2015年03月05日

旅育からのヘルスツーリズム特別賞受賞~僕にとっての宝物 :八重山諸島での思い出

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
このたび、息子が第七回ヘルスツーリズム大賞において、特別賞を頂き、昨日表彰式に参加してきました。
執筆のタイトルは「僕にとっての宝物~八重山諸島での思い出」
※作品は、NPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構のホームページでご覧いただけます
会場はJTB本社ビルの20階、見晴らしの良い大きな会議室。あまり動じない息子ですが、さすがに大人の世界に、ちょっとドキドキしたようです。団体部門、個人部門大賞に続き、名前を呼ばれて前へ。受賞作品をプロのアナウンサーさんに読み上げて頂き感激。
400IMG_2288.jpg

続いて表彰状と副賞を頂き、受賞者からのひとこと。予告し考えておくように伝えていたのですが、中学一年生らしい(!?)挨拶でした。その後は、受賞者、主催者の皆様と記念撮影。
400IMG_2296.jpg

懇親会では、中締めのタイミングで、一本締めを仰せつかり挑戦!制服姿で「皆様、お手を拝借。よ~お。」というのがおかしくて、会場からは笑いが。

今回の応募は、私から”ヘルスツーリズム”を説明しこんな募集があるけれどと息子に伝えました。そして息子が自ら「八重山のトレッキングのことを書きたい」と応募を決意。

読んで頂ければわかるのですが、実は八重山諸島で私が体調を崩しひとりでトレッキングに参加した時のことを中心に書いています。旅育メソッドでも、親子別々で過ごす時間を提案していますが(※この時は急遽一人で参加ですが)、親と一緒では味わえなかった経験を沢山し、その時々にこんなことを感じていたんだなあと、この作文を通して私も知ったことが多く、ちょっと母としてホロリとする一文も。
素晴らしい賞を頂きましたこと、また息子に素敵な体験をさせていただいた八重山の皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。
※今回の旅先の西表島の旅については、家族deたびいく~八重山諸島めぐり西表島編 でレポートしています。(※トレッキングは私が参加していないのでレポートはありませんが、西表島では様々な体験ができます)

第七回ヘルスツーリズム大賞
■団体部門:奨励賞  伊豆かかりつけ湯協議会  「かかりつけ湯」の取り組み(静岡県)
■個人部門:大賞 梅津康治氏(山形県)「健康のよろこび ~四万温泉への金婚旅行~」
■個人部門:特別賞 村田悠(神奈川県)「僕にとっての宝物 ~八重山諸島での思い出~」
全ての受賞作品についてはNPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構のホームページでご覧いただけます。

おまけ:会場で撮影していなかったので、家で自撮り棒を使い記念撮影をしてみました。授賞式では、借りてきた猫状態の息子でしたが、普段はこんな感じです(笑)。
IMG_4740m.jpg
posted by 村田和子 at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック