2013年GWの旅行動向は?ねらい目は?

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
本日アドバイザーを務めるフォートラベルから「2013GW旅行動向調査」が発表されました。

2013年 GWの過ごし方アンケート結果
―海外旅行は中国・韓国を避ける傾向、国内旅行は飛行機利用で遠方へ。LCC影響か?―


今年は、前半の休暇3日、後半の休暇4日間の間に平日が3日間入る為、なかなか長期で休暇を取りにくい傾向にあるようです。また短期間で行ける海外の定番、韓国や中国は、外交問題や環境問題などで避ける傾向に。毎年GWでは海外旅行先の上位に挙がっていた韓国、今年はランク外となっています。

また昨年のGWとの違いは,やはりLCCがあることでしょうか。昨年のこの時期に就航していた日系LCCは関空を拠点とするピーチだけ。エアアジアジャパンやジェットスタージャパンは、まだ就航前だったんですよね。そんなこともあってか、今年は北海道や沖縄が国内旅行の旅先として伸びています。

さてこれから、媒体では「まだ間に合うGW」という特集が多く組まれますが・・・。
いくつかポイントを挙げるとすると
1.国内旅行は前半(4/27-4/29)の方が取りやすい
2.いっそ日帰りで予定を組んでみるのもおすすめ。特に首都圏在住の方は、この機会に昨年からオープンしている新名所に 訪れてみては(国内は需要が伸びておりツアーや宿の直前値下がりも期待薄の予感)
3.海外旅行は韓国、中国を中心に、プライスダウンも期待できます

そして…以前ご紹介した、GWの海のLCC(ローコストクルーズ)も、まだ間に合う会社もあります。
ぜひ、ご予定がまだの方、参考にして計画をしてみてくださいね。

そして東北地方も桜が満開の時期。東京はあっという間に桜が通り過ぎお花見を出来なかった方も多いのでは? 観光としても楽しめ、且つ震災の爪痕も残る東北も、まだの方は是非訪れてみてはいかがでしょう?

その他の会社のGW概況リリースは以下からどうぞ
2013年 GWの過ごし方アンケート結果
―海外旅行は中国・韓国を避ける傾向、国内旅行は飛行機利用で遠方へ。LCC影響か?―
楽天トラベル  2013年ゴールデンウィークの旅行動向を発表
【ゴールデンウィーク】総旅行人数2279万6000人と過去最高の見通し、国内旅行がけん引…JTB調査



※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
※取得資格:一級販売士・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者
家族旅行、子連れ旅行を応援する「家族deたびいく」もよろしくお願い致します!
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック