2014年11月06日

旅先で考えた子連れマナー~座席の向きはなおしましょう

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
640-IMG_0496.jpg3連休はちょっと大型の国内旅行へ家族で出かけました。陸路で愛媛へ。お目当ては観光列車”伊予灘ものがたり”。その後、内子に滞在し、今治から船で瀬戸内の島へ移動。絶景の温泉の宿を楽しんだら、翌朝は本州へ船で渡りNHKの連ドラ「マッサン」で盛り上がる竹原の町を散策。ひさしぶりに時刻表とにらめっこをしながら旅を計画しました。子どもも中学生になり、荷物を持ってくれるようになってこそ実現できた移動満載の旅。その模様はまたご紹介します。→↓伊予灘ものがたりの写真だけ先にちょっとご紹介。
640-IMG_0563.jpg


さてそんな移動のなかで気になったのがお子様連れのマナー。実は今回はツアーをアレンジして出かけたので安く済んだのですが、帰りの新幹線が普通席がなくグリーン車を予約。乗車すると3連休最終日の為、グリーン車も満席です。家族連れの姿も多くみられ、ざわざわとした感じであるのは、お休みの日ですから仕方ありません。しかし……我が家の横は、小学校高学年と3年生ぐらいの兄弟がいるご家族連れ。座席を向い合せにしていたのですが長時間の移動で飽きてきていたのでしょう。前の座席との隙間にもぐって遊んだり、大きな声で駄々をこねたりと、小学生としては少々目に余る感じの行動。私も子連れの大変さは分かるので、寛容な方だとは思うのですが、それでも……と思いつつ、音楽を聞いてやり過ごしていました。そして名古屋駅に到着し、ご家族連れが降りて行かれた後を見てびっくり。座席向かい合ったまま!
640-640-IMG_4157.jpg

これは、親がちゃんと教えてないといけません。次に乗ってきた人の為に座席やリクライニングを戻して下車するのはマナーだと。ちょっとした配慮ですが人として大切なこと。こういったことをしっかりと教えられるのも旅ならではなのに……残念です。

今回はたまたまグリーン車だったので、アテンドの方がすぐに来られて向きとリクライニングを整えて行かれましたが。あのままだったら乗車する人も多く、そこで詰まって大変だったことと思います(※その前に、私直しにいったかも)。子連れ旅行のマナー、自分が通ってきた道だけに感じることも多いです。

ただ多くの家族は座席の向きを治して下車されていました。中には子供と一緒に治しているご家族連れもあってちょっと微笑ましかったです。こういうこと大切にする世の中にしていけるといいですね。
posted by 村田和子 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック