2016年05月30日

星野リゾート特集「家族旅行のススメ」で旅育を指南

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
リゾナーレを始め、家族旅行の受け入れに理解があり、様々な取り組みをされている星野リゾートのホームページで、家族旅行のススメという特集が始まりました。
この中で、旅育の専門家として、魅力やおすすめの星野リゾートの宿をご紹介しております。

星野リゾート「家族旅行のススメ」
20160530.JPG

星野リゾートというと、大人のためのファミリーリゾート「リゾナーレ」がファミリーに絶大な人気を誇りますが、他にもお子さんの年齢や嗜好によって、様々に楽しめる施設が多くあります。
実は、私が旅育メソッドで提唱している「親子それぞれの時間を楽しむ」という経験を初めてしたのは星野リゾートのアルツ磐梯でした。以来、家族旅行でも親子それぞれで過ごす時間を大切にしています。
多くの方に、旅で親子の絆を育み、お子さんの生きる力を育む旅育を実践していただけたら幸いです。

星野リゾート
家族deたびいく

星野リゾート様より配信されたリリースも是非ご覧ください
posted by 村田和子 at 08:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】旅行関連のアドバイザー | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

北安曇野郡池田町にある日本初のビオ(オーガニック)ホテル「八寿恵荘」でリフレッシュ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
一面白い花畑。こちらどこだと思います?
400-IMG_1382.jpg
正解は長野県北安曇野郡の池田町。今回ご縁を頂き初めて訪れたのですが、長野駅から篠ノ井線に乗り換え、鈍行で約1時間。


400-IMG_1317.jpg明科駅で下車し、そこからは車……実は池田町には駅がなく、国道もないそう。決してアクセスは良くありませんが、それでもわざわざ訪れたい魅力あふれる地でした。
アルプスの山を一望し、花とハーブの里という通り美しい景色が広がり、清らかな水や農作物に恵まれ……忙しさに追われている人をそっと包み込む優しい場所。


400-IMG_1486.jpg今回の目的は、池田町の高台にある日本初のビオホテル「八寿恵荘」の取材の為。こちらは、国産有機栽培のカモミールを原料にした「華蜜恋」というロングセラーのスキンケア商品を製造・販売する「カミツレ研究所」が運営をされています。 


400-IMG_1377.jpg冒頭の花畑の正体は……実はカモミール畑なのです!壮大な敷地に13万本ものカモミールが手植えされ、ちょうどお花も満開でいい匂い。訪れた時は地元の方の手を借りて、カモミールティーにするお花の収穫中でした。この後、茎の根元から刈取り、カモミールのエキスを高濃度で抽出。スキンケア商品へとなるそうです。

400-IMG_1423.jpgホテルの横には工場もあり見学も楽しめて、大浴場には華蜜恋のスキンケア商品、浴槽には池田町の清らかな水に、華蜜恋薬用入浴剤がたっぷりで、お肌がしっとりと潤うのを実感。お湯を沸かす熱源も、オーストリア製の木質チップボイラーを導入。環境に優しく、チップも地元の廃材を活用しているという徹底ぶりです。


400-IMG_1338t.jpg※株式会社カミツレ研究所 代表取締役社長 北條裕子氏。池田市は創業者でもあるお父様の出身地で、宿の名前である”八寿恵”は、おばあ様の名前から取られたそう。続きを読む
posted by 村田和子 at 15:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

パレスホテル東京:サマーテラスプラン&思い出のカレーが発売に

こんにちは。旅行ジャーナリスとの村田和子です。
昨年も開催して好評だったパレスホテル東京のオールデイダイニング「グランドキッチン」のサマーテラスプラン。今年は「Tapas・Tapas・Tapa at the Terrace」と題して6/1から9/30まで開催されるということで、お披露目会にお邪魔しました。
400-キャプチャ.jpg

昼は夏日だったこともあり、夕方からのお濠沿いのテラスの心地いいこと!東京というのを忘れてしまいそうな素敵な空間です。生演奏を聴きながら、タパススタイルのお料理とフリーフローで提供されるお酒を堪能。
400-IMG_1250.jpg

400-IMG_1273.jpgお料理は6月7月はポルトガル&スペイン料理、8月~9月はブラジル&メキシコ料理を提供。フリーフローのドリンクは生ビールやスパークリングワイン・赤白のワインを始め、、モヒートやノンアルコールカクテル(←美味しかったです)、6月7月はサングリアなど、種類も豊富。私のように「お酒は好きだけれど、あまり飲めない」方も、リッチな雰囲気を味わいつつ自分のペースでお酒を楽しめておすすめです。
続きを読む
posted by 村田和子 at 17:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のトレンド情報 | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

ハワイアンズ~ファイアーナイフダンサーSiva Ola(シバオラ)にインタビュー!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日は仕事で、スパリゾートハワイアンズへ。オープン当初からあるホテルハワイアンズのレストランがリニューアルしパシフィックチャイニーズが楽しめる「グランダイニング ザ・パシフィック」としてオープンしたというので、その取材に媒体の皆様とお邪魔しました。かなり女性には好評で、こんな写真を撮りっこしたり…女子会にぴったり。この模様は別途。
400-400-IMG_0996.jpg

そして館内見学の際に、ファイアーナイフダンサーの裕仁ALEXさんに、インタビューの機会がありました。
なぜこの仕事を選んだのかという質問に「小さいころ自宅のお風呂が使えなくなり、ハワイアンズに来たときに、ショーを見たのがきっかけで、それから憧れて」とのこと。実は7月には現在4名のファイアーナイフダンサーに新メンバーが加わり7名体制でショーを開催予定。
400-IMG_0935.jpg

新メンバーのうち2人は埼玉に住む兄弟で、やはりハワイアンズでショーを見たのがきっかけで目覚めたそう。そしてもうひとりは人事異動!でダンサーになるとのこと。もちろん本人の希望でしょうが、そんなことってあるのですか?と聞いたところ…
「彼もいわき出身で、ずっとファイアーナイフダンサーを希望していたのですが枠がなくて。それでも諦められずに施設運営として入社。今回の増員にともない晴れて仲間入りする」とのこと。これは、応援したくなりますね。
チーム名もサモア語で「強い踊り」を表す「Siva Ola(シバオラ)」に決定!
7月が楽しみです。
新人フラガールとファイアーナイフダンサーの初々しいレッスンの模様はこちら
400-IMG_0944.jpg

インタビューの後は、まじかで実演を見学。
好青年から、一気にオーラ漂うダンサーに。迫力がありました。

スパリゾートハワイアンズ
posted by 村田和子 at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

【NHK団塊スタイル】シニアのこだわり旅に取材協力・スタジオ出演しました

2016年5月20日(金)放送の
【NHK団塊スタイル】シニアのこだわり旅
に取材協力・スタジオ出演しました。司会は、風吹ジュンさん、国井雅比古さん、ゲストは女優の酒井和歌子さん。
団塊スタイル~5/20放送(※画像はHP予告動画から)
20160521.JPG

ご覧頂きました皆様ありがとうございました。27日(金)AM11時~(※お昼です)再放送がございます。
見逃されたかた、あさイチをご覧になっていう皆様、続けてぜひどうぞ。

なお、バリアフリー関係の情報など、一部私の方でご紹介した情報は以下からもご覧いただけます。
是非多くの方が、旅をあきらめず、旅で元気になりますように!

全国のヘルスツーリズム施設(ヘルスツーリズム振興機構HP)
バリアフリー(クラブツーリズム車いすツアーレポート)
バリアフリー(伊勢志摩バリアフリーセンター長 講演から)
posted by 村田和子 at 18:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

NHK団塊スタイルに出演します~シニアのこだわり旅がテーマですがぜひ若い方も!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
出演するテレビ番組についてお知らせです。

5月20日20時~NHK Eテレの「団塊スタイル」にゲストで出演いたします。
(現在、以下ホームページでは予告ムービーが流れております)
http://www4.nhk.or.jp/dankai/

司会は、風吹ジュンさん、国井雅比古さん、ゲストは女優の酒井和歌子さん。緊張して収録をしてまいりました。(※とても素敵なスタジオは、あさイチも収録されるスタジオなのだそう)
400-20160520.jpg

スタジオは大盛り上がり!それもそのはず、風吹ジュンさんは、お茶をテーマにマニアックな地にも旅へ。国井雅比古さんは長い間テレビ番組”小さな旅”をご担当し日本各地へ。そして酒井和歌子さんも大変な旅の達人ということで、好奇心旺盛で活動的な旅の模様を伺い、私の方がびっくり。いろいろなお話を伺い勉強させていただきました。

私からは、シニア世代に向けた様々な取り組みをご紹介しています。アクティブで好奇心を満たす取り組みから、旅を諦めずに多くの方が楽しんでいただける情報までご紹介しています。

団塊世代の方は勿論なのですが、ぜひ若い方にもスタジオトークでの皆様の旅するパワーを感じて頂きたく、お時間あえばご覧頂ければと思います。
posted by 村田和子 at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Information(お知らせ) | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

「MIXXバー&ラウンジ」でランチミーティング~ANAインターコンチネンタルホテル東京

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今日はANAインターコンチネンタルホテル東京へ。このロビー、いつきても清い空気感、海外のお客様も多くてちょっと非日常の空間です。
400-IMG_0465.jpg

本日はエレベータで36階、眺め抜群の「MIXXバー&ラウンジ」でランチミーティング。せっかくの眺めのはずが・・・ちょっと天気が悪くて残念でしたが、その分美味しいお料理を堪能。情報もばっちりとインプット。優雅で有意義なひと時を過ごしました。
400-IMG_0470.jpg

ランチはイタリアンがベース。生麺使用のパスタがテーブルサービスで提供されるほか、目の前でパルミジャーノのリゾットがふるまわれ、デザートの種類も多くて女性には特におすすめです。
続きを読む
posted by 村田和子 at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の美食・首都圏ランチ情報 | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

お茶の間がある「星のや東京」。アットホームな滞在が魅力の鍵

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。4月に行われた「星野リゾート春のプレス発表会」は盛りだくさんの内容でしたが、中でも目玉は、今年7月にオープンする「星のや東京」について。いままで「ホテルではなく旅館、温泉が出た」などの情報だけで、ベールに包まれていましたが、やっと具体的な内容が発表されました。各所ですでに報道があるので、ここでは私の主観を交えながら、ご紹介したいと思います。
1000-IMG_4293.jpg

星のや東京のテーマは、塔の日本旅館。一階には玄関のみ、靴箱がデザインをなす空間が広がります。
400-4.玄関~下駄箱へ (1).jpg
そして廊下はすべて畳。「東京に星のやを作るのなら「旅館」にしたい」という星野社長の想いから、旅館をどう建築で表現するかを話し合った結果、まず上がったのが「靴を脱ぐ」ということだったといいます。無機質に成りがちなビルタイプの建物は、遠目にはわかりませんが近づくと外壁には江戸小紋のモチーフがあしらわれているという粋な演出も。
1463276637.jpg


そして、ワンフロアは6つの客室と、お茶の間ラウンジで構成。お茶の間ラウンジはこのフロア、つまり6室専用で、スタッフがつめてもてなすといいます。
400-ラウンジ.jpg
チェックイン時には全国各地の日本茶とお菓子を、夕食の前後にはお酒と酒蔵自慢のおつまみ、朝にはおにぎりと味噌汁、そして出発時にはコーヒーといった具合。冷蔵庫、冷凍庫が置かれ、こちらはいつでも勝手に開けていただけるそう。大きなテーブルを囲む席やゴロゴロソファ、ワーキングデスクなど、好みで寛いだり仕事をしたり、またスタッフや同じフロアのお客様同士の触れ合える空間になっています。
1000-IMG_4322.jpg

こう書くと「ホテルのエグゼクティブラウンジ」みたいなものを想像しますが、星野社長の言葉をお借りすると「エグゼクティブラウンジではなく客室のミニバーを集約したイメージ」とのこと。この違いは、お茶の間ラウンジを部屋の中と捉えるか、外と捉えるかの違い……だと私なりに解釈しました。というのも、お茶の間のラウンジと部屋をいったりきたりできるように、部屋の扉の鍵はアンロックに切り替えができるそう!そして畳の廊下を、自分の部屋からリビング(お茶の間)にふらっといき、ちょっと息抜きをする、そんなアットホームな感じかなと。
続きを読む
posted by 村田和子 at 10:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

旅レポ★アジア最大のクルーズ客船”クァンタム・オブ・ザ・シーズ”がすごい!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
日本ではGWを皮切りに、外国船の日本発着クルーズのシーズンが始まりました。GWも多くの方がご乗船されたのではないでしょうか?(風がかなり強かったので、揺れが心配ですが。通常はグラスでワインが飲めるほど、揺れは感じないのですけれど)

さて、やっと3月に乗船したクァンタム・オブ・ザ・シーズの乗船レポートが完成しました!
4000人を超えるお客様を運び、ITを駆使したサービスの数々は既存のクルーズとは違う魅力があり、特に若い方、男性にも、よさそうです。是非ご興味のあるところからアクセスしてみてくださいね。
上海発日本行クルーズ!クァンタム・オブ・ザ・シーズ乗船

 スタイリッシュなクルーズ船は、女性好みの空間
1000-IMG_3269.jpg
船上でスカイダイビング?海上90Mの展望カプセル
tabiiku-CCI20160320.jpg
続きを読む
posted by 村田和子 at 18:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のトレンド情報 | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

我が家のGW~養老天命反転地(岐阜県)へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
GW明けの憂鬱な月曜日。無事に皆様会社や学校に戻れたでしょうか?
我が家は息子の学校があるため、3-3-2の暦通りのお休み。真ん中の3連休だけ名古屋・岐阜近辺を旅してきました。

まず向かったのは……養老天命反転地!ご存じでしょうか?先日の日経プラス1何でもランキングの巨大迷路でも紹介されていましたが(※ただし迷路と思っていくとちょっと違うかと思います)、前から体感型のアート作品として私は気になっていたのです。一宮で渋滞の洗礼を受けつつ、足を延ばしてみました。
1000-IMG_0769.jpg

いい天気!平衡感覚が……
1000-IMG_0812.jpg

踏んばらないと倒れそうなところもあり、結構体を動かしていい運動になります。
言葉であらわすのは難しいのですが、作者の荒川修作氏は岡本太郎氏に弟子入りしていたときけば、なるほど!といった感じ。モノの見方っていろいろあるなあと気づかされます。そして良くまあ、構想だけではなく実際に作ったなあと感心。小学校ぐらいのお子さんなら、この不思議な空間を体感しながら、運動能力も鍛えられそうな気がします。
1000-IMG_0805.jpg

どれがまっすぐ???
ただ危険なところもあるので(壁の高い通路状→上から見ると2m級の深い溝になっている)、あまり小さなお子さんだと、心臓に悪いかもしれません。受付では運動靴とヘルメットを貸してくれるますが動きやすい恰好でぜひ。
続きを読む
posted by 村田和子 at 21:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子連れで旅した観光地・宿 | 更新情報をチェックする