春休みは息子と一緒に沖縄八重山へ(小浜島、西表島、竹富島)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
4月に入り、息子とともに、沖縄の八重山諸島へ。小浜島、西表島、竹富島の3島滞在を満喫してきました。
新石垣空港ができて、ぐっと沖縄離島も身近に。6時45分羽田発の石垣直行便を利用すれば、石垣空港には10時前に到着。そこから船で離島へ行ってもランチに十分間に合います。それでいて、過ごす時はプライスレズ。それぞれに魅力的で、ファミリーにもとてもおススメです。詳細は別途レポートしますが、印象的だったことを写真を中心にご紹介しておきますね。
まずは小浜島。訪れたのは星野リゾート リゾナーレ小浜島。
IMG_5326.jpg

海外リゾートのような佇まい。東京ドーム26個分という敷地にコテージタイプの客室が点在。ビーチあり、ゴルフ場有、プールは3つあり……施設内で気の向くまま過ごせるリゾートです。朝のビーチでは朝焼けカフェや朝ヨガも。


IMG_5526.jpg


IMG_5433.jpg夕方には、施設内のゴルフ場でサファリ体験も。なんと孔雀が住みついていて、あちらにもこちらにも。グリーンの上を歩いているのにはびっくりです!スパも素晴らしいのですが後程ご報告しますね。

そして西表島。こちらではホテル(ニラカナイ西表島)を中拠点に海へ山へと島のワイルドな自然を満喫。
IMG_2412.jpg


IMG_5662.jpgカヤックで川をのぼり滝を観にいったり、シュノーケルでは八重山の美しいサンゴに感動。誰もいないビーチでお洒落なランチも。
IMG_5629.jpg
夜には、イリオモテヤマネコとヤエヤマボタルを求めて、夜のジャングルへ。
残念ながらイリオモテヤマネコにはお目にかかれなかったのですが、ヤエヤマボタルのそれはもう綺麗なこと! とても小さいそうなのですが光はぴか一。蛍というと消え入りそうな光をイメージしますが、力強く小刻みに点滅してまるでイルミネーションのようです。ホテルで4月半ばまでの期間限定ですがツアーを実施。ぜひ機会があれば神秘的な光景をご覧頂きたいです。
IMG_5738.jpg

翌日は、私は体調を崩してしまい島の診療所にお世話になり休息。息子は、スタッフの方と一緒にトレッキングのツアーへ。「道なき道を行くんだよ」「片方が崖で滑りそうでドキドキした」と目をきらきらさせて報告してくれました。到着した滝では、水に入り滝に打たれたり泳ぎの競争もしたとか。男性の冒険心をくすぐり達成感を味わえる貴重な体験だったようです。結果論ですが、私が一緒だと、辛いことがあると弱音を吐きがちな息子。いないことで自分で克服した自信みたいなものも得られたように感じます。お世話になったスタッフの皆様に感謝。

最後は星のや竹富島へ。伝統的建造物群保存地区に指定されている島の集落を再現したリゾートは、初めて訪れるのにどこか懐かしい雰囲気。
IMG_5944.jpg
オープン前に集落の長老を招待されたそうですが、驚くことに「懐かしい」という声があちらこちらからあがったとか。 実際の集落は、電柱があり車も通るようになったため道幅も広くなって現代風になっているのだとか。星のや竹富島の中は道幅も昔のまま、そして電柱は地下に埋めて景観を保っているとのことで、より昔の集落に近い雰囲気に思われたようです。
IMG_5778.jpg
とはいっても、中は快適でお洒落な佇まい。家の中にいても、窓を開ければ心地よい風を感じられます。

IMG_5921.jpg地元のおじいに習って、月桃の葉でござを作ったり、海で採ってきたもづくで、もずくそばを作ったりと様々な体験をして……。


IMG_5795.jpg夕食は地元の食材を生かしたシェフ自慢の琉球ヌーヴェルを頂き至福のひと時を過ごしました。

サプライズな体験が満載で、どの島も一泊ではとても足りません。天の川がはっきりと見えるという星空も観ることができなかったので、是非近いうちにリベンジをしたいなと思っています。
IMG_5787.jpg

GWは、まだ空きがあるとのこと(小浜島、西表島)。意外とGWは穴場で、さらに沖縄地方が梅雨入りしても、八重山は前線から離れていることが多く晴天率が高いそうですよ。ノープランの方、ぜひいかがですか?
一島にじっくり滞在もよいですが、時間があれば2島、3島めぐりもそれぞれの島の魅力が異なるのでおススメです。詳細レポート、お楽しみに!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック