2019年01月31日

頑張れ受験生。積雪がひどくなりませんように

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。乾燥が続く太平洋側も今朝から雨がぱらつき、そして夜には雪になるとか。
明日は、都内の私立中学の受験日。よりによってこのタイミングとは。

明日が初めて、あるいは本命の入試というお子さんも多いなか、体調管理など親御さんのお疲れもピークのことと思います。お子さんには「大丈夫」と安心させつつ、今日のうちに万一の際の対応なども検討、明日は早めに列車の運行状況や学校からアナウンスがないかなど、確認されるといいですね。ひどくならないことを切に願っています。
中学受験は短期決戦。入試の付き添いや合格発表、手続きなど親もここから大変ですが、頑張ってくださいね。
我が家も早いもので来年は大学受験。だんだん親の出番は少なくなりますが、そうはいっても体調管理や手続きは気を遣い、大学は長期戦なので今からドキドキしています。
どうぞ全ての受験生が、ベストを尽くせますように。心よりお祈りしています。

奈良桜井にある知恵の神様、安倍文珠院 ジャンボ干支花絵
12801280P1150862 (2).jpg

■安倍文珠院 
posted by 村田和子 at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

【NHKラジオ・Nらじ】2019年旅のトレンド~休暇問題からイベント・おすすめ旅まで~

2019年1月30日、NHKラジオ Nらじ に出演。 2019年旅のトレンドをご紹介しました。主な内容は・・・

■2019年は休暇が多く旅へイキドキ
※大型連休10連休以外も、今年は連休が多い。カレンダーをチェック!
※キッズウィーク+有給休暇義務化 の相乗効果で家族旅行がしやすい。私も休暇問題は、2010年にいろいろ取材し、やっと今年環境が整うと期待しています。
 
*親子の休み方に関してのブログ(複数記事ピックアップ)

*忙しい子どもに旅行休暇を(朝日新聞)


■2019年旅のトレンド
ラグビーワールドカップから、テーマパーク、瀬戸内国際芸術祭、そして海外はハワイに注目(座席数UP)

■村田的おすすめ旅のスタイル
・クルーズからのフェリー
・民泊で住むように旅する
・人生100年時代を愉しむ旅
 キーワードは、健康と、家族の絆。私がイチオシのバウ・リニューアルについてもお話しました。

バウリニューアルはハワイのアウトリガー系のホテルでは、浜辺で宿泊者向けに無料で実施(要予約)→アウトリガ-私のリポート
国内でも都内ホテルや、日本のハワイ【ハワイアンズ】では、宿泊込みで二人で5万円ほどです。
→ハワイアンズ:バウリニューアル紹介
予約はこちら(3月以降はお電話で)
1280IMG_0582.jpg
本日は、内容が盛りだくさんで早口になってしまい反省。
そして大変お恥ずかしいのですが、即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)、そのまま読めば大丈夫と思っていたら、本番で頭が真っ白に。畠山さんに助けて頂きました。そんな恥ずかしい場面もございますが、以下でお聴きいただけます。
■Nらじ、聞いて得する情報(1/30放送分)
posted by 村田和子 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

本日NHKラジオ【Nらじ】に出演。2019年の旅のトレンドをお話します!

本日は、2019年になり、初めてのNHKラジオ【Nらじ】の出演日

すでに2019年も1か月が過ぎ去ろうとしていますが、今年旅を計画する際に知っておくと便利なトレンドをご紹介予定です。
コーナーは18時20分ぐらいからスタート。10分ほどの出演になります。お時間あればぜひ。

<追伸>
今年は、休み方を考えるきっかえにもなりそうで、そんなところもお話しできればと思います。
※旅行と休暇は切っても切り離せないと、かなり取材などもして、朝日新聞のオピニオンに「子どもにも有給休暇を」が掲載されたのが2010年。
やっと一歩を踏み出しつつあると感じます。

■親子の休み方に関してのブログ(複数記事ピックアップ)

■忙しい子どもに旅行休暇を(朝日新聞)

20190130.JPG

http://www4.nhk.or.jp/nradi/

posted by 村田和子 at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | Information(お知らせ) | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

本場イタリアのからシェフも来日。Buono! Buono! ITARIA FAIR @プリンスホテル

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日は、プリンスホテルの東京シティエリア、および新宿、新横浜で2/1~開催される
Buono! Buono! ITARIA FAIR のお披露目のイベントへ伺いました。
1280P1170028 (2).jpg
イタリア大使館からは 商務経済参事官 エンリーコ ヴァッターニ氏がお見えになりご挨拶。
株式会社プリンスホテル 専務執行役員 武井 久昌氏からは、プライベートでイタリアに毎年出かけられ車で各地を回ること、旅に関するユニークなエピソードなどが語られ、本当にイタリアがお好きなのが伝わる一幕も。
1280P1170033 (2).jpg
会場は氷の彫刻でつくられた”真実の口”や、ピサの斜塔があったり、カンツォーネも披露。
もともと日本人の大好きなイタリア料理ですが、手軽なビュッフェからコース料理まで、各ホテルごとレストランごとに特徴があります。
1280P1170030 (2).jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 16:46| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

旅で食べたい健康美食!糖質OFF・コースで675.5カロリー@清水

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日の奈良ツアー帰りに、新幹線を静岡で途中下車。在来線に乗り換えて、向かったのは清水駅!初めて下車しましたが綺麗な駅で、目の前には富士山。ロータリーには大きな円のオブジェもあり、晴れていて気持ちよかったです。
1280IMG_1609.jpg
駅前にあるホテルクエスト清水へ伺いました。ヘルスツーリズム振興機構が主催する会でお目にかかった 代表取締役 竹内佑騎氏と一緒に。
(私の著書「旅育BOOK」を手にしていただき記念撮影)
1280IMG_1622.jpg

伺った目的は、低糖質、低カロリーの「駿河湾レシピ」。もともとは「糖尿病の患者様にも、食の楽しみを」ということで、お医者様や栄養士の方の監修のもと ホテルクエスト清水の料理長 青木シェフが試行錯誤して実現をしたものです。
1280IMG_1628.jpg
静岡産の海の幸や野菜を使った駿河湾レシピ(ランチコース)は、前菜、スープ、パスタ、お肉、ドルチェ、パンというコース料理で、カロリーは675.5キロカロリー、糖質34.4グラム、塩分2.9グラム。通常のパスタ(ペペロンチーノ)一皿よりもヘルシーというから驚きです。

ただ体に良くても味がどうかわからないと……とうことで実食。結論からいうと、説明を伺わず食べたら低糖質とは気が付きません。地元の食材や野菜もたっぷりで、美味しく量も十分。大満足です。
ここに、低カロリー、低糖質、塩分控えめの付加価値がつくのですから……すごいこと。糖尿病の患者さんだけではなく、最近は遠方からもうわさを聞き、糖質ダイエットや未病目的でいらっしゃる方も多いというのも納得。

内容はというと、まずはお野菜と魚介がたっぷりの前菜。駿河湾レシピは、材料の90%以上が静岡産。ピンク色の綺麗な野菜は、紅くるり大根をビューラーで削ったもの。目に美しく、野菜の食感の変化も楽しめて、何よりも日頃の野菜不足解消になります。
1280IMG_1632.jpg続きを読む
posted by 村田和子 at 15:47| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

奈良の素晴らしさを連載で~運慶・快慶作の仏像鑑賞と奈良のうまいもん巡り!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日ご縁を頂き、JR東海様のプレスツアー「運慶・快慶作の仏像鑑賞と奈良のうまいもん巡り」に参加をさせて頂きました。
最近首都圏では、CMも多く流れていますが、昨年興福寺の中金堂が300年ぶりに復興され、公開が始まっています。
興福寺ポスタービジュアル.png

実は私の実家は奈良にあるのですが(※住んだのは大学の4年間だけです)、最近になって年齢もあるのか、古から続く奈良という土地の魅力を改めて感じています。写真は東大寺の二月堂。お水取りで有名ですが、私はここの夕暮れが好きなんです。
1280P1150685.jpg
昨年末も、帰省した時に奈良市内に宿をとって観光をしたのですが、昔なら20時を過ぎたらさみしかった中心街も、古民家を改装したお洒落スポットなどが多くてびっくり。とても1泊では足りず再訪したいと思っていたところだったのです。

しかも行程を見た瞬間、目がハートに。女性にはたまらないスポットが満載!
それもそのはず、奈良へ何度も足を運んでいるJR東海の敏腕の広報女性スタッフの方が厳選して計画されたとのこと。噂に聞いて気になっていたお店、ヘルシーでお洒落、お酒も楽しめる粋なスポット、訪れる前からテンションMAXです。
実際に参加してみて、「うまいものなし」と言われた奈良で、こんな素敵な食事を頂ける日が来るとは……夢のようでした(以下のお写真、すべて違う場所です)
■大和野菜をフレンチベースの和食でいただけたり
1280P1150715 (2).jpg
なんと、奈良で冬にかき氷?
1280P1150651.jpg
こちら、ずーっと行きたかった場所。田んぼの中のオーベルジュ↓
1280P1150885.jpg


そして、奈良が好きな方は皆さん「奈良は仏像が素晴らしい」といわれるのですが、冒頭の興福寺の他、東大寺、安倍文珠院、岡寺の4つのお寺をめぐり、僧侶の方にご案内を頂きました。
奈良は、1300年以上に渡り人々の営みが続く歴史ある地。実は歴史は少々苦手分野だったのですが、興味が湧き、古事記や万葉集なども、学びなおそうと思っています。

訪れた中から、特に私の琴線に触れたスポットを順次ご紹介します。お楽しみに。

JR東海「うましうるわし奈良」のホームページでは、奈良に旅立ちたくなる情報が満載。ひとりでふらっと訪れる際にも参考になります。特に私がおすすめしたい特集が、「私旅プラン」。
さまざまな方が、自分好みの旅を紹介しているのですが、なかなかディープな情報もあって、どれも素敵。
■私旅プラン(うましうるわし奈良~JR東海)
posted by 村田和子 at 02:21| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

JATA新春会見田川会長のお話から。2019年の旅行業・10連休などを考える

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
新年早々に催されたJATA(日本旅行業協会)の新春会見の話を今頃ですみません。

会長の田川氏がお話しくださったのですが、とても勉強になることばかりで、10連休のご取材を頂くことも多くなり復習中です。

2018年年初に田川氏は、旅行業界を表す漢字として「備」を挙げられたそう。では、2019年は???ということで、選ばれたのが「挑」。
田川氏いわく「チャレンジしてトライを決める年」とのこと。

ゴールデンウィークの10連休、国際観光旅客税(出国税)、大阪で初めて開催されるツーリズムエキスポ。
ラグビーのワールドカップ、消費税引き上げ、オーバーツーリズムの問題、DMO、働き方や休み方などなど。
会見後の記者からのQ&Aも、とても盛り上がりました。
IMG_1242.JPG
私の独断と偏見で3点ほど会見からご紹介いたします

■10連休は、働き方、休み方の実験の場としても注目
旅行業界としては好機であり、実際に旅行の申し込みも動き始めている。
ただそれだけではなく、皆で同時に一緒に休むこの機会を、働き方、休み方の実験の場として注目している。
今年の動向を踏まえ、今後の施策に生かしていく必要性がある。
というのも10連休はウェルカムな人ばかりではないし、休めない人もいる。
例えば時給換算の派遣の方はありがたくない人もいるだろうし、サービス業で休めない人もいる。
様々な意見をまとめ、今後どうあるべきかに活かせるように業界としても働きかけていく。


■今後の旅行業は多様化が進む
大きく旅行業には、代理店機能(あるものを売る手数料ビジネス)と メーカー的な役割である物を作りfeeをもらう機能がある。
現状はOTAの台頭により、旅行業としては代理店機能は減少、メーカー的な役割を強化する傾向にあるが、どういったバランスでかじ取りをするかで、旅行業といっても各社の特徴がわかれてくるのではないか?多様化が進みそう
(※JRは駅ナカビジネスで成功しているが、そういった旅行だけではない展開も検討の必要性)

一方で海外からOTAをはじめ、様々なビジネスが国境をこえてくるにあたり、国際的な旅行業法の在り方を考える必要性が出てきそう。


■ラグビーワールドカップは地方に注目が集まるイベント
全国12の会場の他、練習場もあり、地方が注目、観光と紐づけられる数少ない国際的なイベント。
すでに日本でも決勝や準決勝などの好カードは、抽選販売されたが、ぜひマイナーな試合にも足を運んでもらい周りを観光する動きにつなげることが重要。
海外からの観戦も、欧米は好調だが、アジア圏の人にどれだけ響き集客できるかが鍵(15人制ラグビーはアジアでなじみが薄い)


一時も聞き逃せない、ワード、お話が満載。特に働き方、休み方については、キッズウィークも昨年から取り組みがはじまり、有休取得義務化の動きなどもあり、議論がされる機会も増えそうです。

田川氏のお話を直に伺うのは、本当に貴重な機会だと聞いています(JTBの会長でもいらっしゃいますが、なかなか社員の方でも叶わないというお話も耳にします)。お声がけ頂いたJATA広報室長の矢嶋様に感謝です。

2019年も観光業界はいろいろありますが、私も「旅を通じて人・地域・社会が元気になる」の活動スローガンのもと頑張ります。
そしてどうぞ、平和で災害のない一年でありますように。

※参考:2018年12月のJTBマスコミ懇親会(高橋社長のお話)はこちら
posted by 村田和子 at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

ベッセルホテル全店で18歳以下添い寝無料&ベッセルホテルカンパーナの朝食がすごい!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。16日にリリースされた
全国のベッセルホテル全店で、2019年3月1日(金)より「18歳以下添い寝無料」をスタートで、家族旅行の意義(特に中高生)や旅育についてコメントをしてます。
子どもの成長に伴い教育費などもかさむのに、中学生になると旅費も宿泊費も、ほとんど大人と同じ料金!反抗期などちょっと難しい年ごろでもあり、しかも忙しい中、家族旅行から縁遠くなるご家庭が多いのが現状です。
キャンペーンイメージ.jpg
1280IMG_1113.jpg
ただ我が家も回数こそ減り、旅のスタイルもかわりましたが(中学生からは旅仲間。子ども扱いはしませんでした)、行ったらいったで、子どもの成長を感じること、将来に役立つこととの出会い、違う環境で子どもとじっくり向き合えることもありました。
ベッセルホテルさんの取り組みが、費用面で家族旅行を控えたり、諦めている方の強い後押しになるのではないかと思っています。
1280IMG_1041.jpg

ちなみに「18歳って中高校生と添い寝するの?」という方もいらしゃるかと。ベッドは広くて大人二人でも十分ですが、我が家も息子(高校生)と添い寝はしません……私が良くても息子が嫌がる(笑)。だからと言って夫と息子もないですね。
ということで、我が家ならば、ツイン利用で夫婦で1ベッド、息子はひとりで1ベッド占領というスタイル。添い寝にとらわれず、ベッドをどう使うかを柔軟に考えると、結構いろいろなパターンができそうです(娘さんだったらお母さんと一緒に寝るのは全然ありですよね。)

私もベッセルホテルカンパーナ京都五条に宿泊をしたことがあるのですが。
1280IMG_1133.jpg
お部屋も京都らしい雰囲気が漂い土足厳禁なので、小さなお子様にも安心。大浴場も完備で、のびのび旅の疲れを癒しリラックスできます。
1280IMG_1070.jpg
中でも感動したのが、朝食(ちなみに家族と一緒の12歳以下のお子さんは朝食も無料)
70種類以上という中には、京都の体に優しいおばんざいをはじめ、コーヒーは小川珈琲、進々堂のパン、南禅寺の湯豆腐など、土地ならではの味を楽しめるメニューも満載。和食、洋食どちらをメインにしても十分な品ぞろえで本当に美味しいのです(詳細はこちら)。
1280IMG_1111.jpg

1280IMG_1115.jpg

1280IMG_1103.jpg

私は朝食前に東本願寺で朝のお勤めに参加し(ホテルから徒歩5分ほど。予約なしで誰でもOK)、気持も改まった中で美味しい朝食。
心地よい時間でした。
1280IMG_1143.jpg
未就学のお子さんの貸し出しグッズ、大浴場には赤ちゃん用のシャンプーやイスもあるので、小さなお子様連れにはとっても快適。
1280IMG_1073.jpg
1280IMG_1011.jpg
ぜひ機会あれば利用してみてくださいね。カンパーナブランドは、全国に京都・名古屋・沖縄の3箇所。他のブランドを含めるとベッセルホテルは全国21か所で展開されています。


ベッセルホテル

■春休みに実施の「平成最後の家族旅行!応援特別プラン」は、おとなも含めて朝食が無料。思い出つくりの特典もありお得。ぜひお見逃しなく。
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

ストロベリー&ルビーで春色デザートビュッフェ~ANAインターコンチネンタルホテル東京

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
ご案内を頂きANAインターコンチネンタルホテル東京のシャンパン・バーで1月15日スタートする
「ストロベリー&ルビー ときめくデザートビュッフェ」の発表会へお邪魔しました。
1280IMG_1344.jpg
いちごは、この季節、イベント食材の定番。ですが、こちらは、いちごと第四のチョコレートといわれるルビーチョコがコラボ。
一面、ピンク色で春が訪れたよう。(ルビーチョコについてはこちらの記事へ
1280IMG_1354.jpg
苺のスイーツは21種、ルビーチョコレートを使った11種のスイーツ。加えて13種類のセイボリーもあって、ランチなどにもよさそう。
フォトジェニックでインスタ映えも抜群。※私はあまり上手でなくて申し訳ないです。
1280IMG_1365 (2).jpg
4月26日までの開催。自分へのご褒美やお祝いにもいいですよ。
他にもホテル館内では、ストロベリー・センセーション~恋する季節 として、苺をテーマに様々なイベントを開催。
寒い季節にほっこりと温かくなりたい……そんな時にぜひ。
1280IMG_1353.jpg
■ANAインターコンチネンタルホテル東京
■「ストロベリー&ルビー ときめくデザートビュッフェ」

posted by 村田和子 at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

新年会&映画「半世界」スペシャルギャラリーatハワイアンズ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
ハワイアンズを運営する常磐興産グループの新年会にお招きいただき、ハワイアンズへ。500名以上が集まる盛大な会では、社長の井上直美氏やいわき市長からのご挨拶、鏡開きに、フラガールのショーなど、とても華やか。大勢の人で、ご挨拶したい方にお目にかかれるかと心配したのですが。ご縁のある方とは、出会えるものです。近況をご報告し、美味しい食事も堪能。今年も頑張ります。
IMG_1168.JPG
新年会は夕方からだったので、ロマンチックハワイアンズの自主取材(笑)。まずはキャンペーンキャラクター稲垣吾郎さんの主演映画「半世界」の特設ギャラリーへ。
IMG_1152.JPG

こちらは高低差日本一のビッグアロハの麓?にある、カフェにて開催中。
IMG_1389.JPG
とても場所がわかりにくいのですが、「ビッグアロハ」を目指し、ビッグアロハの受付を左手に進んだ奥のエレベーターでどうぞ。
迷ったらスタッフの方にビッグアロハの場所を聴けば丁寧に教えてくれるはずです!!
IMG_1145.JPG
映画公開前なので、グッズなどもどういった場面で使われるのか、まだわからないのですが。これはこれで、ちょっと想像しながらみるのもいいかも。ギャラリーは無料ですが、せっかくなので、コーヒーと竹炭あられ(←これが見た目もインパクトあるのですが、とにかく美味。お土産も購入)のセットを頂き、椅子に座って紹介ビデオを見ると……自分の人生と重なって映画……見に行こうと決意。
IMG_1147.JPG
IMG_1408.JPG
人生の半ばが見えた時に、だれもが考える不安やあの時こうしていればという後悔のようなもの、あるいは残りの人生をどういきるかということ、そんなことが描かれるのかなと、勝手に妄想中です。

ハワイアンズのスタッフは、いわき弁の方も多いのですが、ほっこりと癒されます(お客様お待ちしています~とのこと)。
1280IMG_1411.jpg
ギャラリーの下にはビッグアロハの着水プールと、横に足湯もありますので、お時間あればご一緒にどうぞ。
1280IMG_1420.jpg
そして、稲垣吾郎さんがラッピングされたバスが見られると聞き、日帰り駐車場P2へ。新宿から到着したラッピングバスは、こちらで休憩しているようです(※駐車場なので、車に気を付けて見学しましょう)。晴天で、吾郎さんも嬉しそう?!

IMG_1386.JPG
IMG_1383.JPG
ちなみに15時にホテルハワイアンズ前から出発予定。少し早めにいくとそこでも見られます。

続きを読む
posted by 村田和子 at 01:50| 東京 ☔| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

ソニー銀行webサイトへ寄稿「変化の激しい時代にこそ、家族旅行が重要な3つの理由」

ソニー銀行のwebサイトへ、旅育コラムを寄稿しています。第一回は
 「変化の激しい時代にこそ、家族旅行が重要な3つの理由」

年末年始、家族で旅をされた方は振りかえりつつ、家族旅行の意義を年始に考えてみませんか?
「変化の激しい時代にこそ、家族旅行が重要な3つの理由」
旅は人生を凝縮した体験ができる……そんな風に思います。

20190108soni-ginnkou様.JPG


試歩さんの絶景ブログや、海外でのお得なマネー術などの情報もありますので、ぜひのぞいてみてくださいね。


■できる、ひろがる。ソニー銀行

posted by 村田和子 at 10:52| 東京 ☀| Comment(0) | 【仕事実績】旅行記・コラム執筆 | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

水戸岡鋭治氏の豪華バス、東京に登場「クラブツーリズムファースト」

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
クラブツーリズムの、水戸岡鋭治氏デザインの豪華バス「クラブツーリズムファースト」の発表会へ行ってきました。
会場は、なんと元日に訪れたホテル雅叙園東京。しかも発表の会場も同じで、なんだかご縁があるようです。
1280IMG_1292.jpg
デザインコンセプトは「心に残る旅立ちのステージを」
懐かしさと新しさを共存させたという車内は、寄木細工のフロアーや天井が格天井だったりと木をふんだんに使い、細部まで拘りの空間はバスとは思えないほど。
1280IMG_1247.jpg

1280IMG_1249.jpg続きを読む
posted by 村田和子 at 08:30| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

仕事始め~お正月は伝統芸能「能鑑賞」でスタート~

こんにちは、旅行ジャーナリストの村田和子です。本日から仕事始めや学校の方も多いことと思いますが、1週間頑張りましょう!
私は、1/4からゆるゆると仕事を始めていたのですが、本日はメールの嵐。一気に目が覚めました。我が家は、昨年末に息子と関西方面にあいさつ回りを兼ねて旅をしてお正月は自宅でのんびり。メインのイベントは、元日の夜、雅叙園ホテル東京で催された「能・喜多流・雅の夕べ」への出かけでした。
IMG_0922.JPG
能をきちんと見るのは初めてでしたが、今回は能の鑑賞の仕方や、使われる楽器の説明(鼓でも、湿度があった方が良いもの、ない方がいいもの、それによって演奏に先立つ準備も違い、音色も様々ということなど。とても勉強になりました)。さらに出演者に装束・面を付けていく過程を解説を交えながら拝見できるなど、初心者でも(だからこそ)楽しめる内容でした。
1280IMG_0939.jpg
能楽は型として映していくもので、こう見せたいと舞うモノではないそう。それをどう見るかは、見る人それぞれで違ってよいとのことで、実は身近に楽しめるものだといいます。
1280IMG_0918.jpg※「お能は、二十歳になるまえから」のキャッチフレーズが目を引きます。

雅叙園ホテル東京の和室宴会場「鷲」の絵にちなんで、華やかな歌会の様子を舞う「草紙洗小町」は、仕舞で。
1280P1150602.jpg
そしておめでたい「高砂」の舞を鑑賞してスタートした新年。
素晴らしい一年となりますように。

そして、今年はどうか平和で自然災害が少ないようにと祈るばかりです。


(参考)能・喜多流・雅の夕べプログラム
1.新年のご挨拶
能楽について、本日の公演についてのお話し

2.仕舞「草紙洗小町」
会場の画に因んで紋付袴で舞う一番

3.囃子の実演と解説
笛、小鼓、大鼓、太鼓が揃っての演奏と楽器の解説

4.能装束の解説と実演
続けて上演する「高砂」の出演者に装束・面を付けていく過程を解説を交えながらお見せします

5.「高砂」 ※部分上演
住吉明神が顕現して颯爽と舞う新年を寿ぐに相応しい能を代表する祝言の曲、今回は一曲最後の部分の上演です

<出演>
シテ方喜多流:長島茂、粟谷浩之、内田成信、塩津圭介
笛方一噌流 :藤田貴寛
小鼓方幸流 :森貴史
大鼓方葛野流:原岡一之
太鼓方観世流:林雄一郎

posted by 村田和子 at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

640-P1080185.jpg

※写真は昨年訪れた来運神社(北海道北見市)
年末に一年の振り返りをと思っていたのですが、忙殺されて新年に突入してしまいました。
年始から反省しながらも、どこか今までのように「今年こそは!」という気負いがないのが不思議です。
実は50歳を迎える節目の一年。
日々平和に過ごせることに感謝しつつ、「いまこの時」を大事に丁寧に暮らしたい…そんなふうに思っております。

昨年は、多くの方の力を借りて、今までの活動を家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ 旅育BOOKとしてまとめられたのが
一番のトピック。ご協力頂いた皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。
今年は旅育の環境を整えるべく頑張ります。

また、子育てがひと段落する、これからの自分にとって、旅ができることを模索する一年にもなりそうです。
どうぞ、本年も引き続きよろしくお願い致します。

年始ですが、昨年(2018年)の歩みを備忘録として掲載しておきます。
北海道と近畿にご縁のある一年でした。2019年はどんな旅との出会いがあるのか……今から楽しみです
■2018年歩み備忘録(各月の旅トピック)
1月:岡山県玉野市へ。ヘルスツーリズム取材。瀬戸内海に面した素敵な場所。将来移住もありかも。
2月:長野の星野リゾート(星のや軽井沢、界松本、界アルプス)へ。仕事ながら幸せ!
3月:書籍の取材で、リニアに乗車(山梨県大月市)。貴重な体験に感謝
4月:北海道豊富町へ。アトピーなどの湯治湯として有名な温泉、風光明媚な景色に感動。
5月:GWは関西の実家巡り&滋賀県の琵琶湖ホテル。滋賀県GWでも穴場。
6月:★書籍発行。唯一旅に出なかった月(脱稿時に和歌山県へ一人旅の予定が、悪天候で条件便となり取りやめ)
7月:OMO大塚へ。息子は十年ぶりにスタッフの方と再会。いざ、OMOレンジャーへ。大塚、奥深い!
8月:夫婦で北海道の旅。川湯・網走・知床の自然と食を満喫。北海道、やはり素晴らしい
9月:ふっこう割の仕組みを確かめるべく、岡山・愛媛の一人旅。岡山真備町を目にして旅で復興支援の意味を考える
10月:7年ぶりに北海道トマム&OMO旭川。雲海テラスの進化がすごい。秋の北海道を満喫。
11月:神在月の出雲大社へ。ホーゲルパーク、堀川めぐりなど、松江の街も魅力いっぱい。
12月:奈良県大神神社へお礼参り。息子とご神体の三輪山に登拝。2019年が平和でありますように

posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする