2011年03月19日

旅行プラン紹介~お子様とリラックスしたい方へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今日は小学校の卒業式があり、在校生として息子も出席。既に帰宅し、さてこれからどうしようか?パパは仕事だし……と相談中です。最近私自身も心の余裕がなく子供にもそれが伝わっているのを感じます。『こんな時だから我慢。被災地の子はもっと大変……』と、つい息子にも我慢を強いたり強い言葉をかけることもあるのですが。子どもにとっては、大人のように状況を理解できるわけもなく、怖い映像をテレビで見続けて、周りがピリピリしていて、子供なりにストレスがあるのだろうなあと、ちょっと反省も。春休みに入ったら旅行の計画もあるので、そんな話をしつつ、楽しく過ごせるように考えたいと思います。

250-WS000010.jpg今日の日経新聞にも、『レジャー施設営業縮小続々』という記事が載っていましたが、東京ディズニーリゾートも計画停電や交通機関が落ち着くまでの間、クローズと発表があったり、時間を短縮して営業する施設が多いようです。キッザニアは『営業自粛の話もあったが子どもたちの遊ぶ場所も必要と判断』とのことで、第一部のみの営業に。売り上げの10%を被災地に送るという取り組みもされているので、お出かけしてみるのもいいかもしれません。(明日以降、まだ空きがあるようです)

また今回の余震が長引く中で、小さなお子様や赤ちゃんがいるママは、さぞ心細く心労が絶えないことと思います。赤ちゃんや小さなお子様連れに人気の山梨県リゾナーレでは『安心1週間滞在プラン』を急遽発売。

250-WS000011.jpg
6泊7日のルームチャージが45,000円(1室あたり5名様まで)。お部屋も赤ちゃん連れが快適に過ごせるように配慮があります。その他、books&cafe(写真上)には、絵本も沢山ありますし、幼児や小学生のお子様ならGAOという子ども向けのアクティビティも。

他にも、被災者の方向け、あるいはそれ以外の方に向けて、旅行業界も取り組みが少しずつ動きだしています。これから被災者の方、そしてそれを支える周りの方、様々に特にメンタルに関するケアが必要になってくることでしょう。一方でレジャーという観点では厳しくなる旅行業界、旅の本当の力をしっかりとPRして、それぞれのマッチングをすること。今自分にできることだと感じています。




※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
※取得資格:一級販売士・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者
※2010年10月家族旅行、子連れ旅行を応援する家族deたびいくオープン!
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006


posted by 村田和子 at 10:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東日本大震災×旅行 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック