2016年02月23日

ヘルスツーリズム大賞は大分県竹田市、奨励賞にハワイアンズ!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
毎回楽しみにしているヘルスツーリズム大賞が、決定し、表彰式が2月8日JTB本社の大会議室で開催されました。大賞・奨励賞とも、訪れたことがある温泉地。温泉×健康……最強のタッグですね。
3000-IMG_2342.jpg

大賞は、竹田市(大分県)竹田市温泉療養保健システム
温泉療養保健システムとは、温泉療法を体験する3泊以上の宿泊者に入浴料と宿泊料の一部を市が助成する仕組み。昨年7月には、日本健康開発財団、慶應義塾大学との共同研究で、長湯温泉の飲泉が糖尿病予防に期待できるとの調査結果を発表するなど先駆的な取り組みも。温泉を活かした予防医療、健康づくりを多面的に推進している点が評価されての大賞です。

奨励賞は、スパリゾートハワイアンズ(福島県)
        「エデュテインメントスパ(学び湯治)」の取り組み

ファミリー向けのイメージが強いハワイアンズの新たな一面がフォーカスされることに。日本古来の湯治の考え方を基に楽しみながら学べるエデュテインメントスパ(学び湯治)を立ち上げ、温泉プールを利用したアクアエクササイズ、温泉をめぐるスパツアー(湯めぐり)など、手軽にできる健康プログラムを実施。地元自治体との連携も奨励賞受賞の理由になっています。
3000-IMG_2349.jpg

(ハワイアンズでエデュメントスパを実施する小野先生と鈴木様。温泉療養士の養成もされています)

私はハワイアンズのアクアリラクゼーションの大ファンなので、受賞とてもうれしくおもいます!(先日は疲れた~という息子と一緒に受けてみましたが、リラックスできとても気持ち良かったとのこと)
400-_DSC0242.jpg

個人部門の大賞は大嶽敦子さんの「熊野古道を歩く~作り笑いなんか忘れて~」、表彰式に先立ち、立教大学名誉教授 社会学博士 前田勇先生による「ヘルスツーリズム成立の経緯と展望~心身を癒す行動の多様性~」の講演もありました。
私がヘルスツーリズムに関心を寄せ、表彰式に伺うようになって5年が経ち、関心の高まりを感じます。でも「健康」は人間の核となる欲求。ニーズは高く、まだまだ注目されてもいいのにと思っています。

ただ旅育と同様、旅が学びにいい、健康にいいということは誰もが認知しているところ。だからこそ定義や伝え方も難しいのかもしれません。
最後になりましたが、受賞された皆様、おめでとうございました。

第8回ヘルスツーリズム大賞(日本ヘルスツーリズム振興機構)
posted by 村田和子 at 22:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行取材・執筆報告&裏話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック