2011年07月13日

情報交換ランチ会~JTB広報室の皆様と

250-IMG_8202.jpgこんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
お声掛けを頂き、JTBの広報室の皆様と情報交換を兼ねてランチをご一緒しました。
久しぶりに伺うとJTB本社の1階には、歴代の時刻表の表紙が飾られていました。


250-IMG_82011.jpgこれ圧巻です。古いものは大正時代…1925年!!!ってパリ万博の開催の年ですね。歴史を感じるとともに鉄道好きにはたまらないだろうなあと。


250-IMG_8203.jpg時代とともに変わるデザインは見ごたえ十分。
そして……こういったものをみるとやはりやってしまいます。ジャジャン!自分の生まれた年月の号を表紙発見!!絵ではなく、このころには写真になっていたようです。でもなんか昭和の香りがしますね。
さて本題に。ランチ会をご一緒させていただいたのは・・・・・・・。

250-IMG_8199.jpgブランド戦略推進部部長の今泉様(前列向かって左)、広報室長の波潟様(前列右)、広報室の芦沢様(後列右)、佐藤様(後列左)。お忙しいのに皆様、本当に貴重なお時間をご一緒頂きありがとうございます。

震災もあって暫くご無沙汰してしまい、お目にかかるのは半年ぶりぐらいでしょうか。お弁当効果か(※健康の為に流行っているそうです!)、はたまた激務のせいか、よりスリムに綺麗になられた皆様。写真に一緒に映るのが恥ずかしく、私も食生活を見直そうと思います。

ランチ会では、震災時の話やそれ以降の状況、また先日JTBより発表された旅行動向の件など貴重なお話を多数頂きました。随分と平常の状況に広報室内もなってきているそうです。
また『訪日の戻りはまだ当面厳しい。でも国内の旅の意欲は大幅に回復してきている』という話に。

私もフォートラベルの調査で『自粛ムード終息 』というリリースを発信させていただいておりますが、本当にこの点はちょっと明るい兆しです。新聞でも軽井沢などは昨年を上回る予約状況と出ていましたし、今年は見ていて国内旅行の単価が下がっているのを感じます。長い休暇が注目される中、『震災後なかなか休みが取れない』という方も多いと思いますが、短い時間でも日常から離れ、家族の絆、自身のメンテナンスをすることは大切。ちょっと探してみると結構いいものにめぐり合えるかも。


250-IMG_8205.jpg首都圏のホテルなども、訪日需要が回復しない中、通常は手が届かないものも非常にリーズナブルになっています。(体が沢山あったら、泊まりたいところがいっぱい私もあります。)
JTB広報室のお話によると、ここ1週間ほど、間際の予約の伸びがすごいらしいです。どうしようかなあ?と思っている方、ぜひ早めにご検討ください。
旅の良さを実感してこそ、次の旅につながるというもの。日帰りでもプチトリップでも、まずは『行って良かった』という体験を多くの方にしていただくことが将来の観光において重要だと思っています。

また、海外へお出かけ予定の方、燃油サーチャージが非常に上がっています。ツアーはサーチャージ込みのものとそうでないものがありますので、しっかりと確認をお忘れなく!

写真はJTB本社の受付に貼ってあったポスター。東北支援のポスターの横には、JTBの新しいスローガン『感動のそばにいつも』のポスターが。実はJTBは来年3月12日に100周年を迎えます。こちらの準備も着々と進めていきたいと、ブランド推進部長の今泉様。楽しみにしたいと思います。

JTB広報室の皆様、ありがとうございました。



※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
※取得資格:一級販売士・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者
※2010年10月家族旅行、子連れ旅行を応援する家族deたびいくオープン!
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006


posted by 村田和子 at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行取材・執筆報告&裏話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック