合計6つ設置されています。オーケストラとオペラの出演者のバックに、花火の映像が大迫力で映し出されるのですが……これが、一体感があり、とても素晴らしかったです。オペラの情景を、生演奏と花火の色鮮やかな映像が盛り上げ感動も2倍.3倍に。さすがコシノジュンコさんプロデュース、五感に響く素晴らしいショーでした。
(※演目は、指揮者の奥村伸樹氏のページをご覧ください。ちなみにオーケストラの名称は PALACE HOTEL TOKYO PHILHARMONY。奥村氏がパレスホテルのイベントの為に集められた特別メンバーなのだそう)

会場のレイアウトも面白く、観覧席が指揮者に向かってオーケストラと同じサイドにあり、自分もオーケストラの一員になったような気分に。丁度私の席はオーケストラの最後尾にいる感じの位置だったので、普通ではみられないシンバルなど打楽器演奏者がのりのりで演奏している様子、それぞれの奏者の手元の動きなども見られて、普通とは違う楽しみ方もできました。観覧席は着席で300ほどと伺っていますが、オーケストラも入ってこれだけの席を用意できる会場の広さ、こういった演出をサポートできる設備とホスピタリティも素晴らしいなあと思います。
400-IMG_3276.jpg

写真はテーブルでご一緒させて頂いた、株式会社パレスホテル 代表取締役社長 荒牧幹人様(向かって右)、オールアバウトでもホテルガイドをされている村上実様(向かって左)。取締役総支配人 渡部勝様、ホテル・旅館業界誌の早々たる皆様のテーブルで、緊張しつつも素敵な時間を過ごさせて頂きました。
この場を借りて御礼申し上げます。
続きを読む
posted by 村田和子 at 07:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

今話題の?!ベトナムダナンから帰国しました

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
家族旅行で訪れたベトナムのダナンから帰国しました。仕事関係の皆様にはご迷惑おかけしました。また本日より頑張りますので、よろしくお願い致します。
400-640-IMG_3192.jpg
ここ数年、長期休暇の家族旅行はクルーズということが多く、久しぶりに飛行機での海外旅行。夫の仕事の関係で”5日間で行ける”ということが条件。数年前からダナンのリゾート化が進んでいることを聞き、チェックしていたのですが、この夏は成田空港から直行便が毎日飛んでいるというのが決め手で選択。
400-IMG_3022.jpg

宿はプルマンダナンというフランス系リゾートにしました。ダナン空港から車で15分。便利です。世界遺産ホイアンへも足を延ばし、週末にはダナン市内にある、龍の形をしたロン橋の、火と水のイベントも近くで見学。
400-640-IMG_3126.jpg

食事も日本人にあいますし、手軽にいけるリゾート地として今後も人気となりそうですね。ただし……買い物だけはいつまでたっても四苦八苦。1万円を両替したら、なんと170万ベトナムドン。物価も日本と違い、0の数を間違えそうでドキドキ。息子に「これであっているよね?」「日本円でいくら?」と確認しつつ支払っていました。旅の模様はまた後ほど。急ぎ帰国のご報告まで。
posted by 村田和子 at 20:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Information(お知らせ) | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

お仕事のご依頼について

いつもご覧いただきありがとうございます。仕事の依頼についてご連絡です。
ご迷惑おかけしますが、以下はお休みを頂きます。急ぎのご依頼も多く、ご確認の上、ご連絡を頂けますと助かります。
■7/29~8/5 ※対面での取材はお受けは出来ません。電話やメールについては応相談
■8/19~8/24 ※すべての取材はお受けできません。
どうぞ、よろしくお願い致します。
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Information(お知らせ) | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

秋からの星野リゾート&東京チャイニーズ一凛ランチ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
お盆真っ只中ではありますが、我家はお盆明けに家族旅行をする予定で、只今いろいろと気になりつつ手が付けられなった仕事を整理中です。昨日は星野リゾートの広報ご担当の森下様と東銀座にある「東京チャイニーズ一凛」でゆったりランチ&情報交換。
8983FE03-3322-470D-993F-DF559608D773.jpg

8CF1A022-D2B9-425F-80FA-4F0E06F10031.jpg店内もお料理もお洒落で女性好みです。そしてシェフもとても男前で素敵。思わず写真を撮らせてくださいとお願いしてしまいました。ちょっと暗くて見にくくてすみません。ぜひ来店して直接お目にかかってみてくださいね。


8A34E5BE-4E31-4961-9AF3-5EB6E331945F.jpg三重県の的矢産の岩牡蠣がはいったとのことで、特別に生ガキも頂きお昼からご機嫌な私。大きくて甘みがあるのですが、こちらの牡蠣は夏が旬なのです。
落ち着いて話をしたいビジネスランチに、また利用させて頂きたい素敵なお店でした。

さて、本題。先日国内4つのANAクラウンプラザを買収というニュースが飛び込み、私もびっくりした星野リゾート。こちらについては当面はIHG・ANA・ホテルズグループジャパンが引き続き運営となりますが、都市観光と宿の融合をコンセプトに、自社運営に向けて今後展開を検討されるそう。

そして、秋からも、動きが本格化するのですが、大注目は10月末にオープンする「星のや 富士」。
私がまさに、自然とは触れ合いたいけれどキャンプの不便さはちょっと……という感じなので「グランピング」がテーマの「星のや 富士」の開業はとても楽しみです。
(星のや富士については⇒ラグジュアリーなキャンプ「グランピング」を!10月30日星のや富士開業~予約受付中を是非ご覧ください)。

最近グランピングが国内でも注目ワードになっていますが、「世界基準の本来のグランピングを追求し体感できる日本初の施設」とのこと。オープンしたら是非早めに現地に伺い(※想像がなかなかできないもので)ご紹介をしたいと思っています。

それ以降も
2015年11月10日 星野リゾート 界 鬼怒川オープン
(※界としては、初めて一から施設を立ち上げ)
2015年12月10日 星野リゾート 界 加賀 リニューアルオープン
と、毎月大きな動きがあり、目が離せません。
1926F527-001C-4E1C-8106-4EA1FFB877F7.jpg


森下様とご一緒に。忙しい中お時間を頂いたことに感謝して。

星野リゾート
posted by 村田和子 at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

【週刊ダイヤモンド】~親・子・孫 3世代のお金の話~旅行編に協力

週刊ダイヤモンド 2015年8月8日、15日合併号 のテーマは
夏休みだよ!全員集合~親・子・孫 3世代のお金の話
20150808_ダイヤモンド.JPG

教育や贈与、年金などお金に関する話題が満載。その中の一つのテーマが”旅行”
最近人気の三世代旅行、孫旅の実態や流行の背景などをご紹介。
また全国から10の三世代におススメの宿をセレクト。
お盆には三世代がそろうという方も多いかと思います。皆様でご覧頂ければ幸いです。

週刊ダイヤモンド 特集ページはこちら 
posted by 村田和子 at 07:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

【ノンストップ!】孫旅についてコメント

2015年7月31日 フジテレビ 「ノンストップ!」に取材協力し写真とコメントが紹介されました

ノンストップ!サミット テーマは、「孫旅」

人気の孫旅ですが、祖父母とパパ&ママの間でちょっとしたトラブルがあることも。
そんな問題を出演者の方で論議するコーナー。
冒頭でちょこっと私は出演。いろいろな意見が聞けて勉強になりました。

トラブルは事前のこころがけで解消できることも多くあります。孫旅、旅育観点からもおススメです。
posted by 村田和子 at 07:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | 更新情報をチェックする

【TBSテレビ ひるおび!】飛び出す新聞バン!で読売新聞記事が紹介されました

2015年8月7日 TBSテレビ 【ひるおび!】
<業界初 飛び出す新聞バン!>のコーナーで
読売新聞の記事”幼い子と帰省や旅行・乗り物は“昼寝タイム”にが紹介されました。
※正確には紹介されたようです。後でwebで知りました

取り上げて頂き、多くの方に情報が届いたこと、嬉しく思います。
ありがとうございました。


posted by 村田和子 at 07:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | 更新情報をチェックする

【読売新聞】くらし・生活面にアドバイス~幼い子と帰省や旅行~乗り物は昼寝タイムに

2015年8月7日 読売新聞朝刊 くらし面の特集
幼い子と帰省や旅行~乗り物は昼寝タイムに
アドバイス&コメントが掲載されています。
webでもご覧になれます⇒読売新聞

23ADC023-41AD-477A-AC04-C647060D5AD2.jpg
いくつかポイントも紹介していますが、子どもが言葉を理解するかどうかで対応が変わります。
言葉のわからない赤ちゃんは計画がすべて(といっても過言ではありません)。
日頃の生活リズムで無理のない時間帯を選ぶこと、またラッシュなどお子さんに負荷がかかり周りにも迷惑となる時間帯は避けること。そうはいっても計画通りに行かないことも多いもの。
飛行機などでは事前にまわりに声をかける、迷惑をかけていたら周りへの気遣いを見せることが大切。
大丈夫、「赤ちゃんなら仕方ないなあ」と思ってくださるかたが大多数です(私はそんな親子をみると頑張って!と心の中で応援しています)

問題は子どもが言葉をわかるようになってから。騒ぐ子どもを放置していることに周りの目は厳しいもの。
「子どもだから仕方ない」と親が思ってはうまくいきません。お子さんの事を理解しているママ&パパだからこそ、社会のルール、皆が気持ちよく過ごせるようにどうしたらよいかを一緒に考え実行する場にしてあげて欲しいなと思います。

お盆は沢山の子連れが大移動。疲れることやトラブルも多いかと思いますが、子どもはドンドン成長します。後で振り返るとどれもかけがえのない思い出に。どうぞ安全に気をつけて旅を楽しんでくださいね。
posted by 村田和子 at 07:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

終戦70年平和記念日式典を見て。中高生は広島、長崎へ是非

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。1週間に渡る長旅から戻りました。旅の様子はまたご紹介します。8月6日は広島原爆記念日。今年は終戦70年ということもあり、中学生の息子と、2月に長崎の平和公園、3月には広島の原爆ドーム、平和記念公園に訪れました。
400-IMG_0067.jpg

400-IMG_0040.jpg式典の模様を息子とテレビで見ながら、8時15分、黙祷。続く広島市の松井一実市長の挨拶に耳を傾け、旅をした時のことを息子と話をしました。広島ではボランティアガイドの方に平和記念公園内を案内をして頂き、また爆心地(※当時も今も病院)や被爆後に負傷者を収容した復路町国民学校にも訪れました。「綺麗な街だけど、ひっそりと当時の物が残っていること、今までの歩み、お兄ちゃんにも知っておいてほしい」という国民学校の館長さんの言葉は忘れられません。(爆心地から500M、疎開をしていなかった学童が被爆し、この国民学校では300名の方が犠牲に)

640-IMG_0073.jpg訪れたことがあると、式典の行われている場所や、参列者の見ている景色などもよくわかり、画面を通して多くの思いがこみ上げます。また、周りに多くの慰霊碑・慰霊塔があること、その中には若くして亡くなった動員学徒の慰霊塔、祖国を離れ日本で被爆した韓国の方の慰霊碑などがあること。折鶴はあのあたりで捧げるんだよね。爆撃地は原爆ドームのあちらだね。標的となった場所は橋がTの字で…等々。そして多くの外国人が訪れ、涙している姿。

今年、広島の被爆者の平均年齢は80.13歳(3月時点)になるといいます。ぜひ原爆の語り部の方がお元気なうちに、現地を訪れて、話しを聞く機会を、特に中高生(小学校高学年)の方には経験いただきたいなあと改めて思います。我が息子もそうですが、便利な時代に育った彼らは戦争という事が実感としてわきにくく、平和があってこそ、今の日常があるというのを忘れがち。それだけに実際に被爆された方のお話は、胸にささるようです。

640-IMG_1576.jpg長崎に訪れた時には、平和公園を訪れ帰ろうとした際に、偶然15歳で被爆した方に直接お話を伺うことができました。息子は自分と同世代の子どもが軍事工場で働いていたことにまずびっくり。偶然が重なって生き残ったが、その後の家までの道のりを歩いて帰ったこと、水が欲しいといって息絶えた友との別れ。後遺症の大変さ。


640-IMG_1577.jpg「未来を担う人にしっかり伝えないとという思いで元気なうちはここに通っている」と。息子と握手をして別れました。

原爆の記憶が鮮明にあるのは、被ばくした当時10歳前後の方でしょう。中高生と同世代で被爆されたかは85歳を超える年齢になっていらっしゃいます。
「歴史を学ぶのではなく、歴史から学ぶ」を実践する為にも、この機会にお子さんと訪れてみてはいかがでしょう? 
戦争の犠牲になられた全ての方に、謹んでんで哀悼の誠を捧げます。

終戦70年。中学生との旅育は広島、長崎の平和記念公園へ
posted by 村田和子 at 05:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする