2014年05月20日

夏休みは三世代で北海道&サハリンクルーズへ(旅育、孫旅にも)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
皆さん、夏の旅行計画、そろそろ考え始めたころでしょうか?私は、珍しく今年は早めに手配をしました。実家の父母と息子と三世代で、クルーズに乗船します。(夫は仕事の為、お留守番。)予約したのは、ダイヤモンド・プリンセス北海道周遊とサハリンに立ち寄る10日間のコース。
400-IMG_2682.jpg

ダイヤモンド・プリンセスは(詳細は「ダイヤモンド・プリンセスってどんな船?(All Aboutクルーズサイト)」を是非ご覧ください)、実は三菱重工長崎工場で制作した日本製の船。昨年船内見学をして優雅さに惚れ惚れしていたのですが、今年はGWから9月まで長期にわたり運航しているので、念願かない乗船することに。
実は中学生になった息子の旅育にも良いと思っています(旅育ポイントは後述)。
400-IMG_2802.jpg4月に改装後のプレビュークルーズがあり、私は1泊だけ乗船しましたが、新しくできた大浴場や寿司レストランの施設も想像以上。そしてコースも素敵。


400-IMG_2558.jpg横浜を出発し、釧路、知床、コルサコフ(ロシア)、小樽、函館、青森、と寄港する10日間。今までで一番長い船旅になります!



旅育ポイントとしては、世界遺産の知床クルーズが含まれ、コルサコフ(サハリン)という歴史的にも重要な地へも訪問すること。また寄港地も多いので、観光プランもいくつかは息子に立ててもらう予定です。今回は祖父母も一緒ですので、孫旅という観点での学びも多いかと思います。

400-IMG_2583.jpgそしてなんといっても英語。日本語を話せるスタッフも乗船していますので不便はありませんが、やはり外国船なので英語でのコミュニケーションは基本。ここは頑張って、中学に入って習った英語を実践する場として活用してもらおうという魂胆です。(※これは、まだ息子には話しておりません。)
世界中からスタッフが集まる船は、国際感覚をみにつけるのにもお勧めです。


400-IMG_2643.jpgそしてクルーズは、体への負担も少なく、またそれぞれ自由に過ごすことができるので、家族旅行、3世代旅行は勿論、最近話題の孫旅にもおススメです(※写真はダイヤモンド・プリンセスのプール。)
ちょっと10日間は長いなあという方は、小樽発着でサン・プリンセスが北海道周遊&サハリンのコース(7日間)を夏休みに運航します。土曜日の夕方発、翌土曜日の朝到着というのを繰り返しますので、仕事をしている方も、比較的参加しやすいかと。大人と同行の18歳未満の3、4人目1名あたり25,000円となる、ファミリープランも実施しています(※クルーズプラネットでは羽田との航空券がセットになったフライ&クルーズも販売されています。新千歳までの往復の飛行機や、小樽までのアクセスなどもついてお値段もお得です)

400-★IMG_0076.jpg一方日本船は、1泊から楽しめるショートクルーズや、花火やお祭りなど旬を楽しむクルーズ、小笠原や屋久島など自然体験をするコースなどバラエティに富むコースが多く用意されています(※写真は、昨年日本船で訪れた小笠原)。
日本船でも外国のスタッフは多いですし、夏休みな子ども向けのアクティビティも多く用意されるので旅育観点からおススメです。

夏のクルーズ予定については、近くAll Aboutクルーズサイトに掲載予定ですので、またお知らせをいたします。

posted by 村田和子 at 13:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック