2018年11月30日

日経クロスウーマン始動!新web媒体:日経ARIA&日経doors来年2月スタート。個人的にも期待

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。今年3月で卒業したのですが、3年半連載でお世話になった共働き子育て世代向けの日経DUAL(連載はこちら から)。その姉版、妹版のメディアができるとのことで、発表会へ。
IMG_0595.JPG

姉版は 大人の「働く・学ぶ・遊ぶ」を讃える 日経ARIA
妹版は、「私だけの扉をみつける」日経doors

1280IMG_0592.jpg

登壇されたのは、左から日経DUALを立ち上げ、今回日経ARIA編集長、そして日経クロスウーマン編集長に就任された 羽生祥子さん。日経DUALに旅育を…と私に連載のお声がけを頂き、そして現在は日経DUAL編集長を務められる片野温さん。そして、日経dooesのロゴをイメージした装いで登場された、日経doors編集長の鈴木陽子さん。

最初に、各媒体のブランドムービーが流れたのですが……ARIAの方は40代、50代向けということで、まさに今私が直面している悩みやこれからのことに役立つ媒体だと確信。(ブランドムービーに泣きそうになりました)。DUALに出会った時と同じく「こんなメディアが欲しかった」と感動。

私も来年50歳を迎えます。
仕事も子育ても120%で頑張り、子どもが大きくなり、ちょっと自分を顧みる余裕ができたと思ったら、年齢は50が目前に迫っている。若い時の50歳のイメージと、リアルな自分との違いに戸惑い、働き方や生活に求めるものも違ってくる。そして若いつもりでも、体は確実に年をとっているし、いろいろ知りたいけれど、意外とこういった欲求に寄り添う情報って少ない。結婚して子供を産み、人生の基本のレールは敷いたつもりでいたけれど、人生100年時代の今、もう一度これからをどう生きるか?どういった選択をするのか? を考える時に来ているなあと思っていた矢先。
新媒体、個人的にもとても期待!その場で購読の登録をしました(※2月からですが登録はもうできます)

そしてdoorsの方は、「私だけの扉をみつけるwebメディア」が示す通り、20代.30代の働く女性向けメディア。この世代の媒体は美容やファッションなどキラキラと女性向けの情報が多い。悪いわけではないけれどそれだけじゃない、そこに一石を投じるメディアになりそうです。こちらは、自分の今までを振り返りながら、確かにいろいろ試しては、失敗し、違う扉を開けて……という人生に重なります。

そして、働く20代から50代までの女性をサポートする3つの媒体の根底を支えるのが 日経クロスウーマンTerrace
IMG_0611.JPG

各分野のアンバサダーが情報を発信していくとのことで、3名のアンバサダーの皆さんとこれからの働き方を語るシンポジウムもあり、その中で正能茉優(ショウノウ マユ) さんが、doorsアンバサダーの代表として登壇していたのですが。
1280IMG_0613.jpg

20代の方とお話しする機会があまりないので、とてもお話が新鮮でした。中でも「女性は結婚・出産などもあり、20代は自分のブランド力を作るのに大事。それがその後の生き方の選択肢を広げる」(※というような内容。言葉は違うかも)に、確かに振り返ってみると、ここに気が付くかどうかは結構重要で、乗り越えられるキャパも変わってきます。人生は一度きり、多様な生き方を知ることで選択肢を増やす……そんな場になりそうです。

会場では、その場で質問に回答し、結果を皆で眺めながら考える編集会議などもあり、大盛り上がり。
ウーマンエキスポの開幕と同時に、発表となった新媒体。関係者の皆様、おめでとうございます。

なお、12/1は、10時から17時半まで、東京ミッドタウンにて女性向けのイベントを実施。お時間ある方、訪れてみてはいかが?

■WOMAN EXPO TOKYO 2018

■日経ARIA(ブランドムービーも公開中)
■日経doors(ブランドムービーも公開中)

posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください