2013年11月01日

花乃井、「星野リゾート 界 遠州」へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
あっという間に11月。今月の初仕事のため、新幹線へ。久しぶりに浜松で下車し、星野リゾートの花乃井が、界 遠州 へリブランドするとのことで、現地発表会へ向かいます。
浜松駅からバスで40分、浜名湖畔に佇む「星野リゾート 界 遠州」に到着。
400-IMG_2277.jpg
館内に足を踏み入れると、心地よい香りが出迎えます。静岡の名産であるお茶と柑橘系をブレンドしたオリジナルのアロマは、すっきりとした中にも格調高い素敵な香り。
発表会には、星野社長も登壇され、各ブランドのコンセプト、今後の戦略などについて説明。
400-IMG_2146.jpg
東京での発表会とは異なりアットホームな雰囲気の中、「よく起業家といわれますがぼくで三代目です。これが僕の幼少の頃です」と星野社長。よく星野リゾートの発表会で目にするバックの写真に写るお子様が、星野社長であることを私も今回初めて知りました。


400-IMG_2164.jpg「界ブランド」については、こちらでも詳しくご紹介をしておりますが、和心地がコンセプトの温泉宿。個人客をターゲットに上質なサービスを提供することに注力。そのために、宿それぞれの規模については、30室から50室程度に抑え大きくしすぎない。その分、各地に界を作り、界ブランドとしてまとまることで、規模の経済の恩恵もしっかり得ていくと説明。来年度も「すくなくても3つは……」界を立ち上げられたいとのことで、また年明け以降が楽しみです。


allaboutIMG_2281.jpg発表会の後は館内の見学、浜名湖産のうなぎの共だれ焼き、遠州灘産天然とらふぐの薄造りなどの試食。


allaboutIMG_2266.jpgそして宿泊者は予約なしで無料で参加できる『お茶三煎』のプログラムを体験。旨み、苦み、渋みと、温度や時間を変えることで、1種類のお茶を三度楽しみ、最後に茶葉はお浸しにして頂きます。


allaboutIMG_2270.jpg今回のリブランドにあわせてオープンした浜名湖を望むラウンジで行われたのですが、旅や遠州、お茶などに関する書籍が置いてあり、またほうじ茶を自由にブレンドしていただいたり、コーヒーメーカーもあり、温泉を楽しんだ後にゆったりと寛げます。


ということで、本日はこのままこちらに宿泊します。客室も素敵!
allaboutIMG_2192.jpg

館内の詳しいレポートは、また別途レポートをあげますのでお楽しみに。

星野リゾート 界 遠州
posted by 村田和子 at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行取材・執筆報告&裏話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック