2018年07月09日

西日本の豪雨に際してお見舞い申し上げます

先週末からの信じられない光景に、胸を痛めております。仕事柄各地を旅することも多く、地名が出るたびに思い浮かべる顔や景色があります。

記録的な大雨の犠牲になられた方に哀悼の意を表すとともに、被災された皆様、避難生活をされている皆様に心よりお見舞い申し上げます。

心配しながらも、状況がわかりません中、ご連絡もどうかと思っている先から、近況をお知らせ頂き安堵したり、梅雨明けの猛暑に新たな心配もしております。
岡山は災害が少なく住みやすい街という印象があったのですが。先日は関西での大きな地震があり、次は台風が沖縄に迫っていて心配はつきません。日本全国、自然災害とはもう無縁ではいられないということを間のあたりにし、旅をする際の備えも、今まで以上に考える必要があると思っております。
同時に将来に備え、今からでもこの異常気象を緩和する、これ以上すすめない施策(環境問題が大きいのでしょうか)を本気で考えないとと思ったりしております。

広域に被害が広がり、復興支援をどこからどうしたらいいのか迷う所もあるのですが、私も自身のできるところから、できるかたちで微力ながら支援をできればと思っております。
旅行ジャーナリストとしては、もう少し後……今後の生活を考える段階になってから、必要とされる時期に必要な形でお役にたてるようにと思います。

そしてこんな時だからこそ、被災地を支えるためにも、経済を回すことも大切。
気持ち的には葛藤もありますが、旅の楽しさを伝えるのが私の仕事。
こちらもしっかりとお伝えをして参りたいと思います。
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | Information(お知らせ) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください