2017年03月09日

水戸岡氏が内装デザイン!御座船安宅丸で東京湾クルーズ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日、東京湾を運航する御座船安宅丸がリニューアルされたとのことで取材に伺いました。なんと内装をてがけたのはJR九州のななつ星でもおなじみの水戸岡鋭治氏です。
1680-1680-IMG_6650.jpg

1680-IMG_6661.jpg

御座船というのを私も初めて知ったのですが、江戸時代参勤交代の際に、九州などの大名は、瀬戸内海を通り大阪付近まで船を利用していたそう。その際に殿様が乗船されていたのが”御座船”なのだとか。瀬戸大橋開通を記念して昭和63年より運航、4年前に東京湾に就航場所をうつし、この度、訪日外国人増も睨み、東京の観光の肝となるべく大掛かりなリニューアルをされたとのこと。
1680-IMG_6648.jpg
海外の方はもちろんですが、日本の方にもおススメです。リーズナブルなお値段(※航路によりますが、日の出桟橋~青海の片道は大人820円、こども410円)で海の非日常感を味わえて、水戸岡さんの世界観も堪能できる。仕事帰りや休日のお出かけにもいいのではないかと思います。日頃馴染みのある街も、海から見るとまた違った感動や発見があるものです。
1680-IMG_6656.jpg

さらにサンセットクルーズと、ナイトクルーズでは、大江演舞劇もあり、歌舞伎のテイストや花魁演目などを、劇団四季出身のパフォーマーが演じるといいます。こちらは海外の方はとても喜ばれるのだろうなあと。
1680-IMG_6691.jpg

ナイトクルーズは、観劇付のディナービュッフェプランを5500円の特別価格(通常7000円)で販売(6月末まで)。2時間の飲み放題なども込み(クルーズは1時間半)なので、お得です。海で非日常感を感じたい方、水戸岡さんのファンの方、観劇を見てみたい方、デートでも女子会でもファミリーでも、いろいろな目的で利用できそうです。


発表会では、両備グループ代表兼CEO 小嶋 光信氏、そしてデザイナーの水戸岡鋭治氏の対談も。
1680-IMG_6715.jpg
その中で、今回のリニューアルが2週間という短い間に行われたことも発覚。水戸岡氏の「僕はアーティストではなくデザイナー。自分を表現するのではなく、利用者が求めているものを形にするのが仕事」と言われていたのが印象的でした。
1680-IMG_6672.jpg
1680-IMG_6746.jpgまた小嶋氏からは、海のななつ星プロジェクトについてもお話がありました。8千~9千トンで60室ほどのヨット型客船を、両備グループでは構想中とのこと。内装は水戸岡氏がされるとのことで、これも話題になりそうですね。
完成は2020年のオリンピックに間に合うといいなあ(ちょっと難しいかな)…というスケジュール感のようです。

小嶋氏は「大型客船が入れない、小さな港町などにも立ち寄って活性化したい」といわれていました。観光列車もそうですが、訪れる方が楽しいのはもちろん、交流人口がふえることで地元の方が誇らしく思い、元気になるのが素晴しいですよね。
御座船安宅丸についての詳細はホームページをご覧ください。

posted by 村田和子 at 12:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447744909
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック