ボーナス×旅に関する調査:ボーナス「例年通り」58.2%、支給額は旅に「影響しない」63.1%

アドバイザーを務めるフォートラベルより
監修している『ボーナス×旅に関する調査』が発表されました。

ボーナス×旅に関する調査 アベノミクス効果は実感できず!?ボーナス「例年通り」58.2% 支給額は旅に「影響しない」63.1%

今回はボーナスということで調査していますが、昨今、消費税増税に関する取材も増えています。消費者の旅への支出についての意識を知るには参考になる結果だと思います。ぜひご覧ください。
※以下は概要になります。詳細はこちらをご覧ください

■調査背景
昨今、アベノミクスによる経済効果や景気回復の影響で、一部企業での賃上げやボーナス支給額の増額が話題となっている。そこでこの度、フォートラベルユーザー(会社員、公務員)を対象に、ボーナス(冬季賞与)への期待度や、今後の旅行計画への影響について意識調査を実施した。

■ボーナスは「例年通り」58.2%、「期待できない」22.1%。アベノミクス効果の恩恵は受けられず!?
今年の冬季ボーナスは期待できるか聞いたところ、「例年通り」と回答した人がもっとも多く58.2%。続いて「期待できない」(22.1%)、「そもそもボーナスがない」(13.1%)、「期待できる」(6.6%)の順となった。11月中旬に実施した本調査においては、報道で取りあげられている経済効果の影響は見受けられない。ただし20代については、「期待できそう」と回答した人の割合が大きく12.6%となり、全体平均の倍以上と、期待が高い。なお年代が上がるにつれて「期待できる」という回答は減少する傾向にあった。

■ボーナス支給額は旅行計画に「影響しない」63.1%。“旅行費用の捻出”により意見は割れる。
次に、ボーナスの金額が今後の旅行計画に及ぼす影響について聞くと、「ボーナス支給額は旅行に影響しない」と回答した人は63.1%、「影響する」と答えた人は36.9%。6割を超える人がボーナス支給の状況は、旅行計画に影響しないと回答した。「影響しない」と答えた人に理由を聞いたところ、「もともと旅費はボーナスから出していない(旅費は普段から積み立てている)」「(年俸制などで)ボーナス支給額は直接関
係ない」などのコメント、更に「ボーナスの増減にかかわらず、行きたいところに行く」「ボーナス支給額に旅行計画を左右されたくない」という意見もみられたた。「影響しない」と回答した人については、旅行に関する支出の優先度が高く、旅行することを前提に、決まった支出として日頃から旅費を確保している人が多いようだ。一方で、ボーナス支給額が旅行計画に「影響する」と回答した人からは、「ボーナスを旅費に充てているので、増減によって旅行にかける金額が変わる」「月々の給与は生活資金、ボーナスは旅費など娯楽資金と考えているので影響がある」「ボーナス額が増えたら、旅行に充てる金額をもっと増やしたい」「金銭的に余裕がないと、旅行しようという気にならない」といった意見が寄せられた。
旅行への影響度については、日頃旅費をどこから充当しているかが影響し、フォートラベ
ルの利用者においては旅行の優先度が高く、日頃から旅行費用を確保している人が多いこ
とが読み取れる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック