2020年GWのクルーズ予約開始!MSCベリッシマはファミリーにおすすめ

今日は、HIS、クルーズプラネット、ベストワンドットコムの三社による、MSCベリッシマの2020年GWチャータークルーズ発表会へ。各社の代表が揃っての記者会見でしたが、かなり話題になりそう。特にファミリーにはおすすめです。
1280IMG_0082.jpg
向かって左から 小林敦氏(クルーズプラネット 代表取締役社長)、中森達也氏(H.I.S. 取締役専務執行役員)、オリビエロ・モレリ氏(MSCクルーズジャパン代表取締役社長)、澤田秀太氏(ベストワンドットコム 代表取締役社長)
      

現在発売中の「るるぶクルーズのすべて」で、ファミリー向けクルーズの取材・執筆を担当したのですが、MSCは子ども向けのサービスがとてもきめ細かく、そしてキッズクラブもレゴやキッコと提携していて可愛いい! いろいろとクルーズのキッズクラブは見学していますが夢のような世界です。(写真はMSCスプレンディダのものです)
1280P1050605.jpg

なんといっても、MSCベリッシマは、今年3月にデビューしたばかりの新造船!この春も新しい船を拝見しましたが、新しいというのはそれだけでアドバンテージがあります。
そして、大人2名と同室の13歳未満のお子さんは3から5人目まで無料(港湾税やチップは必要)。ご夫婦と小学生以下のお子さん3人で乗船しても、乗船料は大人2名分でOKなんです。

5名で宿泊できたり、コネクティングができたり、ファミ―向けなど客室のバラエティが豊富。しかも3名以上で利用できる客室が、全体の半数以上あります。いままで日本発着していた船と比較するとかなり多い印象。
ファミリー向けのお得な料金は過去にもあったのですが、3名以上に対応した客室が少なく、発売してすぐに満室ということも。
動きはかなり早いとは思いますが、これだけあれば、結構予約の余地はありそうです。

1280IMG_0078.jpg
17万トンをこえ、日本発着過去最大級の船は、乗客定員が5686名。ウォタースライダーからアスレチック、ボーリング場まであるというから、驚きです。若い方のグループでワイワイもいいですね。私的には、洋上のシルク・ドゥ・ソレイユのオリジナルショーが観覧できるというのも楽しみです。

ゆったりと上質にという方には、ワンランク上の客室、MSCヨットクラブもありますし、ひとり用の客室もあるとあって、いろいろな二ーズに応えてくれそう。コースも、石垣島、宮古島、台湾など、9日間の日本発着クルーズではユニークで魅力的。リピーターの方にもいいかもしれません。

お値段は2名一室でひとり158000円から(別途港湾税29900円、チップ12000円など諸費用も忘れずに予算にいれて!)
今年のGWが終わったばかりですが、欧州など海外でも販売をするとのことで、特にファミリーでの予約はお早めに。

なお、来年のGWの前後は、ジャパネットたかたにてチャーターのようです。こちらはアルコールがインクルードされているのが特徴。
(子ども料金などチャーターは、会社により対応が違うのでご注意ください)

MSC、我が家もちょっと家族会議にかけてみようと思っています。

MSCクルーズ
クルーズプラネット
HIS
ベストワンクルーズ

この記事へのコメント