2018年02月28日

【beautrip】星のや軽井沢の温泉を貸切る瞑想体験&取材秘話:ホットみかんに

先日に続き、星のや軽井沢のレポートを、女子ひとり旅マガジン【beautrip】に掲載をしています。
今回は、知る人ぞ知る星のや軽井沢の温泉を貸切る瞑想体験
【星のや軽井沢】Onsenボディワーク2.jpg

星野温泉というと、日帰りでも利用ができる開放感抜群の「星野温泉 トンボの湯」が有名ですが。実は、星のや軽井沢に宿泊した人だけが利用できる、光と闇の湯からなる瞑想がテーマのメディテイションバスがあります。こちら、写真での表現が難しく、メディアなどにもあまり出ないのですが。実はファンがとても多いのです。そんな温泉を貸切って行う瞑想体験を今回はご紹介。浮遊浴が気持ちが安らぎ自分だけで空間を独占できるプレミアムな体験。実は……2000円とリーズナブル。

「いやいや宿泊が高いでしょう?」といわれそうですが。そこはラグジュアリーなリゾートなので否定はしません(きっぱり!)。でもいろいろと無料の体験も多く、たとえば棚田を見渡すテラスでは、朝や夕方などに様々な催しがあります。ちょうど私が訪れた2月には…夕方には「ふゆのひととき」を開催中。
P1030186.JPG

ホットワイン(もしくは葡萄酒)を飲みながら、棚田を眺めるのはちょっとしたグランピング気分。
そして、お酒のお供はなんと……ほっとミカンです。


朝は、湯たんぽの貸し出しをして散歩がてら、トンボの湯へ、帰ると源泉で淹れた緑茶と花豆のせいろ蒸しが頂けるなんていうおおてなしもあります。
1000-P1030405.jpg

1000-P1030413.jpg

ライブラリーラウンジでは、コーヒーやお茶などが自由に頂けて寛げる他、夜にはお酒も登場。
1000-P1030211.jpg

気ままに寛げる良さがあります。記念日などはちょっとしたお祝いもあるので、いいですよ。

いかがでしたか?beautripの記事では、合わせて 日本料理 嘉助 のヘルシーなお料理もご紹介中。以前訪れた時(ずいぶん前です)からプレゼンテーションなども進化し、野菜が多くて女性好み。これいいです!
ぜひ参考にお出かけを検討してみてください。
【beautrip】星のや軽井沢の温泉を贅沢に貸切り!瞑想体験で心を磨く

■豆知識:星のや軽井沢の敷地内は宿泊者専用なのですが、実はフロント横のショップは外来の方も立ち寄り購入できるそう。「星のや軽井沢」特製のどらやき、お部屋のアメニティソープなども購入できるので、イカルカフェへの散策ともに訪れてみてはいかがでしょう?(※イカルカフェでは、「コーヒー一杯プリーズ」というといいことがあるそうですよ。これも豆知識でした。)

posted by 村田和子 at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | 【仕事実績】旅行記・コラム執筆 | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

東京の真ん中で心潤すお茶と料理のマリアージュ:嬉野茶時 in 雲海@ANA インターコンチネンタルホテル東京

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日、嬉野茶時 in 雲海にご招待いただき ANAインターコンチネンタルホテル東京にある日本料理「雲海」へ。嬉野といえば佐賀県。佐賀は食に温泉、焼き物と、上質な本物が多く大人の旅にはとてもおすすめ。
※一方でファミリー旅行にも力をいれられていて、私も以前ファミリーツーリズムの審査員などで訪れていました。ちなみに佐賀県のお宿は、リーズナブルなところでも器にこだわられているところが多いと感じます。有田町では給食も有田焼で出されると以前取材した際に伺いました
1000-P1040043.jpg

そして日本料理 雲海は、ここが東京の真ん中、しかも赤坂のホテルの中とは信じられない日本庭園を臨む落ち着いた空間。知る人ぞ知る穴場なのです。中に入ると……白いユニフォームでびしっと決めた紳士がずらっとお出迎え。
1000-P1040016.jpg

この日の為に嬉野からいらっしゃったのは、実は茶農家の方々。いつもは茶畑で農作業をされている方々が、もっと日本茶のことを知って楽しんでほしい……そんな思いから、嬉野流の茶の所作、そしてお茶をおいしく淹れるための茶器も地元の肥前吉田焼で製作されたそう。お茶を知り尽くした生産者が、それぞれの茶葉にあった湯温・抽出時間などで最高の一杯をふるまってくれる贅沢なひととき。所作は見ているだけで美しい!
1000-P1040024.jpg

今回、お茶とのマリアージュで頂いたお料理は目にも素晴らしく美味。器もこだわっていて、雲形?の器は肥前吉田焼の物を今回揃えられたそう!
1000-P1040034.jpg

1000-P1040046.jpg

今回頂いたのはお昼のご膳で価格は5000円(税サ別)。ちょっぴり贅沢ですが、お料理と一緒に頂くお茶も含まれるので(下のデザートも)、内容を考えると、とーってもお勧めです!
こちらの特別御膳は3月15日までの期間限定なので、ぜひお急ぎを。
1000-P1040031.jpg

1000-P1040053.jpg

※お料理の詳細などは、オールアバウトニュースで東京ガイドの藤丸さんが紹介されています!
なお、ANAインターコンチネンタルホテル東京のアトリウムラウンジでは、最適な温度と時間で抽出したこだわりの日本茶と和菓子が頂ける「嬉野ティーセット」を継続的に提供されるとのことで、こちらも試してみてはいかがでしょう。
1000-1040058.jpg

こうやってお茶をじっくりと淹れて味わう心の余裕、とても大事だなあと日頃のバタバタとした生活を顧みて反省したのでした。また嬉野茶時では、茶畑でのイベントなど、嬉野の地でも様々な催しを開催。生産者から様々な学びがあり参加者が楽しいのは勿論、生産者の皆様にとっても、自分たちの思いをお客様に伝え、またお客様からダイレクトに感想が頂ける貴重な機会で、モチベーションupにつながっているといいます。

嬉野は温泉も有名。嬉野の湯は、美肌の湯といわれ、化粧水に浸かっているような潤いが、ひと晩でも実感できます!今回のイベントでご興味を持たれたらぜひ嬉野へも足を運ばれてみてくださいね(と書きながら、自分が行きたくなってきます)

今回のイベントは、日本料理「雲海」の料理長 吉安 健(よしやす・たけし)さんが、佐賀と同じく九州の福岡ご出身という縁がきっかけで実現したのだとか。素晴らしいコラボの誕生、そして嬉野茶時の興味深い取り組みを体験できたこと、本当にうれしく思います。(写真は素晴らしいお料理を考案された 日本料理「雲海」 吉安 健 料理長とご一緒に)
1000-P1040064.jpg

素敵な時間を過ごさせていただき、関係者の皆様へ御礼申し上げます。
■日本料理 雲海(ANAインターコンチネンタルホテル東京)

■嬉野茶時
※嬉野温泉では、佐賀・嬉野ぷるるん女子会なるイベントも過去に都内で開催。地域を盛り上げようという気持ちが伝わり、そして取り組みのセンスが良いなあと思います。
posted by 村田和子 at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

【NHK先読み!夕方ニュース】に出演。テーマは「旅をあきらめない。持病があっても大丈夫」(情報付き)

2018年2月23日は、月に一度のNHKラジオ出演日でした。
先読み!夕方ニュースのテーマは「旅をあきらめない。持病があっても大丈夫」
と題して、アレルギーや車いすの方への様々なサービスをご紹介しました。
ページの下に、番組で紹介した取り組み詳細のHPご案内しておきますし、数週間は番組HP(過去のトピック:2/23)から番組を聴くこともできます。ご参考にしてみてください。
ぜひ一歩踏み出して、旅で笑顔に!
IMG_2554.JPG

そして今回が、2017年度は最後の出演でした。キャスターの畠山さんと、黒崎さんとご一緒に。
2016年度とあわせて丸二年。スタッフの皆様には大変お世話になりました。
そして、お聴きいただいた皆様に御礼申し上げます。
<番組HP>
NHKラジオ「先読み!夕方ニュース」
<番組でご紹介した情報>
久米島:食物アレルギー対応事務局
日本航空 アレルギー対応
※番組ではご紹介していませんが、jalパックでは、沖縄のアレルギー対応ツアーも実施
糖尿病の方もOK!700㌔カロリー以下、低血糖のイタリアンフルコース(ホテルクエスト)

旅行会社「クラブツーリズム」旅仲間として介助:トラベルサポーター
あ・える倶楽部:ヘルパー+添乗員=トラベルヘルパーを養成して、介護度の高い方でも安全に旅ができるサポート
NPO法人 伊勢志摩バリアフリーツアーセンター
行けるところではなく、行きたいところへ。それぞれのバリアに合ったパーソナルな提案をしてくれる。

全国で取り組み拡大(対応地域一覧)

posted by 村田和子 at 16:34| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | 更新情報をチェックする

【女子ひとり旅マガジンbeautrip】期間限定!自然の恵みで、肌も気持ちも潤う「白樺水美人滞在」~星のや軽井沢

女子ひとり旅マガジン【beautrip】に
期間限定!自然の恵みで、肌も気持ちも潤う「白樺水美人滞在」~星のや軽井沢
が掲載されました。
白樺水美人滞在のスパは、森の中にいるような心地よさで、施術をうけてからイメージ画像をみると↓
すご~い、そうまさにこんな感じ!よくできていなあと思います!(※実際にはスパルームで受けます)。
【星のや軽井沢】白樺スパイメージ引き2.jpg

仕事柄、他の星のやにも伺っておりますが、星野リゾートの根っこである軽井沢は、首都圏から訪れるなら、一押し。短い休みでもリラックスできるのがいいです。本文中にもあるのですが、星のや軽井沢は2泊以上の滞在が基本ですが、実は30日前からは空きがあれば1泊でも予約が可能なんです。東京から新幹線で70分、首都圏から1泊2日でも十分に楽しめますので、ご興味ある方はチェックをしてみてくださいね。

久しぶりに訪れた星のや軽井沢は、新しい魅力もたくさんできていました。例えばこちら。
【星のや軽井沢】Onsenボディワーク2.jpg

これは……また近くご紹介するので詳細はヒミツ!お楽しみに。
そして、昼はネイチャーツアーの基地『ピッキオ』の拠点である場所が、夜には池のほとりにある宿泊者専用の「森のほとりcafe&bar」としてオープン
P1030275.JPG

P1030279.JPG

冬の夜は宿泊者専用で、氷の上の特等席も利用できます。かなり寒いですが、空には星も瞬きロマンチックです。(これ池の上なのです。3/11まで日中はケラ池スケートリンクとして営業し、外来の利用も可能です)
P1030288.JPG

今回ご紹介したプランは4/1~ですが、冬の軽井沢もお勧めです。

■星のや軽井沢

【beautrip】期間限定!自然の恵みで、肌も気持ちも潤う「白樺水美人滞在
」~星のや軽井沢


posted by 村田和子 at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】旅行記・コラム執筆 | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

平昌オリンピック開幕。鬼塚雅選手

平昌オリンピックが開幕しましたね。
時差がないのが助かります。
息子と同世代の若い人の活躍に、すごいなあと感動。

昨日は、鬼塚雅選手のスロープスタイル予選を観戦するのを楽しみにしていましたが。なんと予選なしの本日一本勝負に。

今日は移動中でオンタイムで見られないのですが、頑張って欲しいです。

◾️鬼塚選手と旅育?
https://www.google.co.jp/amp/kazukomurata.seesaa.net/article/454778295.html%3famp=1
posted by 村田和子 at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】旅行記・コラム執筆 | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

体にいい旅!ヘルスツーリズムツアー玉野市@岡山

こんにちは、旅行ジャーナリストの村田和子です。以前より、ヘルスツーリズムに注目していますが、ここ数年、ハレの日の贅沢旅とは別に、リトリート旅のニーズの高まりを実感しています。
そんな中、今回モニターツアーで出かけたのは玉野市@岡山。アートトリエンナーレ瀬戸内国際芸術祭の開催地であり、直島や豊島の玄関口でもある宇野といった方がおなじみかもしれません。(JR宇野駅もアート作品)
IMG_2983.JPG

私も何度か芸術祭で訪れたことはあるのですが、じっくり玉野に滞在したことがなく、瀬戸内海の絶景がひろがる地での健康的なツアー、とても楽しみにしていました。

すると出発数日前に、JTBと玉野市から大々的なリリースが。「日本版CCRC(Continuing Care Retirement Community)」への取り組みとしてJTBと玉野市がタッグを組んだというもので、実はすごいモニターツアーだったことが発覚。CCRCとは、第二の人生を健康的に楽しむ街という概念。都市部から元気なうちに地方へ移住し、社会貢献や交流をしつつ、医療などのケア受けて住み続ける…というもの。まさに、瀬戸内海の多島美に魅了され、第二の人生は岡山か香川か・・などと思っている私に、ぴったり。
IMG_2972.JPG

今回はモニターということで、かなり内容盛りだくさんでしたがポイントとしては
■健康的な食事(地元産の食材を使った目にも美しく美味な食事が600㌔カロリー代までに抑えられています)
■瀬戸内の恵みを享受できる日帰り温泉”たまの湯”&ダイヤモンド瀬戸内マリンホテル滞在
■各種運動:サイクリングにウォーキング、ボールトレーニングに、ビーチテニスやビーチエクササイズなど

中でも印象的だったのは、食事。旅行では地元ならではの食材や旬のものは食べたい。でもリトリート旅では、特別に豪華な食事を食べたいわけではないことも多いと感じます。特に長期滞在も視野に入れると毎日旅館のような豪華な食事は必要ないですし、年齢によってはカロリーや塩分も気になるところです。
今回は昼、夜、朝とすべて、カロリーは500㌔カロリー~600㌔カロリー代に抑えられていて、そのうえで目もお腹も満たされるように考えつくされた素晴らしい内容。ちゃんとお品書きには、産地や食材の効能もあるのがいいですね。

▼初日のランチ@たまの湯(500㌔カロリー代)
IMG_3012.JPG

続きを読む
posted by 村田和子 at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

【朝日新聞】Reライフで旅のワンポイントアドバイス

2月4日朝日新聞朝刊 Reライフ 紙面にて、旅のワンポイントアドバイスが掲載されました。
IMG_2575.JPG

今回のテーマは50歳から始めるヨーロッパの旅。
私も、まもなく50代。大人の旅をそろそろ開始したいと思っています。
ご覧いただきました皆様、ありがとうございました。
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

2月3日は節分→鬼退治→きび団子→可愛いパッケージ発見@岡山

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今日は節分ですね。恵方巻も食べ、あとは豆まきをするのみ。

豆まきといえば「鬼」ですが。先日岡山に訪れた際に、可愛いパッケージのきび団子を発見。
IMG_3143.JPG

右手の五味太郎氏のパッケージは、以前から可愛いなあと思っていた廣榮堂のもの。左は今回初めて見たのですが、山方永寿堂のもので、桃を開くと赤ちゃんが登場
IMG_2952.JPG

更に中はというと…
IMG_2953.JPG


かわいい!味も老舗でおいしい!ただ……犬がどうしてもオオカミに見えてしまうのは私だけ?
駅の売店でも売っているので、機会あれば買ってみてくださいね。おすすめです。
※ちなみに1月末にいったら、きびだんごと鬼のお面と豆がセットになって売っていました。なるほど!
posted by 村田和子 at 21:10| 東京 ☀| Comment(0) | 旅のお土産・お取り寄せ | 更新情報をチェックする

【Hanakoママ】ママのお悩み相談でコメント

保育園ママのための元気アップマガジン「 Hanakoママ」2月号の巻末コーナー
働くママを悩ませる100の事象 no17は、
「電車やバスに乗った際に、子どもじっと静かにできず大変です」
というもの。
IMG_3227.JPG

これに対して様々な意見が寄せられる中で、
先輩ママ代表としてコメントをしております。
web版でも掲載がありますので→ Hanakoママweb、ぜひご覧くださいね。
IMG_3228.JPG

また、今回紙面に載せられなかった話は、集者の取材エピソードとして掲載されています。
こちらもぜひご覧ください。
posted by 村田和子 at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

大丈夫。頑張れ受験生!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
本日も関東は積雪。どうぞ足元お気をつけて。また各学校とも遅延対応をしているようなので、大丈夫です。
落ち着いて安全第一で向かってくださいね。

2/1からは首都圏の中学入試が始まっています。
中学受験はこの3日が特に、受験ー発表ー入学手続きが集中し大変。
まだ小学生なので、その付き添いに、並行して発表があったりと親は体がいくつあっても足りないのです。
我が家も綿密にタイムスケジュールを組み、私ひとりでは無理と判断。夫に1日は手伝ってもらって対応した記憶が今でもよみがえります。体力も精神的にもつらい3日間でした。

そんな中の雪。当時の自分を振り返ると昨晩から眠れなかったかも。
本当にこんな時に…と恨めしく空を見上げてしまいますが、きっと大丈夫。
どうぞ落ち着いて向かってくださいね。
皆が実力を出し切れますように。心よりお祈りしております。
※帰宅されたら、どうぞ親御さんも温かくしてリラックスされますように。

20180113_みわ鈴.jpg
ラベル:中学受験
posted by 村田和子 at 07:43| 東京 🌁| Comment(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

【月刊 清流】今福島が面白い!を監修

2018年月刊清流 3月号の特集
今福島が面白い!

を監修させていただきました。
400IMG_3230.jpg

復興支援で語られることの多い福島を、今回は「福島を楽しむ」「元気になれる福島」をテーマに、
春の福島の魅力をどどんとご紹介しております。
400IMG_3231.jpg

戊辰戦争終結から150年ということで、福島ご出身のNHKアナウンサー、あさイチでもおなじみの柳澤秀夫さんも、故郷に寄せる思いを熱く語られています。
まだまだ避難生活をされている方も多い中ではありますが、こういった切り口の記事は地元の方もうれしいものだと思います。ぜひ今後増えるといいなと思っております。
機会あればご覧いただければ幸いです。

月刊清流
posted by 村田和子 at 13:42| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする