2018年10月31日

プリンセス・クルーズ「ザ・シークレット・シルク」日本上演記念イベント&るろうに剣心(新橋演舞場)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。本日は観劇DAY。
まずは、横浜のおおさんばしへ。停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で行われた

「ザ・シークレット・シルク」日本上演記念イベント
に参加しました。ダイヤモンド・プリンセスには、乗客700名ほど入る本格的なシアターがあり、そこで様々なショー(マジックや日本発着だと和太鼓なども)が上演されます。ディナーの前、あるいはディナー後にショーを楽しむのはクルーズの醍醐味の一つです。
1280IMG_0717.jpg

毎晩変わる演目のなかでも外せないのが、プリンセス・クルーズのオリジナルのプロダクションショー。
今日は、この秋からダイヤモンド・プリンセスで上演となる新しいショーのお披露目の場です。

通常こういったお披露目会は一部のみの上演なのですが、今回は「ザ・シークレット・シルク」をフルバージョンで堪能。

アカデミー賞、トニー賞、グラミー賞の受賞歴を持つ作曲家「スティーヴン・シュワルツ」氏と同氏率いる製作チームのコラボ―レーションで生まれた本作は、日本の昔話「鶴の恩返し」からインスピレーションを受けたといいます。
1280IMG_0719.jpg

sub1.jpg

ミュージカルの語りは英語ですし、ストーリーもアレンジがしてあるのですが、原作を知っていること、視覚的に非常に楽しめる演出が多く(パペットも可愛い!)、日本人に親しみやすく、老若男女楽しめます。
驚くべきことに、クルーズではこの本格的なショーもクルーズ代に含まれます!
観劇が好きな方はもちろん、あまり日常親しみのない方、あるいはお子さんにも本物に触れる良い機会。
これからダイヤモンド・プリンセスに乗船される皆様、ぜひお楽しみになさっていてください。

また、広報の方に伺ったところによると、かなりクルーズの予約が前倒しになっているそうです(特にプリンセス・クルーズは海外からのお客様も多いの動きが早いようです)2019年の売り出しも始まっていますので、ぜひ興味のある方はお早めに。

■プリンセス・クルーズ
※日本発着もおすすめですが、昨年取材したアラスカクルーズは、一生に一度ぜひ体験してほしいクルーズです。⇒アラスカクルーズ体験レポ

1280IMG_0712.jpg

そしてイベントの記念品は、木箱に入った「天糸の絹珠」というシルク配合石鹸。ショータイトルとリンクさせているあたり素敵です。
1280IMG_0795.jpg



そして夜は、ひょんなことからお誘い頂き、新橋演舞場へ。浪漫活劇「るろうに剣心」を観劇。宝塚の方に交じり、美男子も登場し・・・舞台がまぶしすぎます……。歴史背景なども交え、わかりやすく、観劇初心者の私も楽しめる内容でした。
IMG_8811.JPG

新橋演舞場は初めて訪れたのですが、趣のある劇場ですね。収容人数が1400名ちょっと。昼に訪れた船内シアターは700名でちょうど半分くらいか……などと、思わず比較したりしておりました。

芸術の秋を満喫した一日。貴重な機会を頂きました皆様に感謝して。

■浪漫活劇「るろうに剣心」
posted by 村田和子 at 18:14| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください