2016年11月29日

日本が、そして自分が元気になる、旅の効能とは~ヘルスツーリズムセミナーで感じたこと 

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。先日、第41回目となるヘルスツーリズムセミナーへ参加してきました。「旅は人生や日常を豊かにする手段」と常々言っている私にとって、「健康」がテーマのヘルスツーリズムは、「旅育」とともに旅の要素として欠かせない存在です。
400-IMG_4297.jpg

400-IMG_4296.jpgセミナーにも何度となく参加をさせていただき、また先日の竹田市への視察旅行など、旅行ジャーナリストとして仕事面での気づきやヒントを沢山いただいています。そんな中ですが、今回のセミナーは、第一部に登壇された 神奈川県立保健福祉大学 准教授 佐野 喜子様の「旅を楽しむための生活術~スマートライフステイからの学び」を拝聴し、自分事として考えさせられること(自分の現状や未来、母親として思うこと)や気づきが多く、具体的に今後の旅行商品に必要なこともイメージすることができました。

400-IMG_4299.jpgまた第8回ヘルスツーリズム大賞受賞記念講演に登壇された大分県竹田市 市長 首藤勝次氏の話からは、今回受賞した竹田市の取り組み「温泉療養保健システム」の重要性を再認識したのは勿論、信じたものを突き通す信念というかパッションというか……仕事をする上で大切なことを学ばせていただきました。

佐野様、首藤様、主催の特定非営利活動法人日本ヘルスツーリズム振興機構の皆様に、このゆおな機会を頂いたことを心よりお礼申し上げます。

上手く言葉にするのは非常に難しいのですが、自分の備忘録の為にも、少しだけご紹介しておきます。

続きを読む
posted by 村田和子 at 01:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

品川駅すぐの癒やしの空間!ザ・プリンスさくらタワー東京で”さくらすてきメニュー”を!(リストランテ カフェ チリエージョ)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。私、品川駅に数年間勤め毎日通っていたのですが。
実は高輪口は用事がある時に目的地へ直行、寄り道などはしたことがなかったのです。今回そんな自分に駄目だしをしたくなる素敵な空間を発見!品川駅から徒歩5分ほどにある、高輪にあるプリンスホテル群。
400-IMG_4082.jpg

群といったのは、このエリア、日本庭園を囲むようにグランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪、ザ・プリンスさくらタワー東京と3つのコンセプトが違うホテルが佇んでいて四季折々の自然を感じる空間なのです。
400-400-IMG_4084.jpg
庭の池には鯉が泳ぎ、茶室や神社などもある日本文化が凝縮された空間は、品川の雑踏とは無縁で癒やされ驚きました。
今回はグランドプリンスホテル高輪に11月1日にできた、和の旅館がコンセプトの”花香路”を見学。
400-IMG_4110.jpg

16室だけのプライベート感あふれる空間は、海外のお客様や落ち着いたカップルなどにもおすすめです(花香路の紹介はまた次回詳しく→只今オープン記念の宿泊プランがあります
400-IMG_4117.jpg

今回は紅葉が見頃のザ・プリンスさくらタワー東京にあるレストランランチを先にご紹介します。

ザ・プリンスさくらタワー東京の1階にあるのが、リストランテ カフェ チリエージョ。チリエージョとは、イタリア語で”桜”のことらしいのですが、こちらのホテルは至る所に桜に拘った誂えやサービスがあります。
レストランもしかり。ランチで頂ける「さくらすてきメニュー」は、「さ・く・ら・す・て・き」 が頭文字の旬の食材や料理を使用、1日30品目がとれるランチメニュー。今回は一番ライトなパスタコースのメニュー(花衣:2900円税込サ別)を頂きました。運ばれてきた前菜にうっとり!!絵のようで素敵です。
400-IMG_4218.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 11:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

【DIME】ヒット商品&トレンド大予測に来春運行スタートする豪華寝台列車を紹介

2016年11月16日発売の DIME1月号は
1冊まるごと、ヒット商品&トレンド大予測

1/2ページですが、JR東日本 TRAIN SUITE 四季島JR西日本のトワイライトエクスプレス瑞風についてコメントしました。JR九州のななつ星も年を追うごとに倍率が高くなっていますが、満を期してという感じでしょうか。
20161201.JPG

四季島は募集が始まり、最上級スイートは3泊4日で95万円/人という強気の価格でしたが、初回は平均倍率6.6倍。先日も車体が公開されていましたが、すごいですね。瑞風の方はわりとのんびりと募集を開始するようで、資料請求は受付を開始されています。個人的にはここまで豪華でなくていいから、もう少し手の届く価格だと嬉しいのですが。
他にも今のトレンドがわかる特集なので、ぜひご覧ください。

■DIME(ためし読みあり)
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

【日経DUAL】子ども一人で飛行機!ANA「ジュニアパイロットサービス」の裏側

2016年11月22日、日経DUALで連載中のコラム「裏側探検隊」に新しい記事が掲載となりました。

400-2016-11-03 13.38.19.jpg今回は、年末年始の帰省や夏休みに利用が増える、小学生の子どもが一人で飛行機に乗るのをサポートする「ANAジュニアパイロット」についてご紹介しています。
こういったサービス、あるのは知っていても、実際のところどうなの???と思いませんか?
機内の子どもの様子や実際のサービスなど、トコトン伺いました。
共働きの家庭では長期休みの子ども達をどうするかは悩ましい問題。必見です!

■一人で帰省も安心!ANA「ジュニアパイロットサービス」の裏側~当日申し込みOK、機内での過ごし方もサポート
※P2以降の閲覧には無料の会員登録が必要です

私はフリーの仕事で柔軟に対応できたため、利用する機会はなかったの、目から鱗の話が満載でした。
繁忙期には1つの飛行機に20名近いジュニアパイロットがいると伺いニーズの高さをしるとともに、「一人で乗れた!」という成功体験は、自信にもつながり旅育的にもいいなあと感じました。
400-IMG_3802.jpg

選択肢のひとつにしてみてはいかが?
posted by 村田和子 at 21:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】旅行記・コラム執筆 | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

ふるさと奈良の集いへ~奈良県県人会にも入会!?

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日、奈良県と奈良県県人会などが主催する「奈良の集い」に参加してきました。
かれこれ5年前の発足からお声掛けを頂いていたのですが、なかなか予定があわず初参加。会場は、ラフォーレからリブランドした東京マリオットホテル。びっくりしたのですが、荒井知事を始め、市町村長、県の役職の方、東京でご活躍の方ということでそうそうたる方々が、大勢参加され賑わっていました。
400-IMG_2558.jpg

私は奈良県出身ではないのですが、実家が大学入学時から奈良に居を構え、今も奈良。かれこれ両親は25年以上、住んでおります。私はといえば、大学在学中の4年ほどの在住になりますが、奈良に縁があるということでお声掛け頂いたのでした。
とはいっても……知り合いも居ない中戸惑っていると、テーブルがご一緒の方からご紹介いただき、そして次をご紹介いただき、わらしべ長者のように、最後は知事までたどり着きお写真をご一緒に。
400-FullSizeRender.jpg

奈良はラグジュアリーなオーベルジュがオープンしたり、外資系ホテル誘致や、星野リゾートも明日香村と協定を結ぶなど、観光面で新しい動きが加速しています。
そして、奈良県県人会にも加入。よく考えると私ふるさとがないんですよね。これをきっかけに奈良を故郷にしてしまおうかと密かに思ったりもしております。
奈良県の皆様、どうぞよろしくお願い致します。
奈良県
奈良観光情報
posted by 村田和子 at 00:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

【女性セブン】行ってみる?女性のひとり旅でコメント

2016年11月10日発行、 女性セブン11月24日号の特集
【女性セブン】行ってみる?女性のひとり旅
に取材協力しコメントが掲載されています。

私のコメントは扉に掲載となっていて、後に続くのが…お一人様旅のレポート。
hitoritabi.jpg
それが、今回はクラブツーリズムの集合場所確認ツアーの同行取材!!!
お一人様専用ツアーをてがけるクラブツーリズム。基本はツアーガイドの方が引率をしてくれますが、集合場所までは自力で行かなくてはいけないということで、年配の方などは不安に思うこともあるのだとか。
ということで大人気ツアーなそう。羽田空港や東京駅、確かに初めてだと中で迷います。

他にもお一人様の旅のノウハウが満載です。ちなみに、私のコメント部分は単体でwebに掲載となっていましたが、ここだけ掲載だとちょっと微妙?(タイトルのせいかしら?)
一人旅をする女性が増加 夫を気にせず趣味の世界に浸りたい

ぜひ機会あれば本誌の方をご覧くださいませ。
女性セブン


posted by 村田和子 at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

驚くべき!カクテルタイム:ANAインターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。先日からお伝えしているANAインターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジのレポート。最後はカクテルタイムです。通常アルコール類は有料なのですが、17:30-19:30のカクテルタイムは無料。しかも種類が豊富で、シャンパンやワイン、ビールに日本酒、カクテルなど、35階からの夜景を見ながら好きなだけ。お酒が好きな方には最高ですね。
400-IMG_3880.jpg

400-IMG_3914.jpg一人でグラスを傾けるのもどうかと思い、急遽思い立って近くにお勤めの方を誘いし、仕事帰りにご一緒することができました(※一人で滞在だったので、一人同行が可能なのです)。カクテルタイムを設けるクラブラウンジは多いですがセルフサービスだと、どれが自分にあっているのかよくわからないことも。こちらの特徴はテーブルへサーブされること。そしてミクソロジストという自分の哲学を持ったバーテンダーによるオリジナルのカクテルなどもお願いできるのです。
400-IMG_3901.jpg

私はシャンパンを頂いたのち、アルコールは強くないことを伝え、最初はさっぱりした柑橘系のカクテルを、次は色合いがきれいなものということでベリー系のカクテルを頂きました。担当のミクソロジストの方いわく「オリジナルモヒートが得意」とのことで、ご一緒した方がオーダーすると、日本酒を使っているのですがモヒートだ!美味しい……と好評でした。(日本酒のモヒートと柑橘系のカクテル)
400-IMG_3908.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 18:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

【NHK Eテレ】団塊スタイル「気ままなぶらり旅」に出演しました

11月18日(金)夜8:00~NHK Eテレ の番組【団塊スタイル】に出演しました。
テーマは、「達人おすすめ、気ままなぶらり旅」
私はスタジオで、VTRに応じた様々な情報をご紹介させていただきました。
ご覧いただきました皆様、ありがとうございます。
25日(金)11時から再放送もございますので、よろしければご覧ください。

エッセイストの岸本葉子さんが旅した修善寺も、紅葉が見頃を迎えているようです。
ふらっとおでかけしてみてはいかがでしょうか?
そしてVTR中に、修善寺の観光協会に文字が見やすいように、通常版より大きな観光マップがあるのにびっくり。というか、素晴らしい…。
私も手元が見えにくくなってきました。最近、ハーフサイズの雑誌が多いですがコンパクトさに惹かれて購入したものの、目が疲れる…下手をすると読めないところも。うーん、どこを重視するかですけれど私にはちょっと失敗でした。

風吹ジュンさんも岸本葉子さんも、とても素敵な年の重ね方をされていて憧れます。お目にかかれて嬉しかったです。
400-IMG_6219.jpg

400-IMG_6231.jpg

写真は、番組でご紹介した別府の街歩きに参加した際に撮影。プライベートで参加しましたが、かなりディープで面白かったです!

NHK Eテレ ”団塊スタイル”

【司会】風吹ジュンさん,国井雅比古さん
修善寺観光協会
posted by 村田和子 at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

11月18日(金)夜8:00~NHK Eテレ団塊スタイルに出演します。

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
春に続きご縁を頂き、NHK Eテレの番組”団塊スタイル”に出演します。(前回はこちら
11月18日(金)夜8:00~NHK Eテレ
達人おすすめ、気ままなぶらり旅
20161116.JPG

私はスタジオで、VTRに関する情報を補足してご紹介をさせて頂きました。
VTRおよびスタジオにご出演のエッセイストの岸本葉子さんは、旅雑誌などの「ひとり旅」特集で拝見することも多く、今回お目にかかれてとても光栄でした。
お話もわかりやすく、旅に関することも共感することが多く、自然体で素敵な方で憧れます。

お時間ございましたら、ぜひご覧ください。↓予告も始まっています
NHK Eテレ「団塊スタイル」
【司会】風吹ジュンさん,国井雅比古さん
岸本葉子さん公式ページ
posted by 村田和子 at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Information(お知らせ) | 更新情報をチェックする

11月16日はいい色の日。I love purple(紫コレクション)

こんにちは。旅行ジャーナリスとの村田和子です。
11月16日は、1116(いいいろのひ:いい色の日)らしいです。私、実は紫が好きなのです。
以前は「紫のカメラ珍しいですね?」と言われることが多かったのですが
400-IMG_4056.jpg

※IXYは定期的に紫を出すので、その時に買い替えます。先日は壊れてしまい、新しい機種に紫が無かったので、古い機種を探し回りました。そして旧機種の方が高かったという…

ちょっとすると「紫お好きなんですか?」(疑問形)に変わり
400-IMG_4057.jpg

※手帳だけはなかなか見つからなかったのですが、昨年度からこのバージョンに。家族の予定もかけて使いやすい

最近は、「紫お好きなんですね~!!!」(確定)と言われることが増えました。
400-IMG_4060.jpg

「え?そうなんです。わかります?」といいながら、自分を振り返り「あ・・・(これはわかるな)」と。
以前は紫のグッズが珍しく、みつけると買っていたのですが。最近ポピュラーになってきて、以前のペースで購入していたら危険な感じです。紫だらけになってきました。
続きを読む
posted by 村田和子 at 11:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

天空の朝食はブランチもOK:ANAインターコンチネンタルホテル東京クラブラウンジ

おはようございます。旅行ジャーナリストの村田和子です。
昨日ご紹介したクラブラウンジの続き。朝食はビュッフェと、温かいお料理はテーブルオーダー。朝からハンバーガーなどボリュームのある料理や、卵料理も種類が豊富でどれにしようか迷います。ちなみにテーブルオーダーでの朝食サービスは、世界のインターコンチネンタルホテルのクラブラウンジで導入されるそう。ご旅行予定の方は是非チェックしてみてくださいね。

私がお願いしたのは、女性スタッフのリコメンドだったオリエンタルスタイルという名のお料理。ホワイトオムレツの周りには、イチゴとアボカド。卵の上にはルッコラが乗っていて、とってもキュートだしヘルシー。
400-IMG_3977.jpg

そしてもう一点が、点心。ちゃんとせいろで提供され、美味。
400-IMG_3969.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の美食・首都圏ランチ情報 | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

進化したクラブラウンジへ:ANAインターコンチネンタルホテル東京

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。先日、東京赤坂にあるANAインターコンチネンタルホテル東京にお邪魔し、新しくなったクラブラウンジサービスを体験してきました。
クラブラウンジとは、通常クラブフロア(※一般よりも上質なカテゴリーの客室)の宿泊者が利用でき、飲み物や小菓子、簡単な朝食が提供される…イメージでした。が、ここ最近、力を入れるホテルが増え、個性的なサービスも登場、注目しています。
400-IMG_3885.jpg

今回体験したANAインターコンチネンタルホテル東京は、クラブフロアという概念がなく、どの客室に宿泊しても、オプションとしてつけることが可能。気になるお値段は14000円/室で、1室2名まで利用OK。内容を知らないと、オプションとしては高いのでは?と思ってしまうかもしれません。でも、飲み物や小菓子は7時から22時まで提供され、アフタヌーンティにカクテルタイム、朝食などは、想像以上のサービス。使いこなさない手はありません。

例えば今回の私のように一人滞在なら、同伴を1名することができます。アフタヌーンティは仲のいい学生時代の友達と、カクテルタイムは仕事関連で親しくなった方と、朝食も懐かしい友人となど、親交を深める場として利用もできるんです。リピータ-が多いのも納得です。
400-IMG_3820.jpg

同ホテル総支配人マーカス・プラッツァー氏にお話を伺ったところ「1946年インターコンチネンタルホテルの開業当初は、旅は特別なものであった。そんな時代の初心に戻って、よりパーソナルでラグジュアリーなサービスを提供していく」とのこと。今年70年を迎えたインターコンチネンタルホテルは、現在世界60以上の地域で180以上のホテルを展開しているホテルブランド。今回はその一つANAインターコンチネンタルホテル東京のクラブラウンジをご紹介しますが、パーソナルでラグジュアリーなサービスは、順次、世界中のインターコンチネンタルホテルへ展開されていくとのことなので楽しみです(もちろん国内も!)。

さて、実際に滞在して私が感じた、同ホテルのクラブラウンジの魅力は、ロケーション・食・そしてサービス。
400-IMG_4009.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 18:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

ライフスタイル誌「CANVAS」に執筆~京都の旅&クルーズ

10月31日発売のライフスタイル誌「CANVAS」のテーマは
Life is a Journey
400-20161102.jpg


400-IMG_3814.jpgいままでライフスタイル誌とはあまりご縁がなかったのですが、写真も贅沢に使って見ているだけで旅気分が味わえ、でかけたくなります。
京都に取材へ行ったのは7月。すっかり季節も変わりましたが、秋の京都旅行にも役立つ、とても素敵な紙面になっております。ぜひご覧いただければ幸いです。

400-IMG_3815.jpg以下amazonの紹介文より抜粋

人生はいつだって、旅の途中。
「サードプレイス」という言葉が主流になったけれど、家・職場・カフェと、
人生のうちに多くの時間を使う選択肢がこの3つだけということはない。
未知のものと出会うこと=「旅」。これこそが選択肢を広げ、可能性を広げる。
自由な生き方への架け橋になるのだ。もしかすると、普段の生活圏内でだって、
未知のものに触れることで何か自分を大きく動かすことに出会えるかもしれない。

さあ、いこう。ワクワクする自分に出会いに。

■amazonからのお求めはこちら
CANVAS magazine (キャンバス vol.4)
posted by 村田和子 at 20:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール・仕事依頼 | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

取材で星のや竹富島へ:いよいよ種子取祭開催!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。先週、仕事で沖縄の八重山諸島、石垣島、竹富島へ行ってきました。今年2回目の星のや竹富島(いい年です!)
前回はカメラマンも一緒で分刻みスケジュールでしたが、今回は仕事ですがひとり。島時間も味わう時間もあって癒やされました。(夜明けのプールも素敵)
400-IMG_3507.jpg

実は秋には、竹富島では島一番のお祭り、種子取祭が開催されます(今年は11/4.5)。今回は島の集会場で行われている練習を見学に。星のやでは、毎年にこの時期には希望があれば、こういった練習風景をみたり、本番では島の民宿などはすべてクローズする中(※お祭りで忙しいので)、お祭りを見学できる、いつもとは違う滞在ができるとあって、リピーターを中心に人気だとか。まだ時期が早かったので衣装は身につけられていませんが、迫力ある踊り、島の生活が垣間見られてとても興味深かったです。
400-IMG_3474.jpg

20時半ぐらいから、少しづつ集落の人が集まり、練習開始。女の子が踊りのデビューをするのは中学生。高校になると島をでてしまう方も多く、中学生のうちにしっかりとマスターして、この時期には帰省して祭りに参加をするのだとか。私は田舎がないので、こういった地域の祭り、伝統文化があるということ、そこに参加すること、大変なことも多いとは思いますがうらやましく思います。いつか本番も見たいなあ。
続きを読む
posted by 村田和子 at 09:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

食欲の秋!ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町:WASHOKU 蒼天(SOUTEN)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
食欲の秋シリーズ、ちょっと間が空いてしまいましたが再開しますね。
今回ご紹介するのは、この夏に開業し話題となった「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」のメインダイニングWASHOKU 蒼天。ホテルでは珍しくメインが和食なのですが、今回、私はお昼にプリフィックスコースの「樫」を頂きました。
400-IMG_2302.jpg

※写真は前菜。見た目にノックアウトされてしまいそうな、アートのような繊細さが素敵。器などもこだわっていて、そしてさりげなく銀杏の葉が添えられているのがいいですね。
メインのご紹介前に、WASHOKU 蒼天の店内をちょっとご紹介。入り口付近には、気軽に日本酒をいただけるカウンターがあります(ちなみにワインセラーも見事で、種類も豊富)
400-IMG_2296.jpg
天井から下がっているのは、デザイナーが築地市場からインスパイアしたICE(氷)がモチーフ。斬新でお洒落です。ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町のデザインを手がけたのは、ロックウェルグループヨーロッパ。世界的に有名なデザイナー会社で、日本ではこちらが初とのこと。カウンターを囲むように配された幾何学的な間仕切りの模様は、都会のビル群を表現しているロックウェル社の象徴的なデザインなそうです。

カウンターに使われている木材は一枚板。氷の透明感と木のぬくもり、そして周りには地酒の小さな樽が並びます。こちらでアラカルトをおつまみにして、お酒をメインで頂くという過ごし方もOKとのこと。
400-IMG_2294.jpg

ちなみにホテル全体のテーマは「Levitation(浮揚感)」。カウンターの脚も氷をイメージしていて、遠目にみると浮いているように見える……なんていう粋な演出も。他にもお寿司や鉄板焼きなどのコーナーもあり、職人技をみながら食を堪能できるとあって海外の方などには特に喜ばれそうです(※お寿司や鉄板焼きもダイニングで注文できます)続きを読む
posted by 村田和子 at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の美食・首都圏ランチ情報 | 更新情報をチェックする