2017年04月06日

桜咲く中、息子の高校入学式へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
例年、入学式には桜は終わっていますが、今年はいい具合にタイミングがあいました!
早いもので、息子も高校生。桜咲く中、本日は高校の入学式でした。
400-IMG_0198.jpg

古い学校ですが、趣のある校舎で私は好きなんですよね。
開場5分前に講堂へいくと既に長蛇の列! みなさん早く登校するお子さんに付き添ってきて、写真を撮ったりされていたようです。なんだか高校進学がきまり、急に子育てがひと段落した気がして、のんびりとし過ぎたかも?
400-IMG_0208.jpg

なんとか席を確保し、時間になるとオーケストラの「威風堂々」にあわせて新入生入場。在校生からの「ハレルヤ」の歌の歓迎もあり、アカデミックな雰囲気で、あらためてご縁を頂いて良かったなあとしみじみ。
附属高校ですが、同じ中学からのお子さんは1/4程度。新しいお友達との出会いの中で、いろいろな刺激を受け、成長をしてもらえればと思っています。

先日、旅育の卒業旅行へも参りましたし、ここからは自分で考え歩んでいく姿を見守りたいと思います。

新しい一歩を歩み始めたお子様、そして親御さんにお祝い申し上げます。

※昨年12月ぐらいから入試の関係で自宅学習が続き、平日も家に息子がいるのが普通だった日々から、解放されほっとしています。同時に明日から、お弁当作りの毎日も始まります。あと3年間、頑張ります。
posted by 村田和子 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

旅育からの中学&高校受験~思春期の受験生へ想いを伝える秘策とは?

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
いよいよ受験シーズン。寒さも厳しく、インフルエンザも大流行……気が気でないかと思います。
我が家は一足早く受験が終わり、先日「合格の御礼と報告、そして3年後の大学入試も来ますのでよろしくお願いします」ということで家族で湯島天神にいってきました。さすがに絵馬の数も沢山!お参りする人も沢山!梅はちらほら。そして息子はおこずかいから人生初のお札のお賽銭を投入……それだけの御利益はありましたが。私もお札いれたことないので、ちょっとびっくり。
400-IMG_3222.jpg

さて、この数か月を振り返ると思春期の受験生との接し方って本当に難しいと感じます。心配でいろいろいうとうるさがられ、でもやはり頼りなくて言わずにはいられない。そんな時、親しい先輩ママから「トイレがいいよ」とアドバイスが。気になる新聞記事や心に響いた言葉などトイレに貼っておくと結構読んでくれるよということで挑戦。いつもは非常にシンプルな壁なのですが、12月頭からは、(なぜか)夏休みの進研ゼミの付録で、夏を乗り越えよう!という先輩からの励ましメッセージカレンダーなるものがあったので、年末に向かって日めくり(カレンダーとしては使えませんが、メッセージが結構よかったのです)。年が明けてからは、それを一面に貼っておきました。こんな感じ↓(※試験前1週間の期間限定)
400-IMG_4585.jpg

他にも希望高校の情報やら、試験の心得、時事ネタでしっておくといいなあと思ったものをさりげなく壁に貼っておくのです。時々は「内申頑張ったね!」「終わったら美味しいもの食べに行こう」「大丈夫!」など、母からのメッセージも貼ったりしていたのですが。結構読んでいて反応もあり、いいコミュニケーションツールになりました。

伝えたいけれど言葉にするとうまく伝わらない、そんな時に試してみてはいかがでしょう?
posted by 村田和子 at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

少し早い春の到来!サクラサク高校入試

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。さて本日は嬉しいご報告です。
我が家に一足早い春がやってきました。年始に息子の通う中学にて、附属高校の入試があり(※国立なのですが、4割程度が附属高校へ進みます)……この度無事に合格しました。
400-IMG_9947.jpg
11月後半から説明会や手続きなどの関係で、仕事もご配慮を頂いておりましたが、早めに決まりほっとしております。仕事関係の皆様にもご報告と御礼を申し上げます。

発表の翌日には、氏神様にお礼参り。
400-IMG_2971.jpg


IMG_2985.JPGその後、息子のリクエストでホテルビュッフェでお祝い。落ち着いたコースの方がいいのでは?と思ったのですが、中学生男子はビュッフェが希望でした(笑)


400-IMG_4532.jpg新横浜プリンスホテルのブッフェダイニング『ケッヘルン』。 初めて訪れたのですが、オープンキッチンで、その場で提供してくれるメニューも多く、男子に嬉しい肉食系から、女性に嬉しい野菜やデザートまで充実。リゾットや和牛のカレーなどが特に美味。デザートも美味しかった。息子も夫も、そして私も大満足。

丁度成人式の式典が近くであった日で、ホテルは晴れ着の新成人でいっぱい。息子が目をまんまるくして、びっくりしていたのが印象的です。


400-IMG_2974.jpg
気が付けば息子もあと5年で成人式。夢中で育ててきましたが、そろそろ親の役割も終わりに近づいているのかなと感じます……。でも、その前に大学受験。息子は最後のセンターテスト入試組で、これはこれで背水の陣、緊張感が高くなりそうです。

中学、高校、大学と多くの方は、これから受験かと思います。体調や天候など気にかかるところも多く、親御さんのご心配はいかばかりかと思います。
どうぞ親子ともに元気で、入試日に実力が出せますように、心よりお祈りしております。
久しぶりの入試で我が家も気が付いたこともあり、お役に立ちそうなことも、旅情報ととともに掲載できればと思います。

がんばれ受験生!
posted by 村田和子 at 17:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

あっという間に高校受験の巻。あと2か月でスタート

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
久しぶりに息子の近況?ご報告。つい先日中学受験が終わったと思ったら、あっという間に高校受験です。
我が家は中高一貫ではない、国立附属中学に在籍のため半数以上は外部の高校へ進学します。昨年までは附属高校への内部進学の選抜は、外部の一般生と同じ2月に同じ問題で実施。合格ボーダーが内部生は優遇されるという感じだったのですが。

今年は、なんと1月初旬に選抜が実施されることになりびっくり(※春に発表がありました。来年以降はまだ未定のようです)。内部進学を希望するものにとっては、上手くいけば他を受験せずに済むので助かるのですが、万一の際はそこから一般受験に切り替えが必要ですから、いずれにしても準備は必要。本日も高校の入試説明会へ。また結構大学附属高校への進学を第一希望にしていた方も多く、内部で合格すると他を受験できないので選択が難しいというのもあるようです。
IMG_2423.JPG

説明会の後は、湯島天神へ早めの合格祈願。まだ入試関連は少なく、七五三や結婚式が行われていて和やかな雰囲気でした。
3年前と同様、裏手?から入ってしまいましたが、中学受験はそれで上手くいったのでよしとすることに。お参りをしたら絵馬を書き、獅子舞のおみくじを引き、お守りを買ってと…まさに3年前と同じパターン。冷え込む日だったので温かいおうどんを食べて帰宅しました。
IMG_2422.JPG

入試は、願書や振り込みなど、期日が決まっているので、親としてもドキドキ。そして何よりも気をつかうのが体調管理。インフルエンザの予防接種もしなくてはいけないし、そうそう願書用の写真撮影もいかなくては…と、急に私も緊張感MAXです。

多くの受験生が自分の実力をだし悔いのない受験ができますように。受験生の親御さん、お互いに頑張りましょう。春が待ち遠しいです。
タグ:湯島天神
posted by 村田和子 at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

旅育からのヘルスツーリズム特別賞受賞~僕にとっての宝物 :八重山諸島での思い出

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
このたび、息子が第七回ヘルスツーリズム大賞において、特別賞を頂き、昨日表彰式に参加してきました。
執筆のタイトルは「僕にとっての宝物~八重山諸島での思い出」
※作品は、NPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構のホームページでご覧いただけます
会場はJTB本社ビルの20階、見晴らしの良い大きな会議室。あまり動じない息子ですが、さすがに大人の世界に、ちょっとドキドキしたようです。団体部門、個人部門大賞に続き、名前を呼ばれて前へ。受賞作品をプロのアナウンサーさんに読み上げて頂き感激。
400IMG_2288.jpg

続いて表彰状と副賞を頂き、受賞者からのひとこと。予告し考えておくように伝えていたのですが、中学一年生らしい(!?)挨拶でした。その後は、受賞者、主催者の皆様と記念撮影。
400IMG_2296.jpg

懇親会では、中締めのタイミングで、一本締めを仰せつかり挑戦!制服姿で「皆様、お手を拝借。よ~お。」というのがおかしくて、会場からは笑いが。
続きを読む
posted by 村田和子 at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2015年01月31日

【旅育からの中学受験】頑張れ受験生~明日から東京・神奈川中学受験

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
気が付けば今日で1月も終わり、明日は2/1。息子と「昨年の今頃はドキドキだったね」と話しておりました。インフルエンザもピーク(昨年も丁度流行しておりましたが)、しかも昨日は首都圏は雪をいうことで気が休まらないことと思います。(※写真は湯島天神。皆様の合格を祈願して)
400-IMG_2740.jpg

私は、受験の始まる前日……つまり本日と、最初の合格を頂くまでが辛かったです……。最初の試験を無事に受けるまでは、体調を崩したら? 雪が降ったら? 電車が停まったら?もし●●だったら?と心配は尽きません。万全の「もし」への備えをしつつ、日常通り子供の前ではふるまって、とにかく美味しいご飯を作って、早く寝かせるのに徹底。うちは息子の肝が据わっている?ので、随分助かりましたが。それでも、自分の受験の時より精神的にきつかった。そんな時は、頑張った子供は勿論ですが自分のために合格祝いの旅行のことをいろいろと考えておりました(そしてかなり豪華に実行。我が家の合格&卒業祝い旅は、試験が終了したころに、またご紹介したいと思います)。
mini-IMG_4420.jpg

もうここまできたら、今まで頑張った自分を褒めて自信を持って臨むこと、そして終わったことはふりからず前進あるのみ……と思うのですが、一つだけ受験中に私自身が「しまった」と後悔したことがあるので、ちょっと書いておきますね。続きを読む
posted by 村田和子 at 19:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

旅育からの中学受験~埼玉では受験開始。願書提出時にはいろいろ確認

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
旅育からの中学受験……大事な時に更新ができず申し訳けないです。今日から埼玉では受験が始まったのですね。我が家は東京&神奈川だったので受験は2/1~2/3に集中。昨年の今頃自分は何をしていたか……振り返ると、ここから受験が終了する2月上旬までは、さすがにマイペースで受験といいつつも親として相当きつかったです。

「親の役目は、健康に、後悔のない受験をできるようにすること」ということで、息子や家族の体調管理、空気清浄機はフル稼働で、年明けからR-1を買い込み家族で飲み……。朝はテスト日に備えて起床時間を早めて、毎朝トースト、ヨーグルト、暖かいスープ、フルーツ、そして一粒のチョコレート(←糖分補給)という食事を受験が終わるまでの定番に。

そして、もう一つ。受験する学校に無事に届けることも親の役目。「雪が降ったら?」「この路線が停まったらどうするか?」等々をシミュレーション。願書を出しに行く際には、行きは普通に、帰りは万一の際の迂回ルートで帰り、バスの乗り場などもチェック。もしも雪が降った場合のためにスノーシューズも購入(※きつい坂道がある学校を受験したので。結局使わずじまいでしたが…)。それとともに、2/1~2/3の動きも確認。2/1が第一志望なら合格→すぐ決定ということでシンプルなのですが。我が家は試験日を追うごとに志望があがり、2/3校が第一志望でした。2/1から受験への引率、合格発表、入学手続き、入学金の振込等々があり、予定が進むにつれてクロスしてきます。とても一人では無理で夫と役割分担。各中学校の受験の合否により動きも変わるため、大掛かりなプロジェクト管理のような感じだったと記憶しています。
入学金もいったん納入すると戻ってこない学校がほとんどなので、綿密に動きを確認。さすがに精神的にきつかったのを覚えています。

年末年始にかけてインフルエンザも流行し、受験生の親御さんは気が気でないと思います。どうぞ万全の体制で受験ができますように。お子さんがリラックスして実力を発揮するためには、”いつも通り過ごす”のが大事。ここまでくると、勉強よりも精神力・体調の方が大切だとわが子を振り返り思います。多くの方の努力が実り春が訪れますようにお祈りしております。
omairi.jpg
posted by 村田和子 at 12:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

旅育からの中学受験~国立附属中学って?授業料等の費用&休暇

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
国立大学附属中学のメリット&デメリットの続きです。今回は費用面と休暇について、我家の例を元にご紹介しておきます。

費用面ですが、授業料は、中学は義務教育ということもあり無料です。ただし、後援会費として年間十数万円程度の負担があり任意ですがほぼ全員が支払っているとの説明でした。こちらで図書室の書籍や教材の一部などを賄っているようです(※学校により異なることご承知ください)。息子の学校は制服はありますが、鞄や靴などの指定もなく、いずれにしても費用面については、入学試験費用から入学金、授業に関わる費用、その他もろもろ、私学に通うのと違って負担は相当軽いです。ここは親としては有難いところ。

また私学の中高一貫校のほとんどが土曜日に授業があるのに対して、国立は週休二日。夏休みや冬休みなども公立や私立よりおそらく長いのではないかと。続きを読む
posted by 村田和子 at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

旅育からの中学受験~国立附属中学って?メリット&デメリット

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
旅育からの中学受験、ご無沙汰しておりました(すみません)。そろそろ本格的に志望校を具体的に決める頃かと思います。我が家は第一志望が国立大学の附属中学だったのですが、なんせ募集も少なく情報も少なく様子がわかりませんでした。もしかしたら検討されている方もいるかもしれませんので、国立附属中のメリット・デメリットを(私の知る限りですが)ご紹介しておきます。
640-800-IMG_4374.jpg

※写真は受験後、お祝いに星のや軽井沢へ行った時にお部屋にあったプレート。この話は別途ご紹介しますが、文具をデザインしたプレート、すごいでしょう?感激です。

続きを読む
posted by 村田和子 at 12:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年10月05日

旅育からの中学受験~文化祭&学校見学

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先週の土曜日、中一の息子が「明日〇〇くんと出かけるから」と。どこに行くの?と聞いたら「〇〇(女子校)の文化祭の券をもらったから一緒に行こうって誘われた。」とのこと。おお~青春!どうぞどうぞいってらっしゃいと送り出しました。丁度その日は、現在通っている国立中学のオープンスクールの日。昨年はドキドキしながらオープンスクールに参加したなあと、1年前のことのなのに懐かしく思っておりました。

さて、文化祭といえば、昨年は受験の為に男子校の文化祭を中心に、多分10校ぐらいは訪れました。5年生の時から少しづつ(受験勉強も始めていなかったのですが)覗いていたのですが、子供ながらに「ここは好き、ここは嫌い」というのがあるんですよね。親も生徒さんをみていると、我が子にあいそうとか、ちょっと違うとか…肌で感じるものがあるのが不思議です。五感で自分の目標となる学校を見ておくのはとても良い経験。中学受験をしようか迷っている方もいくつか訪れてみると、「ここ行きたい!」と本人がいいだすこともあるのではないかと思います(※6年生になると通常の通塾をしていると秋は忙しくて難しくなるようです。思い立ったら早めに行くのがよさそうです。)


続きを読む
posted by 村田和子 at 00:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

旅育からの中学受験~学校別対策講座に行かないという選択

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。旅育からの中学受験、久しぶりの更新です(すみません)。夏期講習が終わり、塾では入試実践対策や学校別の対策講座も始まり、いよいよ受験が子供たちにも、実感として湧いてくる頃ですね。実は我家は、この時期が一番、勉強方法で悩みました。夏前までは平日は自宅でオンデマンド授業、週一回テスト生として通塾。夏は夏期講習に参加し……さて秋からどうするか。
⇒あと半年だし平日も通学させた方がいいのか?
⇒秋から始まる入試実践講座(or学校別対策講座)に行くべきかどうか?
 ※受験塾では秋から、●●学校対策講座、あるいは特定の学校ではなく入試問題を解くテクニックをみにつける実践講講座が開講され、何れかに参加するのが通常です。前者は選抜制で、より学校の入試問題にあった対策をしてくれます
⇒テスト生に加えて対策講座に行くと、週末は土日とも通塾となるけれど体力的に大丈夫かな などなど。

ちなみに第一志望の国立中学については対策講座はなく、塾から勧められた挑戦校の対策講座に合格は頂いていのですが。開講する校舎が自宅から遠く(1時間くらい)、他に第一志望があるのに通うモチベーションが果たして保てるかしら?という心配が。夫とも相談し本人の意思が大事ということで聞いてみると
⇒平日は学校もあって大変だしこれまで通り家でやりたい
⇒学校別講座は遠いので、今まで通り近くの校舎へ通いたい(先生も好きなので今の校舎がいい)
⇒週末2日間とも通塾は休みがなくなるから・・・・・多分、僕には無理
……はい、受験生として甘いということは重々承知していますが。でも旅三昧でのんびりやってきた息子にとって、冬場は夜も暗くなるのが早く寒い中、1時間かけて通塾も厳しいだろうなあというのは想像できるところでした。そして出した結論は……続きを読む
posted by 村田和子 at 22:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

旅育からの中学受験~夏期講習のお休みは、学ぶ意味、知ることの楽しさを親子で探して

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
旅育からの中学受験……久しぶりに更新。さて夏期講習の短いお休みに突入されたお子様も多いのではないでしょうか? 我家の受験生の夏を振り返ると…こんな感じでした。

ぜひ休暇中はしっかりとリフレッシュして後半の講習、そして受験までの期間を乗り切れるようにしてあげて欲しいなと思います。
400-IMG_6747.jpg

食べ物も消化の時間がかかるように、覚えたものも時間をおきちょっと離れてみることで定着しやすいということもあるかと思います。食べ続けていたらお腹を壊しますが、勉強もしかり。もう半年と思うかもしれませんが、まだ半年もあるのです。上手に息抜きをしてモチベーションを保つ練習も必要です。

勉強を完全に離れてリフレッシュが怖いという親方も多いかと思いますが、学ぶ意味、知ることの楽しさを、親子でみつける機会ととらえればいかがでしょう?

続きを読む
posted by 村田和子 at 09:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

旅育からの中学受験~社会科は旅との相性抜群!歴史編

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
息子は、中学に入り初めての考査(※息子の中学校は期末テストのみ)が終了し、結果をまつばかり。受験の際も、計画だけは一緒にしていたので「試験までの計画一緒に立てようか?」と声をかけたら、「学校でやったから大丈夫」との話。初めての考査ということで、授業で試験に向けての計画を立てるところからしてくれたそうで(※面倒見がよくてびっくり)。ということで、私は見守ることに。マイペースながら頑張っていました。

さて、旅育からの中学受験。先日星野リゾートの星野社長とお話した際に「旅と社会科は深い関係がある」という話がでました。旅育の効果は多義にわたり、環境順応や成功体験というメンタルな部分も大きいと思うのですが、教科でいったらやはり「社会科」との相性は抜群です。(続いて理科でしょうか。)
600-IMG_6397.jpg

息子の受験を見ていても、やはり社会科は、「旅に出ていて良かったなあ」と思う所が多くありました。特に歴史は、過去のことですし馴染みにくく、勉強には想像力も必要になるかと思います。
息子は受験勉強の開始は遅かったのですが、吉野ヶ里といえば「火起こしして、勾玉つくったところだね」。平城京といえば「広い所に、舟と門があったところだよね。広くて暑くて疲れた(※遷都1300年祭の時に平常京跡へ訪れました)」と、記憶や体験と結びつくので、スムーズに受験勉強にも入れ、また忘れないし知識の深さもありました。
600-IMG_6559.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 00:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

旅育からの中学受験~オトナになる為の学び

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
旅育からの中学受験シリーズ、今回はとても共感した、あるコラムをご紹介したく思います。
■オトナになるための学び、オトナのための学び ~娘の中学受験を終えて考えたこと~ 
組織行動研究所 所長 古野 庸一氏
「学習する力」「多様な価値観」「理不尽なことに耐える力」
これらは、コドモからオトナになる際に必要な学びである。
そして、オトナになっても必要な学びでもある。~コラムから引用~


と結ばれたコラム。恐らく、受験を終えた方も、受験勉強真っ只中の方も、多かれ少なかれ思い当たることがあるのではないかと。まだお子様が小さな方も、いずれ悩む時が来るかと思いますので是非ご覧になってみてください。
我家が「旅育からの中学受験」というスタイルを選択したのも、まさに筆者と同じような考えや疑問があったからこそ。
400-goukaku2.jpg

そして合格発表や入学手続きの時に、「6年後の大学受験めざして」「6年後は東大だ!合格率〇%」という塾のパンフレットを配っているのをみて、違和感を感じたのも同じく……。

その時々で本当に必要な学び、そして自ら学ぶことをしなければ、希望の大学に入っても何をしていいのかわからない、社会人になって現実に向き合えない……そんなことになりかねないのではないかと、昨今の風潮をみていて危惧しています。

本当の学びに旅ができること、とても多いと感じ、「旅育」の効能を様々な形でお伝えしたいと思います。

参考)親子の為の旅育メソッド
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

旅育への思い【前編】~いまだから出来ること

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
最近よく聞かれるのが『お子さんが中学生になり、旅育への関心や熱意は変わらないのですか』ということ。答えはNO。聞かれてはじめて「そういう考えもある(というかむしろ自然?)なんだなあ」と。
旅育を実施するのに効果的な期間は、脳科学的にも、また自身の経験からも3歳から9歳と旅育メソッドでも定義しています。ただ息子がその渦中にいる時は、効能を感じながらも結果がすぐに出ないものある為、確信がもてないこともありました。
640-IMG_6234.jpg

小学校高学年になり、また旅育からの受験にチャレンジし、それらの経緯をみてきてやっと、『今だからこそ分かる』『あの経験がここで結びつくのか…』と納得いくことが多々あり、それをしっかり伝えたいと、今は思っています。(※受験の為の旅育ではありません。効能を図る一つの目安として捉えています)
400-IMG_6571.jpg

昨年は親子の旅育メソッドを発表させて頂きましたが、今年はより実践的な内容や旅育のおでかけスポットをお伝えすべく活動を出来ればと思っています。引き続きどうぞよろしくお願い致します。

※旅育に関する情報は、「家族deたびいく」で掲載中です
Facebookページにも、是非”いいね!”をお願いします
tabiikufacebook.JPG

posted by 村田和子 at 23:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

旅育からの中学受験~小6の夏休みの家族旅行はどうする?

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
日曜日に更新中の「旅育からの中学受験」。今回は結構頭を悩ます親御さんが多い、「小6の受験生、夏休みに家族旅行へ行くかどうか?」の話題。丁度GWも終わり、そろそろ夏の旅行計画をする方が増えてきます。そんな中、受験の掲示板などでも、よく見かけるのが「受験生ですが旅行に連れて行っても大丈夫か?」という問い。勿論答えなどはなく、どうされますか?どう思いますか?というような内容です。

私の個人的な回答は、「受験生で頑張っているからこそ、是非連れて行ってあげて欲しい」ですね。これは仕事上ではなく、受験を経験した母の視点で強く思います。
多くのお子さんが、長い夏休みの大半を夏期講習などに費やします。遊びたい盛りの子供にとって、これって大変なこと。「ちゃんと認めてるよ」「夏休み、よく頑張ったね」という意味のご褒美旅行でもいいですし、学んだことを実践する場としての旅もいいと思います。自分が学んだことを実体験として感じると、勉強へのモチベーションがあがりますし、自信にも繋がります。そして一時日常を離れて親子で過ごす時間は、子どもの心の安定にもつながるかと(※お母さん、お父さんの息抜き&冷静になる為にも有効かと。受験は時に周りが見えなくなることがありますから)
400-IMG_0206-003.jpg


(※写真はすべて、昨年夏に乗船した小笠原クルーズから)続きを読む
posted by 村田和子 at 18:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

旅育からの中学受験~全国統一小学生テストを旅育流に

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。暫くお休みしてしまいましたが、日曜版『旅育からの受験』復活します。GWが過ぎ6年生はいよいよ夏に向けて受験ムードが高まる頃ですが、今回はその話はちょっとおいて、四谷大塚の全国統一小学生テストについて。

テレビでも時期が来ると宣伝が始まりますが、我が家は、受験勉強は6年生からスタートだったものの、この全国統一小学生テストについては、3年生から受験していました。ただし息子には『塾に通っている人も多いし習っていないところもあるから、結果は気にしないでいいよ。どんな勉強しているのか知る為に受けてみよう』という感じです。
400-IMG_1683.jpg

このテストの良い所は、なんといっても無料で、しかも全国ベースで様々なデータが得られること。年2回ですが、定期的に受験することで学力の推移も確認できます。受験勉強はしていないものの中学受験をなんとなく考えているという方にはおススメです。さらに受験勉強を始めた6年生の時には(それまで勉強していないので当たり前なのですが)格段に偏差値が伸び、6年生の夏前という大切な時期に、本人の『やっただけ結果が出ている』という自信にも繋がりました。
結果を受け取るのに、塾に足を運び、場合によっては受験の現状や入塾説明を受ける必要はありますが、それも将来受験を考えるなら貴重な情報と捉えれば有難いもの。

そして受験後に必ず息子は『こんなところ習っていないよ。無理~』と不満を口にしながら出てきます。特に社会と理科は、知らないと解けないという問題も多いので尚更ですが、ここで旅育として一工夫
ポイントは問題を一緒に確認すること。理科と社会は、旅を通して実は関連した経験をしていたり日常と繋がることも多いので、少し話をすると『そういうことか!』『ああ、そんなことあったね』となることも多々あります。あるいはテストを機に、科学館や歴史資料館(※各地にあります)、関連する場所へお出かけをしてみるのもお勧め。偏差値を気にするよりも、勉強と経験を結びつけるきっかけとして活用するのが旅育流です。

ちなみに……余談ですが、5年生のテストの後に、算数の円の面積を求める基礎問題ができず、不思議に思い聞いたら(※算数は得意だったので)『円の面積の求め方がわからない。習っていない』と言われびっくり。私の時は、もっと早く習った記憶があるのですが、現在は6年生にならないと 半径×半径×3.14の公式 は習わないようです。日々お子さんの学習現況について把握されている方はともかく、私のように日常はあまりタッチしていない方は、親としてもいろいろ気づく機会になります。
次回の全国統一小学生テストの開催は6/1。こちらで受付中ですので、ご興味ある方は、検討されてみるのもいいですよ。

■(参考)知識×旅育 おすすめスポット~首都圏(家族deたびいくより)
【東京都】ワークショップがオススメ~科学技術館
【東京都】文部科学省情報ひろば~親子で学ぶオリンピック!
【東京都】日本銀行見学へ。大きな地下金庫も見応えあり・・小学生5.6年生
「旅育」実践編:乗り物を学べるおすすめスポット(オールアバウト)
【東京都】国会議事堂の参観へ、歴史的瞬間を体験
村田和子式 親子の旅育メソッド
posted by 村田和子 at 10:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

旅育からの中学受験~小学生新聞はおススメ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
週末企画「旅育からの中学受験」。今回は、小学生新聞のお話。
我が家が購読を開始したのは、小学校5年生の秋。複数の中学校が説明会を一堂に介してやるイベントがあり、どんなものかとのぞきに行ったときに、朝日小学生新聞のキャンペーンをしていてそこで申込みました。(※ちなみに肝心の学校の説明会は、どこへ行きたいかも全くノープランの状態だったため、パンフレットを頂いて終了。)

そこから「できれば一面の見出しだけでも読んでね」ということを伝え、あとは自由きままに、興味のあるところだけ読むという感じで過ごしました。特に強制はしていなかったので漫画だけ読んで終了の日も多かったかと(苦笑)。でも大事なのはここから。読んだものをストックしておくこと。夏を過ぎてから大活躍します。秋になったらストックを取出し、時事問題で大事そうな話題(昨年度でしたらTPP、アベノミクス、ねじれ解消、世界遺産登録、オリンピック開催決定、異常気象等々)ごとにまとめて、ジャンルを息子に選んでもらっておさらいで読むことを習慣に。
400-IMG_3590.jpg

毎年発行される”時事問題のまとめ本”は要点を絞っていて便利ですが、最近の入試問題(特に難関中学)は、単に知識を問うのではなく論述が多くなってきています。なぜそうなるのか?あなた自身はどう思うのか?そんな設問が多いんです。社会は勿論、理科なども資料があり、それをみて理解して述べるという傾向が強くなっているので、単にTPPは何か?にこたえられるだけでは不十分。そういう観点から小学生新聞は教材としてとてもおすすめ。背景や経緯、補足情報、それが今後どのように問題かなどの専門家の意見等々も掲載されているますし、まとめて読むと時系列で考えらえるので、単に知識としてだけではなく多角的なものの見方なども身につきますし理解も深まると思います。
400-IMG_3593.jpg
さらに、漫画やクイズ形式で各科目を解説するコーナーや、中高一貫対策、作文対策など勉強向けのコンテンツも充実。ただ日々、これらと向き合うのは難しいかと。少なくてもうちの息子は新聞を読むときに鉛筆はもっていなかったのでこれらは飛ばしていたようです。これも秋以降に、苦手な科目や面白そうなものをピックアップしておいて、ちょっとした隙間時間におさらいをしていました。

これだけ活用すれば、新聞も本望かというぐらい最後はボロボロ(笑)。でも小学生新聞、実は私の方がはまっていたかもしれません。難しいことも子供向けに説明しているのでとてもわかりやすく、時に私自身があやふやな理解で、今更人に聞けないわ……ということもこそっとチェックしたりしていました。そして、旅育観点で魅力的な記事も多く、また企業のイベントやツアーの募集等々の広告も多くて、これも楽しみで(情報収集に?)みていました。

5、6年生には、社会とつながり興味を持つという観点からも、受験は抜きにしてもとても良いのでは?と思います。
posted by 村田和子 at 00:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

旅育からの中学受験:思わぬ効果~環境順応性

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
週末は、暫く忘れないうちに「旅育からの中学受験」で私自身が体験して「これはよかった」というものをご紹介していきます。一つの例としてご参考になれば幸いです。
<参考>
村田和子式旅育メソッド
我家の中学受験の結果
旅育からの中学受験関連記事一覧

受験勉強をしていると6年生の夏前後から、外部模試が多くなります。受験校の選定の指標(偏差値)をみるという役割の他、実際の中学校を会場にしている所が多く、子供にとっては受験さながらの予行練習、親にとっては(子供が受験中、学校の説明会などを実施されるところも多く)中学校の教育理念や環境等をチェックできる機会でもあります。

通常進学塾では毎週末に単元ごとのテストをするところが多いのですが、塾とは違う環境ということもあり、普段は成績がいいのにこういった外部模試だと、緊張して思った成績が残せないというお子さんも多いそうです。例えば人の鉛筆を走らせる音、周辺の席の人のちょっとした癖、机が少しがたつくなどが気になって、集中できないケースもあると聞きます。

我が家の場合は、この点は全く問題なく安心して試験に送り出せました。性格は勿論あると思いますが、旅に出ていると実に様々なことが起こります。場所や周りの人という環境も普段とは違うし、時には予定していた通りに進まなかったり、列車が運休するなどトラブルにあうことも。そういった経験の積み重ねは、度胸というか環境順応性が嫌でも育まれます。これは一発勝負の入試ではとても大事だと、実際に入試を経験してみて感じます。

中学入試の問題を見ると、よく短時間に解くなあ…と感心し、なんだか子供を頼もしく思うかたも多いのでは?
でも、中身はまだまだ幼い小学生。ちょっとした気分の動揺とか環境が違うということ等で、実力が出せないリスクは少なくないと思います。
旅を通じて、勉強や模試というだけではなく、あらゆる非日常の環境に身を置くこと、トラブルがあっても何とかなったという経験は、入試本番のメンタル面に効いてくるのでは? なんて思っています。
posted by 村田和子 at 23:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

旅育からの中学受験~合格のご報告

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
1月末からお休みを頂き、息子の中学受験のサポートに専念しておりましたが、無事に進路を決定。手続きを終えましたので、ここにご報告させていただきます(※お仕事関係の皆様には、特にご迷惑をかけし申し訳ありません。本日から通常通り仕事に復帰を致しました)

2月1日から3日間に渡り3校を受験致しましたが、お陰様で神奈川御三家を含む私学2校、および国立の中学校に合格を頂くことができました。文化祭や説明会に足を運び、教育理念に共感し受験することにした学校はいずれも素晴らしく、ご縁を頂いたことに大変感謝しております。息子とよく話し合い、進路は国立の中学校へと決めました。
400-IMG_3244.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 14:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育からの中学受験 | 更新情報をチェックする