2017年07月25日

スーパースター ヴァーゴの魅力を大解剖!乗船記2017~AllAbout掲載

オールアバウトクルーズサイトの記事を掲載しました。7月から運航開始、まだ夏休みも申込みは間に合います!

■スーパースター ヴァーゴの魅力を大解剖!乗船記2017

2017年7月、香港のスタークルーズがフラッグシップ「スーパースター ヴァーゴ」で日本発着クルーズを開始。初就航にガイドが乗船し、よしもと芸人によるライブやバラエティー豊かな食事など、その魅力や船内をたっぷり紹介します。

<MENU>
■豪華な船内施設。甲板にはスライダーも!
■船内の雰囲気は?ショーには吉本の芸人も
■一番多い客室「バルコニー海側」の居心地は?
■日本語対応やスタッフのホスピタリティにも満足
■和洋中に加えインド料理も!日本人好みの味
■注意!キッズクラブは大人同伴、寄港地の観光
■スーパースター ヴァーゴ データ&問い合わせ
400-IMG_2256.jpg

posted by 村田和子 at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | AllAbout更新状況(旅全般・クルーズ) | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

THE ROYAL EXPRESS(ザロイヤルエクスプレス)初便に乗車!レポートです

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
ブログでも掲載しました通り、先週7月21日、横浜からTHE ROYAL EXPRESS(ザロイヤルエクスプレス)が運行を開始、初便に友人と一緒に乗車してきました!(※乗車は応募多数で抽選。落選からキャンセル繰上りです。今回はプライベートな旅)
400-IMG_2926.jpg
乗車プランのプラチナクラスは片道35000円! 1泊2日のツアー(泊まりは高級宿で観光などがついて、十数万円)と車内サービスが一緒。最大10席ということで一番倍率が高かったようです。
400-IMG_6856.jpg
式典があるとのことで2時間近く前に集合。東急&伊豆急の観光列車とあって、東急東横線横浜駅近くにラウンジができており、そちらへ集合。期待して伺いましたが入れたのはツアーのかたのみでした。残念…。
乗車プランは営業前のカフェへ通されペットボトルのお水。予定もよくわからないまま長時間待つのはちょっとスタートから気持ちが…と思っていたら、カフェにデザイナーの水戸岡 鋭治さんが現れて、ご一緒に写真。嬉しい!
400-IMG_2688.jpg
400-IMG_2763.jpg
サービスは、出発前の式典で水戸岡さんが「僕がギリギリまでこだわったので時間がかかり、サービスの練習ができなかった(いろいろあると思いますが温かい目で見守ってね)」というニュアンスのお話をされていましたが、車内スタッフは、慣れない中、一生懸命さが伝わり好感を持ちました。

停車駅で外からの写真を撮ろうと思ったら、わざわざ『お二人でうつしましょう』と降りて対応してくれるスタッフもいらっしゃり、直前にお願いした記念日オーダーにもこたえて頂き感謝です。

ただ全体的に式典などもあり、ちょっと進行がお客様放置?という感じや、間に合わなかったのかな?というところは正直ありました。初便なのでそこは想定内。
それ以上に関係者が乗車し気軽に写真にも応じてくださり、お話ができるなど、初便ならではのプレミアムな体験を満喫。(※ホテルもそうですが、やはりオープン時はばたばたするので、クオリティを重視するなら、少し慣れてきてからがいいですね)

400-IMG_2868.jpg
列車内は、水戸岡さんの世界感があますことなく広がり、一切の妥協がありません。本当に調度品のひとつひとつまでこだわりぬいた夢のような世界。床は寄木、シートのファブリック柄もそれぞれ異なり、窓には組子の障子。

このレストラン車両は天井にステンドグラスまで。どこを見ても素晴らしくて美術館のようです! きっとそれぞれにこだわりやストーリーがあると思うのですが、今回はそこまで味わう余裕がなかったのが残念。(時々ながめていると、スタッフの方が教えてくださるのがありがたかったです)
400-IMG_2876.jpg
列車8両と長いので、それだけ見どころは多いのですが、乗車は3時間ちょっと。プラチナクラスはコース料理なので食事時間がかかり、じっくり見て回るには時間が足りません。あっという間でもっとゆっくりしたかったなあ。

こちらは運転席も見られる、8号車の図書室。贅沢な空間ですが、本を読む時間はありません。写真だけ(あと段差に注意!)
400-IMG_2916.jpg
続きを読む
posted by 村田和子 at 09:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

観光列車”THE ROYAL EXPRESS”に乗っています♪(多分)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先週車体のお披露目があり、各メディアを賑わしている観光列車”THE ROYAL EXPRESS”。

本日の初便に申し込みをしていたのですが…みごと落選。やっぱり人気だなあと思っていたら、暫くしてキャンセルがでたとお電話を頂き、繰り上げ当選に。私ではなくご一緒する方の強運だと思います…。

ということで、本日は10時に専用ラウンジに集合しレセプションの後、11時50分横浜駅を出発予定。
今頃は順調にいけば、車中で食事を満喫中のはず。

(写真)先日取材帰りに横浜駅に降り立つと…ホーム向かいに試運転中の”THE ROYAL EXPRESS”が!
400-IMG_2668.jpg


ちなみに申し込んだのは、乗車プランのプラチナクラス(横浜⇒下田35,000円)。ゴールドクラス(25,000円)と悩んだのですが、どうせなら…と、宿泊の方と同じ車両へ。最大10席で一番倍率も高かったようです。直前まで服装に悩んでおりましたが、女性は襟付きのシャツかワンピース推奨。そしてサンダルご遠慮くださいの案内。え?ワンピースにサンダルでと思っていたのに駄目なの?と思ったら、ビーチサンダルなどの類とのことで女性のいわゆるサンダルはオーケーでした。

今回は、プライベートで大人の女子旅。仕事は暫し忘れて、純粋に旅を楽しんで参ります♪


↓以前の発表会の模様。この時から申し込もうと思っておりました


posted by 村田和子 at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

【JAF Mate(ジャフメイト)】2017.8.9月号『家族で楽しむ体験レジャー』を監修

安心・充実のロードサービスを提供するJAFの会員誌【JAF Mate(ジャフメイト)】

400-jaf0.jpg2017.8.9月号の特集は
この夏は”初めて”に挑戦!
『家族で楽しむ体験レジャー』

この度、こちらの記事の監修および本文の執筆を担当させていただきました。
せっかくの夏休み、親子で新しいチャレンジをして思い出に残る旅をして頂きたいという願いを込めて、旅育も絡めつつ執筆しております。

400-jaf1.jpg
誌面では、おすすめの”初めて体験”やできる施設やスポットも掲載。
「これをしてみたい!」と思ったら、ぜひ検索をしてみてください。
紹介した施設やスポット以外にも、意外と近場でできる場所が見つかることも多いもの。
自由研究に役立つ、学びのおすすめ体験スポットも紹介しています。

400-jaf2.jpg
ちなみにJAF Mateの発行部数は、1237万部!
おそらく日本で一番発行部数が多い冊子ではないかという部数ですね
お手元にある方も多いことかと思います。是非ご覧いただければ幸いです。

以下よりネット版JAFMateからも最新号をご覧いただけます

※右上からログイン、あるいはJAFMateの目次掲載のパスワードが必要

もしくは ■JAF MEDIA WORKS ホームページ


素晴らしい夏休みの思い出ができますように。
続きを読む
posted by 村田和子 at 11:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

隠れ家イタリアン~「カーサ瀬戸内」で海と島時間を満喫♪(東京都浜松町)

400-IMG_3550.jpgこんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。先日はお世話になった方にお招きいただき、今年オープンした隠れ家イタリアン「カーサ瀬戸内」へ。

浜松町駅から徒歩5分ほど。あたりは気軽で庶民的な飲み屋さんが多い中、こちらはちょっと敷居が高そうな雰囲気が漂う一軒家のレストラン。
でも結論からいうと、雰囲気や内容を考えるとコスパがよく、ホスピタリティも抜群。ランチは1500円~、ディナーは6500円~。お祝いやデート、女子会にもおススメです!



カーサとはイタリア語で「家」。小豆島出身で、浜松町で建築業を営むオーナーが、ふたつの地域の架け橋になればとオープンしたお店は、内装もお料理もこだわりが。中に入ると吹き抜けになっていて、開放感があり、大きな液晶には小豆島の景色が映し出されています。
400-IMG_3556.jpg
n400-IMG_3558.jpg
ブルーのガラスのお皿は、菅原工芸硝子社のもので瀬戸内海をイメージした特注品。ナフキンは行き交うヨットがモチーフ。涼しげで夏にぴったりです。私、ゆくゆくは瀬戸内海に居を構えたいと思っているぐらい、多島美で穏やかな海が好きなので、たまりません。

頂いたコースは、その名も「海と島々の詩」。前菜「そよかぜの音色」は、石鯛、キス、そして旬の鱧をつかったお料理。見た目にも涼しげです。
n400-IMG_3562.jpg

n400-IMG_3574.jpgパスタは、2種類を少しづつ頂きます。まずは冷たい「生シラスと甘夏、カラスミの冷製フェデリーニ」、そして「讃岐コーチンとヤングコーン、サマートリュフのガルガネッリ(写真⇒)」。カラスミとトリュフを一度に頂くなんて……贅沢!

そしてメインは、香川の特産品、オリーブを食べて育ったオリーブ牛のステーキと、旬野菜。野菜は、石川いも、デストロイヤー、ひもなすなど。オリーブ牛、ジューシーで油がたっぷりなのですが、さらっとした後味で、本当に美味です。

n400-IMG_3576.jpg






続きを読む
posted by 村田和子 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

大磯プリンスホテル、本日、スパ棟オープン&客室リニューアル

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
昨日は、大磯ロングビーチで知られる大磯プリンスホテルへ。スパ棟がオープンするのに先立ち内覧会が開催されました。大磯……初めて訪れましたが、歴代の総理大臣が8名も別荘や自宅を構えた場所ということもあってか、海が目の前で緑が多く、品のある落ち着いた街。15日にオープンするスパ棟は3階建てで、1階はレストラン↓(※屋内もあります)
400-IMG_2640.jpg
2階は海を望む露天風呂もある温泉
400-IMG_2557.jpg
3階は大人専用のスパで、海を望むインフィニティプールやジャグジーなどがあり、THEリゾートという雰囲気。東京から1時間でこの開放感は、すごいです。スパには、他にも岩盤浴やスチームサウナなどもあり、宿泊者は利用無料とのこと。
400-IMG_2564.jpg
8月末までは、宿泊者専用ですが、9月以降は外来も受け入れされるそうです。日帰りで楽しむのもよさそうですね。


続きを読む
posted by 村田和子 at 02:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

はとバス怪談クルーズツアーへGO!四谷お岩稲荷でお祓い儀式

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
暑い日が続きますね。さて先日こんな招待状が届き、夏の風物詩”はとバス怪談クルーズツアー”で涼みに行ってまいりました。
400-IMG_2532.jpg

400-IMG_2368.jpgまずは、怪談クルーズツアーでも立ち寄る”四谷お岩稲荷”で関係者のお払いの儀式が行われました。路地を入った住宅街に位置する小さなお稲荷さんですが、歌舞伎役者さんのお名前なども見受けられ、四谷怪談などの演目の際には、いらっしゃるのでしょうね。はとバスでも、かつて怪談ツアーを企画したら関係者が体調がすぐれず、お祓いの儀式を始められたそう。大事ですね。ちなみにこのお稲荷さんは、お岩さんを祀っているのですが、四谷怪談の話がつくられたのはお岩さんが亡くなられてから200年後。話とは裏腹に夫婦円満だったという説明があり、なぜかちょっとホッとするのでした。

400-IMG_2371.jpg

ここからバスで移動し、到着したのは日本橋の橋のたもと。ここから90分の怪談クルーズツアーに出発!
日本橋、よく通りますが、船着きが場があるのを全然知りませんでした…。
400-IMG_2377.jpg


続きを読む
posted by 村田和子 at 01:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

【女性自身】観光列車で行く夏の絶景旅~に取材協力

017年7月11日発売、7月25日号の女性自身の特集に、取材協力しています。
テーマは「観光列車で行く夏の絶景旅」
400-20170711.jpg
私、クルーズも好きですが、観光列車も好きなんですよね。マイペースながら、機会を見つけては乗車しています。
乗っておススメの列車、乗ってみたくて、まさに狙っている列車(笑)ご紹介しています。

記事がモノクロでちょっと残念ですが、多くの方に手軽に楽しんで頂ければと思います。
記事でも紹介した能登半島を走る「のと里山里海号」も6月に乗車。
400-IMG_2947.jpg
400-IMG_2949.jpg
400-IMG_2917.jpg



平日は通常の乗車料金に+300円でOKです。とても素敵な車両で、絶景ポイントは徐行しアナウンスもあります。




posted by 村田和子 at 15:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

空飛ぶホワイトオムレツ♪女性一人から家族まで!ANAホリデイ・イン金沢スカイ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。北陸新幹線ができて、本当に金沢などへアクセスしやすくなりました。ということで金沢まで仕事も兼ねてひとり旅へ行ってきました。宿泊はANAホリデイ・イン金沢スカイ
ホリデイ・インは「キッズステイ&イートフリー(Kids Stay and Eat Free)」を実施。 大人と同室の 13 歳未満のお子さんは、宿泊とお食事が無料でファミリーに優しい宿です→詳しくは、家族deたびいく に掲載中! 

ファミリーは勿論なのですが、実は女性一人旅や出張などにもおすすめです。バスの要所である武蔵が辻の交差点にありどこへ行くにも便利。近江市場は目の前です。最上階のロビーからは市内が一望できる絶好のロケーション。バーラウンジ(↓)があり、カップルや女子会にもおすすめです。
640-400-IMG_2608.jpg

オールデイダイニング「KENROKU」はカウンター席もあって、朝食にはエッグステーションも登場。なんとホワイトオムレツを発見し、お願いしました。ということで、じゃじゃん!空飛ぶホワイトオムレツ!
400-IMG_2676.jpg
座席の番号をもって注文をすると、できたら席まで運んでくれるのも、うれしいサービス。あと、こちらのディニッシュは毎朝焼き上げているとのことで、クロワッサンもサクサク。加賀野菜をつかったおばんざいもあって、朝からパワーチャージできますよ。ということで、和食も飛ばしてみましょう↓
400-IMG_2711.jpg

私、撮影用に盛ったものは、基本的に頂きますので、朝からお腹いっぱいです…。ちょっと飛ばしすぎました。

続きを読む
posted by 村田和子 at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 厳選~旅の宿滞在記 | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

【AllAbout更新】豪華客船・クルーズ船の種類(クラス)と選び方

日本発着クルーズが本格化する中、オールアバウトのクルーズサイトも情報を刷新しております。

クルーズ船といっても、船により過ごし方や特徴は異なります。クルーズを考えた時に知っておきたいこと、何に着眼して選んだらいいかをまとめております。

テレビなどの報道でも、クルーズ船が話題になることが増えてきましたが、興味をもたれたら、ご一読頂ければ幸いです。

■MENU
客船は「ラグジュアリー」「プレミアム」「カジュアル」の3クラス
クルーズ客船のクラス:特徴や価格は?(カジュアル・プレミアム編)
クルーズ客船のクラス:特徴や価格は?(ラグジュアリー・日本船編)
クルーズ旅行の選び方 寄港地・旅行期間など
客船を選ぶポイント クラス・大きさ・食事・言葉・子供
640-IMG_0402.jpg
posted by 村田和子 at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | AllAbout更新状況(旅全般・クルーズ) | 更新情報をチェックする

クルーズ船『マジェスティックプリンセス』横浜初寄港!見学へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
20107年7月3日、横浜港に初寄港したマジェスティック・プリンセスのセレモニーと船内見学へ行ってきました。
n400-IMG_3318.jpg
こちらは、以前イギリスでネーミングセレモニーに参加させていただいたロイヤル・プリンセスの同型船で、シーウォークも健在。停泊中ですが、本来は海の上を歩けるというもの。相当スリルがあります。
n400-IMG_3361.jpg
n400-IMG_3357.jpg
欧米の方が多いと思ったら、なんと『海のシルクロード50日間』というテーマで、ヨーロッパから中国・上海までのクルーズ中でした。50日間の船旅…夢のようです。いつか乗ってみたいものです。今後は、中国上海を母港にしてクルーズを展開。中国はドンドン新しい船が投入されますね。
n400-IMG_3332.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 07:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のトレンド情報 | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

九州の豪雨被害に際して心よりお見舞い申し上げます&ご旅行中の皆様へ(交通機関の対処法)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
九州南部の豪雨に際して甚大な被害がでておりますこと、心よりお見舞い申し上げます。
今もなお大変な思いで救助をお待ちの皆様もいらっしゃるとのこと。
少しでも早く救助されますように願い、また懸命に救助に携わる皆様の安全をお祈りしております。

こんなに小さな国なのに、東京は猛暑続き。その一方で九州では記録的な大雨。
ここ数年の自然の驚異は、なんといっていいのか。地球温暖化のつけが本格化し大きな転機を迎えているのでしょうか。
子どもがいると、将来含めていろいろ考えさせられます。

住んでいる地域はもちろん、旅先で被災することもあります。
またこれから梅雨明けに向かい、全国的に河川の増水などのリスクが高まります。
日頃からの備えをしっかりと……私も再度見直したいと思っております。

※ご旅行中、あるいはご旅行を予定されていた方も多いかと思いますが、以下交通機関に影響が出た際の対処法を
まとめております。必要に応じてご参考になさってみてください。



posted by 村田和子 at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

日本旅行業協会(JATA)主催の記者懇親会へ~海外・国内・訪日、気になるトピック紹介

2017年7月5日、日本旅行業協会(JATA)記者懇親会へお招きいただき出席しました。
旅行業界からは、そうそうたる顔ぶれの皆様がご出席。

400-IMG_6555.jpg
メディアも、新聞の旅行業界担当の記者、テレビ局、ビジネス誌などで、少々緊張。

懇親会は、海外旅行、国内旅行、訪日外個人旅行 の3つのカテゴリー毎に最新の状況やJATAの取り組み紹介があり、大変勉強になりました。今回の懇親会の話を生かし、今後も活動をできればと思います。
3つのカテゴリーから、私が気になった点をピックアップして備忘録的にご紹介しておきます。
400-IMG_3542.jpg


■海外旅行(アウトバウンド)
→ここ数年、目指せ2千人をスローガンに知って対応をしているが、2012年をピークに右肩下がり。2016年は4年ぶりに1700万人台を復活。回復傾向にあるが、それが旅行会社の業績と必ずしもリンクをしておらず(=個人手配が増加)、どう旅行会社のメリットを伝え関わっていくのか検討の余地がある。

日本出国率の低さ、特に地方の低さの原因を下がり需要喚起をしていく必要性がある(出国率:日本13%、韓国44%、台湾50%)→台湾って2人に1人は海外へ出ているということですね。すごい…。

アウトバウンド促進協議会を立ち上げ、政府観光局なども巻き込みつつ、海外旅行復活を強化するとのこと。
→なお、テロなどの影響もあり、安全なイメージの渡航先が人気とのこと

400-IMG_3544.jpg■国内旅行
→2016年延べ宿泊者数が伸びたのは、北海道と沖縄のみ
 東北と九州の落ち込みは、それぞれ台風、熊本地震が影響
 北陸は前年比マイナス5.3%。新幹線開業の反動がきている
→バスの安全対策について:安全運行パートナーシップ宣言
→民泊新法の成立を受けて、合法的に旅行業者が仲介を営むことが可能に

■訪日外国人
→日本を訪れる外国人の6割がリピーター
→個人手配がすすみ、団体ツアーの多い中国をのぞくと4人に3人が個人手配で来日

※最後にツーリズムEXPOジャパンについての発表がありました。
2017年は9月21日~24日で開催されること。2019年は大阪、2020年は沖縄で開催を予定
****************************************
「旅を通じて人・地域・社会が元気になる」が、私の目指すべきところ。休暇の問題、そして家族旅行(旅育)についても、日頃気になっていることや疑問など、せっかくの機会なので質問をさせていただきました。真摯にご回答いただきました田川会長をはじめ皆様に御礼申し上げます。

微力ですが、旅行の需要喚起も引き続き私も頑張りたいと思います。貴重な機会にお招きいただきましたこと、御礼申し上げます。



タグ:JATA
posted by 村田和子 at 02:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

【読売新聞】でコメント:発言小町~長時間フライト、メイクに悩む

2017年7月4日、読売新聞夕刊 発言小町にてコメントをしております。
こちらはwebの大手小町でた意見を基にした記事。

テーマは、長時間フライト、メイクに悩む
400-IMG_2317.jpg
本当にいろいろな意見があって、またメイクへの思いやレベル感も人ぞれぞれ。
機内も、公共の場ではあるものの、列車とは違うところもあり(食事などもとりますからね)、これぞ正解!というのが難しい。

様々な意見に、担当記者さんも私も、うーん。
悩みながらも、避けるべきことやおすすめをコメントさせて頂きました。

web版でもご覧になれますので、よろしければ。

私は基本的にメイクに時間はあまりかけないので、コンタクトの装着とともに、到着空港の荷物まちの時に済ますことが多いですねが皆様はいかがでしょう?


続きを読む
posted by 村田和子 at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

【NHKラジオ】すっぴん!に出演。こそだてカフェ「もうすぐ夏休み!子どもと楽しむ旅行のススメ」

2017年7月4日(火) NHKラジオ第一 すっぴん! に出演しました。

以前、月に一度出演させていただいていた【すっぴん!】→こちら
今回はゲストでお招きいただき伺いました。
こそだてカフェのコーナーで、テーマは「もうすぐ夏休み!子どもと楽しむ旅行のススメ」

MC ユージさん、 アンカーは藤井アナ。
ユージさん、子連れハワイ旅行から戻られたばかりで、そのお話も伺えて楽しかったです。

私は旅育観点から、子どもと一緒に旅を計画するのを推進しておりますが。
リスナーからは、「予めいうと熱を出す」という、あるある投稿のご相談も。むむむ…。
上手い解決案を指南できなくて申し訳ないですが、いつ行くかはサプライズにしておくというのも、ありかもしれませんね。

10日までは、サイトにてお聴きになれますので、ご興味あれば是非に。

また台風の影響が思いがけずあったりで、番組も天気予報やニュースを挟むイレギュラー対応で現場は大変そうでした。
台風後の集中豪雨の影響も心配しております。
どうぞ、皆様お気をつけくださいますように。

写真は放送後にスタジオでユージさんと。
400-IMG_3478.jpg
すっぴん!は月曜から金曜まで朝に放送中です。

続きを読む
posted by 村田和子 at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

【朝日新聞 夕刊・関西版】サマーキャンプ進化中!にコメント

2017年6月27日、朝日新聞夕刊(関西版)に取材協力しコメントが掲載されています。

サマーキャンプ進化中!
400-IMG_6535.jpg



共働きが増え、長い休みの過ごし方としても人気が出てきています。
子どもにとっては、ちょっと冒険ですが、様々なコトを経験できるだけではなく、親と離れ、初めであうお子さんとの交流を通じて学ぶこと、自信になることも多いかと。

お手元にございましたら、ご覧いただければ幸いです。

posted by 村田和子 at 10:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

【NHKラジオ!先読み夕方ニュース】この夏は民泊・民宿を活用!

2017年6月30日、NHKラジオ第一、先読み夕方ニュースに出演しました。月一度出演させて頂いておりますが、今回のテーマは、この夏は民泊・民宿を活用。

民泊新法が可決し、グレーな部分の整備が今後進むことが期待され、宿泊予約サイトも取り扱いを始めると表明するなどここのところ動きのある民泊。実は様々な成り立ちや種類があります。今回はそんなことも交えつつ、今現在も安心して利用できる民泊・民宿活用法を3つのキーワードをもとにご紹介しました。

  • 「安く快適」では、特区民泊の魅力と価格の一部を
  • 「サプライズ」では旅館業を取得して合法的に運営する古民家やコテージ、離れなど
  • 「体験交流」では、グリーンツーリズムからの流れをくむ、農家民泊・民宿を中心に・・・

複雑な民泊を音声だけで短時間でお伝えするということで、いつも以上にドキドキでしたが、少しでも興味を持っていただけたらな良いなと思います。ホームページでは1カ月ほど音声がきけますのでご興味ある方は6月30日の放送分からお聴きになってみてください

また月に一度の出演ですが、夏の間は野球があり、このコーナーはお休みです。次回は9月の予定。
ということで今回は、MCの畠山さん(右後)、黒崎さん(左後)、そしていつも丁寧に構成などをまとめてくださる、ご自身も番組レポートなどでご活躍のフリーアナウンサーの緒方さん(左前)とご一緒に。
400-IMG_3298.jpg

そして民泊、動きが激しく、しかも複雑で、今回は事前に改めて取材に伺いました。
ご協力いただきました皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

※番組でもご紹介した合法の民泊のみを扱う「STAY JAPAN」を運営する百戦錬磨の広報伊藤様、栗原様(会社近くの神田明神前の茶屋にて。甘酒美味しかった♪)
400-IMG_3193.jpg

※旅館業を持つ農家民宿、あるいは農業体験や農家レストランなどを地域から探せる”里の物語”を運営される一般財団法人 都市農山漁村交流活性化機構 の 茅原様、鳴島様 
400-IMG_3198.jpg
※私が利用した愛媛の農家民宿は、愛媛県のファームイン古久里来(こくりこ)さんになります。ご興味ある方はお問い合わせをしてみてくださいね

また番組でもお話をしましたが、インターネットの普及で、様々なサービスが国境を越えて入ってきます。選択肢が増えるものの、旅行者自身がリスクヘッジをすることもあわせて必要。きちんとサービスについて理解したうえで、上手く活用して楽しい旅にお出かけください。
posted by 村田和子 at 08:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | 更新情報をチェックする