2016年05月09日

我が家のGW~養老天命反転地(岐阜県)へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
GW明けの憂鬱な月曜日。無事に皆様会社や学校に戻れたでしょうか?
我が家は息子の学校があるため、3-3-2の暦通りのお休み。真ん中の3連休だけ名古屋・岐阜近辺を旅してきました。

まず向かったのは……養老天命反転地!ご存じでしょうか?先日の日経プラス1何でもランキングの巨大迷路でも紹介されていましたが(※ただし迷路と思っていくとちょっと違うかと思います)、前から体感型のアート作品として私は気になっていたのです。一宮で渋滞の洗礼を受けつつ、足を延ばしてみました。
1000-IMG_0769.jpg

いい天気!平衡感覚が……
1000-IMG_0812.jpg

踏んばらないと倒れそうなところもあり、結構体を動かしていい運動になります。
言葉であらわすのは難しいのですが、作者の荒川修作氏は岡本太郎氏に弟子入りしていたときけば、なるほど!といった感じ。モノの見方っていろいろあるなあと気づかされます。そして良くまあ、構想だけではなく実際に作ったなあと感心。小学校ぐらいのお子さんなら、この不思議な空間を体感しながら、運動能力も鍛えられそうな気がします。
1000-IMG_0805.jpg

どれがまっすぐ???
ただ危険なところもあるので(壁の高い通路状→上から見ると2m級の深い溝になっている)、あまり小さなお子さんだと、心臓に悪いかもしれません。受付では運動靴とヘルメットを貸してくれるますが動きやすい恰好でぜひ。

帰りは温泉に入って渋滞を避けるために、地道で帰ったら……なんだか川が沢山あって、道路が一番高いみたいな不思議な景色に……。
1000-IMG_0847.jpg
夫が「これ、輪中じゃない?」というので調べると確かにそうでした。はるか昔、社会科で習った景色、初めて見ました。なんだか感動……
1000-IMG_0848.jpg

輪中の郷という博物館も見つけたのですが、既に閉館でした。残念。
ちょこっとGWのご報告まで

養老天命反転地

輪中の郷
posted by 村田和子 at 21:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子連れで旅した観光地・宿 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック