2014年06月22日

旅育からの中学受験~オトナになる為の学び

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
旅育からの中学受験シリーズ、今回はとても共感した、あるコラムをご紹介したく思います。
■オトナになるための学び、オトナのための学び ~娘の中学受験を終えて考えたこと~ 
組織行動研究所 所長 古野 庸一氏
「学習する力」「多様な価値観」「理不尽なことに耐える力」
これらは、コドモからオトナになる際に必要な学びである。
そして、オトナになっても必要な学びでもある。~コラムから引用~


と結ばれたコラム。恐らく、受験を終えた方も、受験勉強真っ只中の方も、多かれ少なかれ思い当たることがあるのではないかと。まだお子様が小さな方も、いずれ悩む時が来るかと思いますので是非ご覧になってみてください。
我家が「旅育からの中学受験」というスタイルを選択したのも、まさに筆者と同じような考えや疑問があったからこそ。
400-goukaku2.jpg

そして合格発表や入学手続きの時に、「6年後の大学受験めざして」「6年後は東大だ!合格率〇%」という塾のパンフレットを配っているのをみて、違和感を感じたのも同じく……。

その時々で本当に必要な学び、そして自ら学ぶことをしなければ、希望の大学に入っても何をしていいのかわからない、社会人になって現実に向き合えない……そんなことになりかねないのではないかと、昨今の風潮をみていて危惧しています。

本当の学びに旅ができること、とても多いと感じ、「旅育」の効能を様々な形でお伝えしたいと思います。

参考)親子の為の旅育メソッド
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック