2018年10月29日

全日本おっぱいサミット開催しました~旅するおっぱい(旅育)~

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
10月27日(土)、東京ウィメンズプラザにて、全日本おっぱいサミット~旅するおっぱいが開催され、旅育の専門家として登壇しました。(観光庁、内閣府後援の、子どもの授乳を考える真面目な会です)

IMG_0520.JPG
事前に実施した子連れ旅行のアンケート結果から始まり、旅行会社を経営されている木舟さん、私という順で旅育についてのミニミニミニ講演。
私からは、現在の子どもの日常は狭い世界であること⇒だからこそ外の世界を見せてあげる必要性があること、赤ちゃん連れで旅をしていると自然な流れで旅育へと続くのでは?という話もさせて頂きました。
(持ち時間4分のため、早口でご来場のお客様にはご迷惑おかけし、ごめんなさい。)

その後は、保育の専門家、玉川大学教育学部教授 大豆生田啓友氏、そして産婦人科専門医の村上麻里先生による各分野からの講演。

大豆生田先生からは「赤ちゃんにとってもママが元気が一番」という言葉を頂き、私も経験から言い続けてきたことが裏付けされたようで、とても嬉しく思いました。最近は赤ちゃん研究が進んでおり「何もわからないと思っているが、実は赤ちゃんの時から様々なことを理解している」という興味深いお話も。

村上先生からはお医者様の立場としてさまざまなお話が。女性は男性の約2倍、「うつ」になりやすいそう。産後うつの原因として「鉄分不足」も一因というお話も。子どもをたくさん産んだ昔の女性を比較し、現代は初潮も早く、出産回数も減り、生理が多い⇒鉄分不足になりがちだといいます。壇上にいながら、メモをたくさん取ってしまいました。

そして、モーハウスの授乳服による授乳ショーも!本当にモーハウスの授乳服、優秀。普通にだっこをしながら授乳ができるなんて!

質問も多く、1時間半という時間があっという間でした。
当日まで頑張られていた事務局の皆様、登壇者の皆様に心よりお礼申し上げます。

最後に司会は、株式会社ダイヤモンド・ビッグ社前社長の藤岡比左志氏。さすが旅で培った対応力で、初対面のパネリストをまとめ時間通りに終了。

結構直前までバタバタで大丈夫かしら?と思ったのですが、参加者の満足度は高く、良かったです。

旅育、またお話をできる場を多く持てればと思います。

■旅育BOOK~家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ amazon・全国書店で発売中(↓)

 




posted by 村田和子 at 08:01| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | 更新情報をチェックする