2018年10月31日

プリンセス・クルーズ「ザ・シークレット・シルク」日本上演記念イベント&るろうに剣心(新橋演舞場)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。本日は観劇DAY。
まずは、横浜のおおさんばしへ。停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で行われた

「ザ・シークレット・シルク」日本上演記念イベント
に参加しました。ダイヤモンド・プリンセスには、乗客700名ほど入る本格的なシアターがあり、そこで様々なショー(マジックや日本発着だと和太鼓なども)が上演されます。ディナーの前、あるいはディナー後にショーを楽しむのはクルーズの醍醐味の一つです。
1280IMG_0717.jpg

毎晩変わる演目のなかでも外せないのが、プリンセス・クルーズのオリジナルのプロダクションショー。
今日は、この秋からダイヤモンド・プリンセスで上演となる新しいショーのお披露目の場です。

通常こういったお披露目会は一部のみの上演なのですが、今回は「ザ・シークレット・シルク」をフルバージョンで堪能。

アカデミー賞、トニー賞、グラミー賞の受賞歴を持つ作曲家「スティーヴン・シュワルツ」氏と同氏率いる製作チームのコラボ―レーションで生まれた本作は、日本の昔話「鶴の恩返し」からインスピレーションを受けたといいます。
1280IMG_0719.jpg

sub1.jpg

ミュージカルの語りは英語ですし、ストーリーもアレンジがしてあるのですが、原作を知っていること、視覚的に非常に楽しめる演出が多く(パペットも可愛い!)、日本人に親しみやすく、老若男女楽しめます。
驚くべきことに、クルーズではこの本格的なショーもクルーズ代に含まれます!
観劇が好きな方はもちろん、あまり日常親しみのない方、あるいはお子さんにも本物に触れる良い機会。
これからダイヤモンド・プリンセスに乗船される皆様、ぜひお楽しみになさっていてください。

また、広報の方に伺ったところによると、かなりクルーズの予約が前倒しになっているそうです(特にプリンセス・クルーズは海外からのお客様も多いの動きが早いようです)2019年の売り出しも始まっていますので、ぜひ興味のある方はお早めに。

■プリンセス・クルーズ
※日本発着もおすすめですが、昨年取材したアラスカクルーズは、一生に一度ぜひ体験してほしいクルーズです。⇒アラスカクルーズ体験レポ

1280IMG_0712.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 18:14| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

北海道を観光で盛り上げる会~菅官房長官・二階幹事長も応援

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
開催前日にJATAよりご案内を頂き「北海道を観光で盛り上げる会」を取材しました。
1280IMG_0489.jpg

地震の影響で落ち込んで観光事業を官民で盛り上げようと、菅官房長官、二階幹事長、石井国土交通大臣、北海道の高橋知事、他にも多くの国会議員の方、旅行関連団体の幹部(※JATA会長田川氏も勿論!)、旅行会社の経営層の方々と、日常お目にかかれない方ばかり。
1280IMG_0478.jpg
※石井国土交通大臣

1280IMG_0483.jpg
※二階幹事長

1280IMG_0503.jpg
※菅官房長官

1280IMG_0497.jpg
北海道 高橋知事

1280IMG_0501.jpg
※JATA会長 田川氏

急遽決まったとのことですが、なかなかお目にかかれない皆様が勢ぞろい…。力の入り方が伝わります。

北海道の観光シーズンは10月まで。11月からはオフシーズンということで、9月.10月の旅行者の落ち込みは非常に痛手という話が。
それを伺い「え?そうなの…」と(すみません。こんな仕事していながら)
実は私は冬の北海道が好きで、通算するとたぶん一番訪れているシーズン。スキーはしなくてもスノーシューで雪を愉しみ、雪景色は神秘的で、冬は食も一段と美味に。そんな冬の北海道の魅力知らないなんてもったいない。
1280IMG_0514.jpg
北海道のふっこう割は、先行して10月1日より道の予算を投入して実施。その後1か月ぐらいはかかるのでは?といわれていた国の予算の投入も順調に進み、先週17日には旅行会社も決定し補助金も割り振られたようです。現在たくさんのツアーが販売されています。

13府県ふっこう割と異なり、すべて宿泊予約サイト(クーポン)もしくは、ツアー(補助額割引済み)として販売されるのでシンプル。
ただし、各旅行会社ごとに掲載の仕方、そして割引の配分(先着で予算をつかいきるのか、少しづつ小出しにするのかなど)は違うとのこと。
まめにサイトをチェックして探すしかなさそうです(もしくはツアーは店頭で聞くのが確実かも)

会場の後方には、各社のパンフレットが。確かに…ものすごく安い。
これをきっかけに冬の北海道の魅力が広まり、冬がオフシーズンでなくなるといいなあと個人的には思っております。
1280IMG_0518.jpg1280IMG_0519.jpg

気になる現地の状況ですが、私もつい先日北海道に行ってまいりましたが、観光地は元気です。
レポートはこちら>秋の北海道を満喫(旭川―美瑛ートマム)~ふっこう割も本格始動!

ただ、帯広方面から新千歳空港への特急列車は地震の影響で一部徐行運転をしており、10分ぐらい多めに時間がかかりました。冬は天候により交通機関は遅れも発生しやすいので、移動は余裕をもってお出かけください。
IMG_8595.JPG
また新千歳の駅では、はっぴを着てパンフレットを配布する姿も。
IMG_8596.JPG

海外のお客様の落ち込みが激しいとのことで、国内で盛り上げていけるといいですね。

※私にとっては未知の世界。いろいろ勉強になりました。お声がけを頂きましたJATA様に御礼申し上げます。
posted by 村田和子 at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

秋の北海道を満喫(旭川―美瑛ートマム)~ふっこう割も本格始動!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日、2泊3日で北海道へ行ってきました。北海道、今年は春・夏に続き3回目。今までもかなり足を運んでおりますが……秋は初めて!
なんでだろう?と振り返ると、北海道の短い秋に、子どもの学校のお休みが合わなかったのが大きいかもしれません。

今回は、星野リゾートの新しいブランドOMO7 旭川、そして実に7年ぶりとなるトマムを巡り、秋を満喫する旅。
詳細は別途ご紹介しますが、美しい秋の風景と食をまずはお楽しみください。

■旅のベストショット
1280IMG_0411.jpg
トマムのゴルフ場が、昨年から牧場に変身~!羊に囲まれてゆらゆらできるハンモック、そして空を見上げればひつじ雲(あってるかな?)最高でした~!

■ふっこう割について
10/17に北海道ふっこう割の取り扱い旅行業者が決定。まとまったページはなく各旅行会社ごとの特集ページでの販売になりますが、宿泊の半額を補助ということで、かなりリーズナブル。今回の秋も素晴らしいですが、実は北海道の冬も、私は大好き! 冬の北海道の魅力はスキーだけではありません! 冬ならではの景色も素晴らしく、食の楽しみ、夜は星空も一段と美しくなります。まだの方はこの機会にぜひ!

■景色×食を時系列でご紹介
1280P1120343.jpg

旭川空港へ到着。市内へ向かう途中からは、雪をかぶった見事な大雪山の山並み。散歩であった地元の方も「今日は綺麗だねえ」というぐらい。ラッキーです!(OMO7 旭川 では、旭岳の噴気孔へスノーシューで向かうスペシャルなツアーも実施)

1280P1120412.jpg
夜は、OMOレンジャーの案内で、地元のお店に。さんまが美しい~!そして美味しい。(この後、はしごをしてジンギスカンも)

1280P1120434.jpg
札幌を中心に、飲んだ後は「〆パフェ」が北海道で流行っているそう。OMO7 旭川 のカフェ&バーで、フォトジェニックなパフェを(広報マネージャーの室橋さんと)

1280P1120449.jpg
翌朝は、部屋から川霧がみえたので急いで向かうも間に合わず。でも澄んだ景色に地元の方の朝の日常も垣間見れて、満足
※OMO7 旭川では、1月7日から日本一寒い街さんぽ(無料)を実施。これ凄く楽しみです!

1280IMG_0286.jpg
※OMO7 旭川 の朝食は、なんといっても目にも美しい。

1280P1120533.jpg
トマムへ向かう途中、美瑛は美しい景色が。夏は渋滞もできる人気エリアですが、秋は穴場かも。
1280IMG_0302.jpg
美瑛の大地の恵みを頂ける素敵なレストラン「レストランアルペルジュ」で。

続きを読む
posted by 村田和子 at 10:13| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

クロスホテル京都オープン!京都をアクティブに楽しむ方に

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。9月25日に開業した、クロスホテル京都。開業前に一足お先に取材をしてまいりました。

河原町三条に位置する同ホテルは、高瀬川が前を流れ、坂本龍馬ゆかりの酢屋が目の前という立地です。一帯は江戸時代には藩邸があり、歴史を感じるスポットが点在。また先斗町へ、あるいは黒門市場へと、京都、人気の観光地にも歩いてアクセスOK。

P1120005.JPG

※宿泊者専用のラウンジ

P1080988.JPG

※ホテルエントランス

京都の街中を堪能するにはベストな立地で、アクティブ派の方にピッタリです。私も、夜そして朝と、ホテル周辺の散策を楽しみました。


クロスホテル京都が目指すのは「カジュアルラグジュアリー」。上品な佇まいを気負わず楽しめる……そんな雰囲気です。

館内には、京都の過去と現代、和と洋、の交わり(クロス)を表現したアートやインテリアが点在し、客室には各階ごとに異なるアーティストの作品がベッドボードとして飾られています。

NP1080864.JPG

客室は一見シンプルですが、「京感(共感)」「木(気)遣い」がテーマとあって、床やファブリック、インテリアなどの”質感”に凝っていて、心地いい寛ぎ感があります。客室内の扉は引き戸でスペースが広く使え、一般的な客室も、バスには湯船と洗い場があって広々。

NP1080865.JPG

私が今回、一番注目したのが、1階にあるレストラン「KIHARU Brasserie(キハルブラッセリー)」。道路との境は一面ガラスで、外と中の境界があいまいというか……街に溶け込むイメージです。店内へのアプローチは、オーナーが世界を旅して集めたコレクションをイメージしたアンティークの小物が飾られ、不思議な世界に引き込まれます。

NP1080913.jpg
和傘をインスパイアした天井の下にはバーカウンター、泡のようにかわいい照明の下にはハイチェアの席、窓際には落ち着いたテーブル席など、コーナーにより異なる雰囲気が楽しめるのもポイント。

P1080986.JPG

NP1080917.jpg

そして壁には一面のアート。よく見るとこの地にあった「京劇ボウル」の説明が英語で書かれた作品もあったり、見ているだけでワクワクします。営業は当面24時までとのことですが、深夜の営業許可も取得しており、大人が集まるイベント等も今後企画したいという話も!


地中海料理を中心とした洋食メニューは、朝食は宿泊者限定ですが、お昼と夜は外来からの利用もOK。レストランは地元の方や海外からの旅行者の利用も多くなりそうです。

全301室ということで、想像していたよりも大きく存在感があり、新しい界隈のランドマークになること間違いなし。
ぜひ宿泊やお食事で訪れてみてはいかが?


posted by 村田和子 at 18:42| 東京 ☁| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

北海道胆振東部地震に際して:お見舞い&共感疲労

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今朝は珍しく携帯もみず、子どもを送り出しテレビをつけて初めて北海道地震のニュースを知りました。

全域で停電ということで、暗くなる前に復旧するといいなあと思ったのですが、今夜は多くの地域でまだ停電中とのこと。
明かりがあること、情報があること。日常では当たり前ですが、いざなくなるととても心細いもの。ライフラインの一日も早い復旧を願うばかりです。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

関西の台風被害も落ち着かない中で起こった地震。この夏は本当に災害が多く、自らは被災はしていなくても、報道を見ていて気持ち的に滅入ってしまうことはありませんか? 
私も、相次ぐ災害に気持ちがつらく感じることが多かったのですが、共感疲労というものがあるようです。
お子様なども少し気を付けてあげたほうがよさそうです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20160417-00056725/
記事を見て、支える側まで元気をなくしてはだめだなあと改めて思っております。頑張ろう!

※関空は一部で明日から稼働をするとのこと。日本の底力のすごさを感じます!
P1080427.JPG









posted by 村田和子 at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

台風の爪痕~被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
台風から一夜明け、関西を中心にした爪痕に言葉がありません。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
信号機の故障で、警察の方が交通整理に出ていたり、停電で夜も灯りがなかったりというニュースを見ていて、東日本大震災の日、そして計画停電の日の光景を思い出しました。不便なのはもちろん、心細く感じている方も多いことと思います。

我が家の実家は関西がベース。しかも夫の実家は関空近くとあって心配になり連絡をしたら「瓦が数枚落ち、外にはいろいろなものが舞っていて、家が地震のように揺れて怖かった」とお母さん談。
また奈良の実家では「近くの家の塀がこわれ、木材が道路上に散乱。家に飛んでこないかひやひやしていたが、とても外に出られる状態ではなく二階から見守っていた(※ほどなくして巡回中のパトカーが応急処置をしてくれて助かった)」

そして東京。こんなに離れているし、流石にどうかなと思いつつも、念のため早めに帰宅をしましたが……正解。
夜は、かなりの突風が吹き、止まった路線も多かったようです。

7月から自然災害が多く、旅行を計画していたものの行けなかったり、変更を余儀なくされた方も多いことと思います。
特に関空では、アクセスも含めて再開に時間がかかるかもしれないという報道も。関西地方で唯一の国際線の発着空港であり、LCCも多く、訪日の方も多いだけに経済への影響も気になるところです。

そして台風と聞くと私の頭の片隅に浮かぶのがクルーズ船。クルーズ船は悪天候だと抜港したりルートを変更し、安全第一で走行をします。
ただ今年は、相次ぐ台風の襲来で、どうしたものかと心配しておりましたが。
実際に日程変更、コース変更などが繰り返しあったルートもあったようです。

旅での備え、心構えとして、万一の対応も今後考えていかなくてはなりませんね。

posted by 村田和子 at 22:32| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

また台風……欠航情報なども出ていますのでご注意ください

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。

この夏は、本当に豪雨に始まり、猛暑、台風と気が休まりません。
そしてまた今日・明日も関西・四国を中心に台風20号が上陸とのこと。
またハワイでもハリケーンの情報があり、心配です。

どうぞ進路にあたる地域にお住いの皆様、十分お気をつけくださいますように。
ご旅行中の方もいらっしゃるかと思いますが、不慣れな地域であればなおさら、情報をしっかりと得て安全第一でお過ごしくださいますように。

また交通機関も、運休や欠航の情報が私の方にも来ております。
台風が去った後も、飛行機は機材がなくて欠航ということもあるので、ご注意ください。
通常では変更ができない料金体系も、こういった際には特別に変更や払い戻しができることがほとんどです。
以下ご参考までに。

台風や大雪で飛行機が欠航!慌てないためのポイント

新幹線・特急列車が運休・遅延!どうする?(JR編)


この夏は自然災害が多く、漠然とした不安感がつきまといます。
一方で人を癒しパワーをくれるのも自然。うまく共存共栄ができるようにと願うばかりです。

P1080427.JPG

posted by 村田和子 at 20:21| 東京 ☁| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

アート好きのための宿~星野リゾート【界 仙石原】をレポート

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先週末、開業発表からずっと楽しみにしていた宿のプレス発表会に行ってきました。
明後日(7月27日)開業の 星野リゾート「界 仙石原」です。
640-P1060614.jpg

仙石原はミュージアムも多く、宿のコンセプトは「アトリエ温泉旅館」
開業前の7月10日から20日の期間で、アートインレジデンス箱根仙石原を、すどう美術館、湘南アートベースと共催。

アートインレジデンスとは、アーティストの育成や芸術の発展のための取り組みで、一定期間ある場所にアーティストたちが滞在し、創作活動を行うもの。
滞在費や渡航費などを主催者が負担するかわりに、その土地に滞在し感じたインスピレーションが作品となり、その土地に残されるそうで、今回の作品は、界 仙石原 のパブリックスペースや客室に展示されています。
640-P1060630.jpg


招致する側には、その土地の魅力が様々な形で表現された作品が残り、特に今回は地元の子ども達と一緒に作品をつくるワークショップなどもあったようで、お子さんにとっても素晴らしい経験になったに違いありません。

湘南アートベース代表であり、自身もアーティストの朝比奈 賢 氏に伺ったところ、アーティストの方にとっては、新しい土地で多くの体験ができ、作品を創作する上での引き出しが増えること、また一緒に過ごしたアーティストの方に刺激を受け、そこでのアーティスト同士のつながりが、活動する上で非常に重要な機会になるとのこと。
主催者もアーティストにとってもwin-winな取り組みで、海外では盛んにおこなわれているのだとか。
640-P1060687.jpg

今回は、国内外のアーティスト12名が仙石原に滞在。仙石原を中心とした箱根地域の観光や文化体験を通じて、感じたことが作品にしたためられ、宿泊者はそれを間近で感じることができます。続きを読む
posted by 村田和子 at 12:15| 東京 ☁| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

貴方好みの客室はどれ?ホテル ユニバーサル ポート ヴイータ 7月15日オープン!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
明日から3連休ですが、7月15日(日)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの7棟目のオフィシャルホテル「ホテル ユニバーサル ポート ヴイータ」がオープン!一足お先に、館内の見学に行ってきましたが、多彩な客室はどれも魅力的! ちょっと見学もワクワク! どの部屋にしようか選ぶのも楽しく出発前からテンションが上がりそうです。
そして特筆すべきは、デザインだけではなく、とても機能的でストレスフリーなこと。高層階は、靴を脱いでくつろぐスタイルだったり、4名で利用する客室はシンクが2つあったり。全客室トイレとお風呂はセパレート。お風呂には湯舟はもちろん、お部屋によってはボディシャワーもあり寛げます。細かいところまで配慮が行き届き、居心地がとてもよくて感心しました!
s-P1060271.jpg

↑グループや家族におすすめの「レインボールーム」
s-P1060285.jpg

↑きらきらコーナールームの洗面所は、壁紙も可愛い!

お子様連れから、カップル、女子会まで、あらゆるニーズにこたえる客室タイプは全部で14種類! 今回は、その中で私の気になるユニークな5つを紹介します。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルホテルですが、パークに行くのがもったいないと思ってしまうほど。ホテルでのんびり滞在を楽しむのも私的にはおすすめです。

<どれにする?ホテル ユニバーサル ポート ヴイータ:ユニークな客室から厳選>
■初めて見た!秘密基地のようなお部屋はグループや家族に「レインボールーム」
■お姫様気分で過ごせる「きらきらコーナールーム」
■小さなお子さんも安心のベッド「もこもこルーム」
■70平米の客室からはパークの夜景も楽しめる!意外とリーズナブル「スパークルーム」
■ロマンチックな宇宙の星がテーマの部屋はカップルや家族に「スターリールーム」

各客室の説明はこちらから
posted by 村田和子 at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

プリンスホテルの高輪貴賓館で歓桜会

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
ここのところ執筆で家にこもることが多いのですが、今日は夕方から外へ。
プリンスホテル主催で、高輪貴賓館で開かれた歓桜会へ参加してきました。明治44年に建てられたクラシカルな建物、素敵です。
1280-IMG_1394.jpg

一帯は桜で毎年ピンクに染まるのですが、今年はあいにく早めに満開を迎えた関係で外は見ごろを過ぎておりました。が、館内は春爛漫。いたるところに東北から取り寄せたという桜が飾られ、東京エリアのプリンスホテルの支配人の皆様はタキシード。広報の皆様はお着物で素敵でした。
1280-IMG_1423.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 00:25| 東京 ☁| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

明治維新から150年。佐賀県から~漫画鍋島直正&小説「かちがらす~幕末を読みきった男~」

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日宅配便が届き、中をみると歴史の本が3冊。
今年(平成30年)は明治維新150年を迎えるということで、佐賀県では、幕末・維新期における佐賀の偉業や県内の偉人たちの活躍を描いた小説&漫画を作られたとのこと。お送りいただき感謝です。
640-IMG_3229.jpg

パラパラと拝見すると主人公である鍋島直正氏は、17歳で藩主になったというのをみてびっくり。
これはまず息子に(←16歳)に読んでほしいなあと思い、そっと机に置いておいたら。読んでいました!(まずは漫画から)。私も拝読しましたが、明治維新という激動の時代の中で新しいものを積極的に取り入れ、変わることを恐れない鍋島直正公の姿は、変化の激しい今の時代に生きる子ども達と重なり、参考になることが多いと感じます。まさに歴史に学ぶ。

また、佐賀城本丸跡など、小学生だった息子と一緒に訪れた場所も出てきて懐かしさも。
漫画は小学生でも理解できる内容で、なんと!以下のHPでも見られるのでぜひに。

漫画 鍋島直正
佐賀城本丸歴史観
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

東京の真ん中で心潤すお茶と料理のマリアージュ:嬉野茶時 in 雲海@ANA インターコンチネンタルホテル東京

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先日、嬉野茶時 in 雲海にご招待いただき ANAインターコンチネンタルホテル東京にある日本料理「雲海」へ。嬉野といえば佐賀県。佐賀は食に温泉、焼き物と、上質な本物が多く大人の旅にはとてもおすすめ。
※一方でファミリー旅行にも力をいれられていて、私も以前ファミリーツーリズムの審査員などで訪れていました。ちなみに佐賀県のお宿は、リーズナブルなところでも器にこだわられているところが多いと感じます。有田町では給食も有田焼で出されると以前取材した際に伺いました
1000-P1040043.jpg

そして日本料理 雲海は、ここが東京の真ん中、しかも赤坂のホテルの中とは信じられない日本庭園を臨む落ち着いた空間。知る人ぞ知る穴場なのです。中に入ると……白いユニフォームでびしっと決めた紳士がずらっとお出迎え。
1000-P1040016.jpg

この日の為に嬉野からいらっしゃったのは、実は茶農家の方々。いつもは茶畑で農作業をされている方々が、もっと日本茶のことを知って楽しんでほしい……そんな思いから、嬉野流の茶の所作、そしてお茶をおいしく淹れるための茶器も地元の肥前吉田焼で製作されたそう。お茶を知り尽くした生産者が、それぞれの茶葉にあった湯温・抽出時間などで最高の一杯をふるまってくれる贅沢なひととき。所作は見ているだけで美しい!
1000-P1040024.jpg

今回、お茶とのマリアージュで頂いたお料理は目にも素晴らしく美味。器もこだわっていて、雲形?の器は肥前吉田焼の物を今回揃えられたそう!
1000-P1040034.jpg

1000-P1040046.jpg

今回頂いたのはお昼のご膳で価格は5000円(税サ別)。ちょっぴり贅沢ですが、お料理と一緒に頂くお茶も含まれるので(下のデザートも)、内容を考えると、とーってもお勧めです!
こちらの特別御膳は3月15日までの期間限定なので、ぜひお急ぎを。
1000-P1040031.jpg

1000-P1040053.jpg

※お料理の詳細などは、オールアバウトニュースで東京ガイドの藤丸さんが紹介されています!
なお、ANAインターコンチネンタルホテル東京のアトリウムラウンジでは、最適な温度と時間で抽出したこだわりの日本茶と和菓子が頂ける「嬉野ティーセット」を継続的に提供されるとのことで、こちらも試してみてはいかがでしょう。
1000-1040058.jpg

こうやってお茶をじっくりと淹れて味わう心の余裕、とても大事だなあと日頃のバタバタとした生活を顧みて反省したのでした。また嬉野茶時では、茶畑でのイベントなど、嬉野の地でも様々な催しを開催。生産者から様々な学びがあり参加者が楽しいのは勿論、生産者の皆様にとっても、自分たちの思いをお客様に伝え、またお客様からダイレクトに感想が頂ける貴重な機会で、モチベーションupにつながっているといいます。

嬉野は温泉も有名。嬉野の湯は、美肌の湯といわれ、化粧水に浸かっているような潤いが、ひと晩でも実感できます!今回のイベントでご興味を持たれたらぜひ嬉野へも足を運ばれてみてくださいね(と書きながら、自分が行きたくなってきます)

今回のイベントは、日本料理「雲海」の料理長 吉安 健(よしやす・たけし)さんが、佐賀と同じく九州の福岡ご出身という縁がきっかけで実現したのだとか。素晴らしいコラボの誕生、そして嬉野茶時の興味深い取り組みを体験できたこと、本当にうれしく思います。(写真は素晴らしいお料理を考案された 日本料理「雲海」 吉安 健 料理長とご一緒に)
1000-P1040064.jpg

素敵な時間を過ごさせていただき、関係者の皆様へ御礼申し上げます。
■日本料理 雲海(ANAインターコンチネンタルホテル東京)

■嬉野茶時
※嬉野温泉では、佐賀・嬉野ぷるるん女子会なるイベントも過去に都内で開催。地域を盛り上げようという気持ちが伝わり、そして取り組みのセンスが良いなあと思います。
posted by 村田和子 at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

成人式は着物三昧&「池田重子展に着付けのお稽古

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今日は成人式でしたね。横浜は晴れ着姿の若者たちであふれていましたが、一方で晴れ着が届かないというニュースも。一生に一度の晴れの日に、なんてことでしょう。
今日を楽しみされていた、ご本人や親御さんの気持ちを考えると胸が痛いです。
てるみくらぶの件を思い出した方も多いのでは?着物のレンタルなども確かに前払いでリスクがあるなあと、改めてニュースを見ていて思いましたが、まさか成人式当日にというのは、あんまりです。こういった晴れの場に関わる仕事をされてきたのなら、どれだけ楽しみにしているかもわかっていらっしゃるでしょうに。

さて、私はといえば、本日は着付けのお稽古で北鎌倉へ。でもその前に、横浜そごうで開催されていた池田重子展が最終日なので訪れました。
無題.png

アンティーク着物と帯どめの組み合わせのコレクションがズラリ。若い方も多く来場されていました。
2.png

いろいろな着こなしができるものですね。
昨年末実家からいくつか着物を持ち帰りましたが、少しずつ自分好みを探していきたいと思っています。
池田重子コレクション
posted by 村田和子 at 00:50| 東京 ☔| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

年始のUターン交通機関お役立ち情報:どうぞお気を付けて

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。さて、Uターンラッシュも本日がピーク。
一部では寒波のため交通機関の乱れも予想されるとのことでお役立ち情報をご紹介しておきますね。
特に小さなお子様連れの皆様、どうぞお気を付けて。
2017~2018年末年始の新幹線混雑状況
新幹線・特急列車が運休・遅延!どうする?(JR編)
台風や大雪で飛行機が欠航!慌てないためのポイント
東海道新幹線限定ですが、ママと赤ちゃんだけ後で帰宅するなら、ファミリー新幹線もおすすめです。
ファミリー新幹線に乗ってみた
IMG_7694.JPG
posted by 村田和子 at 11:08| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

BISTRO FAVORI 代官山でランチ&新海誠ワールド堪能中

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
年末に動いた分、お正月は家でゆっくり。今日はBISTRO FAVORI 代官山で家族でランチをして(※我が家はここ数年、1月2日は洋食のランチをするのが定番の過ごし方)、蔦屋書店で情報インプットをして帰宅しました。
IMG_1407s.jpg
IMG_1411 (1)s.jpg

お値段も手ごろでとても接客が良く、お正月から気持ちのよいスタート。

そして昨晩から「君の名は。」テレビ初公開記念として、新海誠監督の作品が夜中に放映されているのを堪能しています。実は映画公開前のGWに、偶然舞台となった古川へたちより映画のシーンとなった駅なども訪れていたんです。
IMG_1012.JPG

町中にポスターがあって「ああ、アニメの舞台になるんだね」なんて話をしていたのですが……まさか、こんなヒット作になるとはその時は思いもよらなかったのでびっくり!
新国立美術館で開催されていた新海誠展にも訪れて、関連作品も観たいなあと思っていたところなので、お正月はこれを見てインドアで過ごしています。
IMG_1009.JPG

新海誠監督は、空を描くの好きだと確か展覧会にあったかと思うのですが。私も旅先で、空を眺めるのが好き。刻一刻と変わりゆく、でも地球上ずっと続いている…不思議感じがします。
目を奪われる美しい景色の描写は、幼少から思春期までを長野県南佐久郡小海町の自然の中で過ごし方ことが大きかったというコメントも展覧会ではあり、小さい時の自然とのふれあいの大切さを実感したのも印象的でした。新海誠展は全国をまわるようなので、ぜひお近くで開催の折は足を運ばれてみてください。

私は明日からは、ちょっとづつ仕事も開始予定です。
お出かけ中の方は、帰省ラッシュも始まりました。天候が荒れる地域もあるようなので、どうぞ皆さまお気を付けて。

BISTRO FAVORI 代官山
新海誠展
posted by 村田和子 at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
今年も多くの方が旅を通じて元気になりますように、微力ながら頑張ります。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

※新年は4日より仕事始めとなります。
P1020895.JPG
posted by 村田和子 at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

今年も一年ありがとうございました。感謝を込めて

2017年も、あっという間にあと2時間。
年初に掲げた「自分ファースト」のスローガン通り、今年はいろいろな初体験への挑戦の旅も多くしました。
健康で過ごせたこと、たくさんの経験ができたこと、多くの人と出会い親交を深められたこと、心から感謝しています。

仕事では、旅育をテーマにした講演や、ジパング倶楽部やJAFMATEという媒体での監修など、新しい仕事への挑戦もありました。一方で、以前ご一緒した方から、再度仕事のお声がけをいただくことも多い一年でした。
本当にありがたいことです。
関係者の皆様、そして活動を応援してくれる家族にも改めてお礼を言いたいと思います。

息子も高校生となり、時間もでき、私の興味関心も変化する中で、どういった活動をしていくか……来年はじっくりと考えたいと思っております。
2017年一年間ありがとうございました。どうぞ素晴らしい新年をお迎えくださいますように。

IMG_2487.JPG

■2017年歩み備忘録(各月の旅トピック)
1月:高知県の室戸岬へ。太平洋を見ながらサイクリング
2月:現美新幹線に乗り、十日町雪まつりへ
3月:息子と観光列車の東北エモーション乗車。宮古・田老の三陸海岸へ(旅育の卒業旅行)
4月:ホテルオープンで北海道千歳へ。懐かしの淡水魚水族館!
5月:16年ぶりの夫婦ふたり旅で界アンジンへ
6月:観光列車花嫁のれんに乗車、金沢ひとり旅
7月:スタークルーズ乗船&観光列車:ザロイヤルエクスプレス初便乗車
8月:2泊4日弾丸バリ&コスタクルーズ乗船(その前に善行寺へひとり旅)
9月:ルビープリンセスで、シアトル発のアラスカクルーズへ
10月:大学洋弓部のOB会出席で懐かしい方との再会の旅
11月:いい夫婦の日の旅へ。星のや富士へグランピング
12月:奈良県大神神社へひとり旅(↑道中の新幹線で富士山がきれいに見えました)
posted by 村田和子 at 22:11| 東京 ☁| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

2017年最後の旅は、奈良:大神神社へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
年末、皆様どのようにお過ごしですか?
私は息子がスキー教室へ行っている間を利用して、帰省を兼ねてのひとり旅。
実家に滞在して、奈良県庁やお世話になっている皆様にご挨拶、その後は奈良県桜井市にある大神神社へ。
IMG_2530.JPG

日本最古の神社のご神体は三輪山。町中に摂社があり、古から神様に守られてきた地は、とても気持ちも清らかになるのを感じます。山の辺の道を歩き摂社であり元伊勢といわれる檜原神社へ。こちらは三ツ鳥居を参拝することができます。しっかりとパワーチャージをして来年への備えもばっちり。
IMG_2574.JPG

今回は早朝に参拝をするために、町家ゲストハウス三輪へ滞在。女性一人でも安心して泊まれるという評判通り、素敵なご夫妻が迎えてくださりました。
IMG_2550.JPG
町家を改装した宿は、全4室がすべて個室。参拝後には、手作りのおいしい朝食もいただき、前の晩は、夕食後にご夫妻やゲストの方との交流も。おいしいと評判の奈良の地酒「風の杜」を私も差し入れし皆で味見をしたのですが。本当にこれ飲みやすくて美味。

今年はいろいろな経験をしましたが、ほっこりとするいい時間を最後に過ごせて幸せ。
きっとお正月は多くの方でにぎわうのでしょうね。
さて、私も年越しの準備をしなくては…。

大神神社
■町家ゲストハウス三輪

posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

品川プリンスホテル39F Dining&Bar TABLE 9 TOKYO誕生!

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
本日は、品川プリンスホテル39Fに12月13日にオープンする「Dining&Bar TABLE 9 TOKYO」の内覧会へ。
地上140Mの最上階39Fにあり、広さ2000平米天井の高さは8M!ここには9つのダイニングとバーがあり、それぞれ個性あるこだわりの空間が広がります。そして周りに高い建物がなく、これぞ東京!という景色が四方に広がるのも美しい!
IMG_2136.JPG

IMG_2133.JPG


続きを読む
posted by 村田和子 at 01:26| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

今年始めたこと~鎌倉円覚寺で着付けのお稽古

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今年頑張ったこと&うれしかったことを12月は思い返していますが。
つい最近(11月)から、着付けを習い始めました。以前から母に「着物がもったいない……」と言われていたのですが若いときは興味がなかったのですよね(結婚の時にいくつか誂えてくれたのですが、全部実家に置いたまま)友人が着物でお出かけをしている姿をfacebookでみる機会が増え、またクルーズのフォーマルに着物がきれたらなあと思っていた矢先。取材で日舞の先生に一日習うことになり、そのまま着付けのお稽古へ。
P1020950.JPG

先生もですが、北鎌倉駅からすぐの円覚寺の境内というのも、素敵でしょう?(上の写真はお教室のある庵からの眺め)
先日は紅葉シーズンというのもあり、ちょっと足を延ばして名月院まで訪れました。
P1020892.JPG

P1020895.JPG

このお地蔵様、なんともほっこりとして素敵です。
着付けの腕は、一進一退ですが(!)頑張ります。

2017年もあと27日!
posted by 村田和子 at 01:44| 東京 ☀| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする