2018年12月08日

2019年注目の旅先:徳島県上勝町×サンスターがヘルスツーリズムツアー

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。今年もあと20日!あっという間ですね。今年も貴重な体験を多々頂き、お伝えしたいこともありながらタイミングを逃したものもあり。年末年始は自分への備忘録、また来年の旅先の選定に役立つ情報としてお届けしたいと思っております。

私事ですが今年は「健康寿命」を意識することも多くありました。父や母を見ていて「とても私はこんな風に元気でいてられないだろう」となんとなく思っていたのですが。平均寿命はどんどんのび、私の世代では半数以上が95歳まで生きるとか。元気であればいいですが、そうでなければ寿命が延びたと喜んでばかりはいられません。丁度来年50歳ということもあり、若いつもりでいても、体はちょこちょこと不調も出てきています。ということで、以前から注目していたヘルスツーリズム、来年は更に深く掘り下げてお伝えしたいと思っております。前置きが長くなりましたが、そんなおり、徳島県上勝町とサンスターがヘルスツーリズムで連携したとの発表が。

葉っぱと温泉の街 徳島県上勝町いろどりコース
(予約受付中)
128000.jpg
IMG_0464.jpg
サンスターといえば、多くの方がオーラルケアの会社だと思っているかと。社是は「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」ということで、人を元気にするには、まずは自分たちが元気でなくては……ということから、1985年に社員向けの心身健康道場を開設。食・体・心の指導を行い、ゆがみを整え自然治癒力を高めることを始められたといいます。そういった取り組みが功を奏し、今では社員の年間医療費は、1人当たり15000円、平均よりも安くすんでいるというから驚きです。
128012.jpg
1988年には「オーラルケアだけではなく、全身の健康に寄与したい」と「健康道場」ブランドの健康食品を発売開始、また山形県上山市や熊野古道で一般の方向けに健康道場ツアーを実施し、3年間で延べ276名が参加。高い満足度を誇っています。

一方、徳島県勝浦郡上勝町は、おばあちゃんが日本料理に添える「つまもの(葉っぱ飾り)」で自立している生計を立てていることで知られる、まさに人生100年時代にお手本とすべき方々が住む地。環境も素晴らしく、自然豊かで日本有数の苔の群生地やお遍路の1番札所 霊山寺もあり、この地ならではのウォーキングなどのメニューも魅力的です。
128011.jpg
128004.jpg

その2社がタッグを組んだツアーは、2019年は春と秋の二回開催。
春は日程が決まっており、5月24日(金)~25日(土)の1泊2日。1食600キロカロリーとは思えない、目にも舌にも美味で、健康的な玄米菜食の食事、ウォーキングに温泉、保健師からは個別に食生活のアドバイスや歯科衛生士によるオーラルブラッシング講座もあるという内容。
ひとりでも参加OKです。
128005.jpg

このツアーのお土産は、10年先の健康のための、今日からできる健康法 とのこと。私と同世代の方、グっときませんか?
気になる方は、以下に詳細がございますのでぜひに。(※熊野のコースもあります)
■サンスター 体験!健康道場

私も旅の魅力を伝えるには、まずは自分が元気に旅をできないといけません。
旅で元気になるヘルスツーリズム、自ら実践をしていきたいと思います。

■関連リンク

サンスター 体験!健康道場
上勝町(徳島県)観光情報
ヘルスツーリズム事例:岡山県 玉野レポート
※以前参加した、岡山県玉野のヘルスツーリズム。商品化され申し込みもできるそうです。詳細は以下よりお問い合わせください。
 http://htq.npo-healthtourism.or.jp/member/chugoku_shikoku/2332046101.html
 
posted by 村田和子 at 18:48| 東京 ☀| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください