2016年12月23日

お土産に絶品XO醤と沖縄石垣島の思い出(ANAインターコンチネンタル石垣リゾート)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。年末年始、ご旅行を予定されている方も多いかと思いますが、我が家は息子の高校受験が1月初旬からあり年末は家でゆっくりの予定。旅先で自分土産に購入したお酒や、年末にはふるさと納税でお願いした各地の特産品も届く予定なのでゆっくりと今年一年の旅を振り返りつつの年越しになりそうです。

旅のお土産というと、最近はお菓子よりもお酒や調味料に目がいきます。醤油とか塩とかいろいろ買い込んでは、旅の様子を思い出しながら自宅で料理をするのもいいもの。最近本当に重宝しているのが、沖縄県の石垣島にある ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの中にある中国料理チャイナシャドーの「オリジナルXO醤」。牛醤・鮪醤の2つがあるのですが、私は石垣牛の牛醤を愛用中。
400-IMG_2827.jpg

400-IMG_3131.jpg島胡椒や島唐辛子、そして石垣牛と地元産の素材を加えた逸品は、野菜炒めやチャーハン、スープや麺類に入れると、あら不思議~本格的な味になる優れもの。チャイナシャドーでしか購入できず、XO醤だけに少しお高め(2000円)ですが、黒い素敵なBOX入りで、自分用は勿論、贈答用のお土産にもぴったり。レストランではXO醤を使ったメニューもあるので、機会あればぜひ。
実はANAインターコンチネンタルホテル石垣の広報の上山さん、そして山本さんと夕食をご一緒したのですが「いろいろレストランはあるのですが、ここが一押し。プライベートで大切な人と食事をするときはこちら」と案内されたのが、チャイナシャドーだったのです。沖縄で中華?と思われるかもしれませんが、地元ならではの食材を活かしたお料理は、四川や広東など、幅広い地域の料理法がミックス。バラエティに富んでいて美味。
丁度伺った時には、期間限定の「ガサミ」を頂きました。
400-IMG_3157.jpg


400-IMG_3158.jpgこちらは、夜光貝。鮑よりも柔らかく、餡で煮てあって美味。
実は上山さんと山本さんは、毎週金曜日に地元やホテルの情報が満載の「ゆんたく新聞」を発行。ホテル内外の情報通のお二人が「地元でもなかなか食べられない」とテンションが上がられているほど貴重なものだったようで、須山料理長にこの場を借りて御礼申し上げます(※ご挨拶ができず残念でした)
400-IMG_3155.jpg

また食事の前には石垣産ユーグレナを取り入れたフェイシャルトリートメントをスパアガローザで体験。オールハンドでフェイシャルそしてヘッドマッサージ。その気持ちよさといったら……そして訪れた時には男性の姿も。最近は男性にもスパが人気ですが、なんとここでは男性も「フェイシャル」をされる方が多いそう。ユーグレナのうるおい成分はカプセルに包まれていて奥に浸透し1回でもアンチエイジング効果が実感できリピーターが多いそう。昨年の11月にオープンし1周年を迎え、現在キャンペーンも実施中です。
400-IMG_3148.jpg

400-IMG_3135.jpgANAインターコンチネンタル石垣リゾートは、他にもキッズクラブもありファミリーにも人気。石垣や八重山諸島に訪れる機会があれば、滞在はもちろんですが、外来でレストランやスパを利用されてみるのも良さそうです(←まさに今回の私)。マエサトビーチも目の前で、特に晴れた日は夕日が美しいとか。

そうそうHPを拝見したら、なんと南国のクリスマスということで、お菓子の家がロビーに飾られているそう。動画~大きなお菓子の家 ~ジンジャーブレッドハウス~を見ていて思い出しましたが、インターコンチネンタルの洗練された中にも、沖縄の柔らかいあったかい雰囲気が感じられるサービスが印象的でした。
寒くなればなるほど、人も気候もあたたかい南の島が恋しくなります。
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート
ゆんたく新聞
posted by 村田和子 at 00:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅のトレンド情報 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック