2016年08月01日

500平米の広々クラブラウンジのお得プラン!ANAクラウンプラザホテル大阪

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
帰省で関西へ行った折、6月にリニューアルされたANAクラウンプラザホテル大阪のクラブラウンジの見学へ行ってきました。クラブラウンジとは、ワンランク上のフロア「クラブフロア」に滞在された方が自由に寛げる専用のラウンジ。簡単な朝食やドリンク、夜にはアルコールなども無料で提供されるので、実は客室料金はレギュラールームより高くても、使い方によってはお得なのです。
しかもご紹介するANAクラウンプラザホテル大阪では、ラウンジの朝食も70種類あり豪華。クラブフロア滞在のお得な宿泊プランも提供されているので、ぜひ旅行や出張でお出かけの際は利用してみてくださいね。
400-IMG_3495.jpg

ANAクラウンプラザ大阪のクラブラウンジがあるのは、見晴らしの良い最上階24階。広さは約500平米とその広さは圧巻!ヨーロッパのホテルロビーのようなクラシカルで上品な空間は、女性が好みそうな雰囲気で、居心地抜群です。

外に目をやれば、近くには大阪のオフィス街のビル群、眼下には堂島川が流れ、日銀や大阪市役所など歴史ある建物が見えます。広報の木下さんは「これよりも高いと景色が空だけになってしまう。寛ぎながらアーバンな景色を楽むには絶好の高さなんです」と言われていましたが、本当にちょうど良い高さ。遠目には大阪城ものぞみ、ビルに明かりがともる夜景も素敵に違いありません。
400-IMG_3497.jpg

今回伺ったとのは、アフタヌーンティーが始まる15時。各種スイーツやチョコフォンデュ、サンドイッチやスコーンなど軽食もあります。
400-IMG_3502.jpg
冷蔵庫には自由に頂けるソフトドリンク、コーヒーマシーンもあり、紅茶はTWGが各種揃っています。そして平日というのもあってか、ほとんど貸切状態。ビジネスでの宿泊が多いので、日中は比較的のんびりできるのだそう。時間の融通が利くならぜひ15時スタートのアフタヌーンティに間に合うようにチェックインが断然おすすめです。
400-IMG_3496.jpg

※席に着くとナプキンがセットされ、優雅なティータイムを満喫。母娘や友人で滞在したら、何時間でも居座ってしまいそう(※アフタヌーンティは15時-17時ですが、飲み物の提供やちょっとした小菓子は時間によらず提供されます)18時から20時までは、カクテルサービスがあり、ビール、ワイン、ウイスキーなどのアルコール飲料とオードブルやスナックを提供。食事前にちょっと一杯スパークリングワインを頂くのもいいですし、しっかり2時間カクテルタイムを楽しんでも勿論OK。(※カクテルタイム以外のアルコールは有料となります)
400-IMG_3489.jpg

チェックイン・チェックアウトも、クラブフロア滞在ならこちらのラウンジででき、コンシェルジュもいらっしゃるので観光の相談も気軽にできます。ビジネスで利用すれば仕事もはかどりそう(実は会議室も2時間無料なのだとか↓)。
400-IMG_3485.jpg

またクラブフロアに滞在すると、通常宿泊者は1500円かかる、プール・サウナやフィットネスも無料で利用OK!水着やタオル類なども無料でレンタルできるので手ぶらで訪れても利用できるのもいいですね。

全国のANAクラウンプラザホテルは、スリープ・アドバンテージ (Sleep Advantage)に基づき、好みで選べる枕やアロマ、アメニティにも力をいれていて、勿論大阪でも提供。旅行はもちろん、関西に在住の方も心身のリフレッシュに訪れるのもよさそうです。

そして気になるのが価格。大阪は昨今ホテルの稼働がよく宿泊代金も高騰しているイメージがありますが…
「実は昨年は、USJなどもCMを多く流したことがあり訪日に加え、国内旅行のお客様が増えて、確かに高騰をしていました。でも実は今年はちょっと落ち着いているんです。特に場所柄日曜日の宿泊は稼働が落ちつくので気軽にホテルステイを楽しんでいただけるようにプランを設定しています
」と広報の木下さん。

ということでオフィシャルのHPにも案内はなく知っている人だけが得をする特別プランをご提供頂きました(※好評につき終了。HPで最新のプランはご検討ください)
個人的には近隣にお勤めのかたなども、日曜日にゆっくりとホテル滞在をして、パワーチャージ。朝ゆっくりとめざめ、しっかり朝食をとって出社すれば、1週間元気に仕事もできそうでいいなあと。チェックアウトは通常12時なので時間があれば、朝食後もステイしてプールなどを楽しむのもおすすめです。
400-スーペリアツイン.jpg

私も次回は宿泊をして、懐かしい大阪の街(※大学が大阪だったのです)を楽しみたいと思っています。

ANAクラウンプラザホテル大阪
posted by 村田和子 at 04:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック