2015年01月10日

旅育からの中学受験~埼玉では受験開始。願書提出時にはいろいろ確認

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
旅育からの中学受験……大事な時に更新ができず申し訳けないです。今日から埼玉では受験が始まったのですね。我が家は東京&神奈川だったので受験は2/1~2/3に集中。昨年の今頃自分は何をしていたか……振り返ると、ここから受験が終了する2月上旬までは、さすがにマイペースで受験といいつつも親として相当きつかったです。

「親の役目は、健康に、後悔のない受験をできるようにすること」ということで、息子や家族の体調管理、空気清浄機はフル稼働で、年明けからR-1を買い込み家族で飲み……。朝はテスト日に備えて起床時間を早めて、毎朝トースト、ヨーグルト、暖かいスープ、フルーツ、そして一粒のチョコレート(←糖分補給)という食事を受験が終わるまでの定番に。

そして、もう一つ。受験する学校に無事に届けることも親の役目。「雪が降ったら?」「この路線が停まったらどうするか?」等々をシミュレーション。願書を出しに行く際には、行きは普通に、帰りは万一の際の迂回ルートで帰り、バスの乗り場などもチェック。もしも雪が降った場合のためにスノーシューズも購入(※きつい坂道がある学校を受験したので。結局使わずじまいでしたが…)。それとともに、2/1~2/3の動きも確認。2/1が第一志望なら合格→すぐ決定ということでシンプルなのですが。我が家は試験日を追うごとに志望があがり、2/3校が第一志望でした。2/1から受験への引率、合格発表、入学手続き、入学金の振込等々があり、予定が進むにつれてクロスしてきます。とても一人では無理で夫と役割分担。各中学校の受験の合否により動きも変わるため、大掛かりなプロジェクト管理のような感じだったと記憶しています。
入学金もいったん納入すると戻ってこない学校がほとんどなので、綿密に動きを確認。さすがに精神的にきつかったのを覚えています。

年末年始にかけてインフルエンザも流行し、受験生の親御さんは気が気でないと思います。どうぞ万全の体制で受験ができますように。お子さんがリラックスして実力を発揮するためには、”いつも通り過ごす”のが大事。ここまでくると、勉強よりも精神力・体調の方が大切だとわが子を振り返り思います。多くの方の努力が実り春が訪れますようにお祈りしております。
omairi.jpg
posted by 村田和子 at 12:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック