2010年01月12日

無料で旅行情報収集OK!~旅の図書館(東京)

IMG_4263.jpgこんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日、財団法人日本交通公社が運営する旅の図書館にお邪魔しました。
旅の図書館は東京駅の八重洲口を出てすぐという便利な立地にあり、誰でも無料で利用可能な図書館です。
その名の通り、旅行に役立つ書籍~国内・海外のガイドブックから地図、資料、データ集などあらゆるものが揃っています。旅行業界の方、マスコミの方が調べものに利用するのはもちろん、旅行者の方も多く訪れるそう。卒論でいらっしゃる学生さんもこれからの時期多くなるそうですよ。

地下にあって、知る人ぞ知るという雰囲気に、
IMG_4261.jpg大々的にご紹介してはいけないのかしら?と思ったら「一般の皆様にも、どんどん活用して頂きたい」と、館長の渡邉様。

久しぶりに訪れると、鉄道関係の書籍が多くてワクワク。残念ながら時間があまりなかったのですが、ゆっくりと一日いても飽きません。

貸出はしておらず、閲覧のみになりますが、資料のコピーもできますので上手に活用されるといいかと(※個人利用など著作権法の範囲内に限る)。


IMG_4262.jpg例えばガイドブックを買っても2・3ページしか掲載のない地域などの場合、複数のガイドブックの該当ページをコピーすればオリジナルのガイドブックもできてしまいますよね。

ちょっと残念なのは財団法人の運営ということで、開館時間が、平日午前10時~午後5時半までなこと。ただ1月23日(土)にはイベント(昭和レトロを楽しむ旅)もありますので、この機会に覗かれてみてはいかがでしょう?
便利な立地ですので、仕事の合間に、また平日に時間が取れる方なら、一日こもって旅気分に浸るのもよさそうです。


IMG_4259.jpg財団法人日本交通公社は、観光文化の振興を目指すシンクタンクということで、調査や業界向けのセミナー、そして出版と様々な活動をされています。今回は「観光文化」編集長でいらっしゃる外川様にもお目にかかりました。

外川様は、「旅育」の授業を小学校などでもされていらっしゃるとのことで、いろいろとお話を伺い大変勉強に。「観光文化」はホームページでPDFの公開もされています。丁度最新号は平城遷都1300年の特集。ご興味のある方、のぞいてみてはいかがでしょう?

外川様、渡邉様、お忙しい中ありがとうございました。
(お写真向かって左:外川様、右:渡邉様)

旅の図書館
posted by 村田和子 at 09:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック