2018年09月17日

旅をして復興支援とは?~岡山(倉敷・矢掛・真備)&愛媛(道後)を旅して考える

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。「ためしてみよう!11府県ふっこう周遊割の旅(岡山&愛媛)」から戻りました。
周遊割の手続きの検証、そして何よりも旅を通じて復興支援という意味を、自ら体験し確かめたいとでかけました。
・全国的に災害が多く、被災者の皆様のことを思うとなかなか旅へ行くのが憚られる
・復興の仕事をされている方やボランティアの邪魔にならないか?(宿泊施設など足りなくなるのでは?)
・行っていいタイミング、雰囲気なのか?
そんな風に思っている方も多いことと思います。
640-IMG_0111.jpg

※倉敷美観地区の新スポット。語らい座 大原本邸。

「観光地には被害がありません」という面が強調されますが、ちゃんと観光できるかよりも、訪れていいものかどうか……自分だけ旅で楽しんでいいのかどうか……そんな思いから旅を控える方が多いのだと思います。
今回はプライベートだったのですが、偶然の出会いに恵まれ、豪雨で被害の大きかった倉敷市真備町の今の様子、そしてお隣の矢掛町で観光事業に携わられる方の生の声も伺うことができました。
IMG_0247 (2).JPG
※矢掛町役場にて。向かって右:矢掛町の活性化の仕掛人 株式会社シャンテ代表取締役 安達精治さん。前泊した宿で偶然にお目にかかり翌日街をご案内頂きました。左手:矢掛町役場 産業観光課 高槻 美希さん。電話で観光情報を伺った際に「わからなければ、土曜日当直で町役場にいるのでお気軽にどうぞ」といってくださった方。丁寧な対応に思わずお目にかかりたくなり押しかけました。

実際にでかけてた結論からいうと、
「旅を通じて復興支援」という思いのある方は、ぜひたくさん旅をしてほしい
被害がもっとも大きかった倉敷市真備町においても、ボランティアの方や復興事業で宿泊される方はいらっしゃるもののピークは過ぎ、旅行者が増えないと回っていかない状況だといいます。
640-IMG_0344.jpg

640-IMG_0332.jpg

※9/3に全線復旧した井原鉄道。下は鉄道車内からみた真備地区の様子。遠目には普通に見えてもよく見るとドアや窓がなく人が住んでいないのがわかります。

岡山の倉敷美観地区、愛媛の松山市内や道後温泉などは、豪雨の直接の被害はなく訪れた時も元気に賑わっていました。それでも例年と比較すると、豪雨の影響、そしてこの夏は猛暑で出控えも全国的にあり、厳しかったといいます。
夏休み、秋の三連休が終わった後が心配……という声が、多くの地域で聞かれます。
640-IMG_0577.jpg

※松山にて。道後温泉本館は来年1月15日から保存工事。それを見据え、新しい浴場「飛鳥乃湯泉」もオープン。


続きを読む
posted by 村田和子 at 16:06| 東京 🌁| Comment(0) | 観光で復興支援 | 更新情報をチェックする