2015年08月07日

終戦70年平和記念日式典を見て。中高生は広島、長崎へ是非

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。1週間に渡る長旅から戻りました。旅の様子はまたご紹介します。8月6日は広島原爆記念日。今年は終戦70年ということもあり、中学生の息子と、2月に長崎の平和公園、3月には広島の原爆ドーム、平和記念公園に訪れました。
400-IMG_0067.jpg

400-IMG_0040.jpg式典の模様を息子とテレビで見ながら、8時15分、黙祷。続く広島市の松井一実市長の挨拶に耳を傾け、旅をした時のことを息子と話をしました。広島ではボランティアガイドの方に平和記念公園内を案内をして頂き、また爆心地(※当時も今も病院)や被爆後に負傷者を収容した復路町国民学校にも訪れました。「綺麗な街だけど、ひっそりと当時の物が残っていること、今までの歩み、お兄ちゃんにも知っておいてほしい」という国民学校の館長さんの言葉は忘れられません。(爆心地から500M、疎開をしていなかった学童が被爆し、この国民学校では300名の方が犠牲に)

640-IMG_0073.jpg訪れたことがあると、式典の行われている場所や、参列者の見ている景色などもよくわかり、画面を通して多くの思いがこみ上げます。また、周りに多くの慰霊碑・慰霊塔があること、その中には若くして亡くなった動員学徒の慰霊塔、祖国を離れ日本で被爆した韓国の方の慰霊碑などがあること。折鶴はあのあたりで捧げるんだよね。爆撃地は原爆ドームのあちらだね。標的となった場所は橋がTの字で…等々。そして多くの外国人が訪れ、涙している姿。

今年、広島の被爆者の平均年齢は80.13歳(3月時点)になるといいます。ぜひ原爆の語り部の方がお元気なうちに、現地を訪れて、話しを聞く機会を、特に中高生(小学校高学年)の方には経験いただきたいなあと改めて思います。我が息子もそうですが、便利な時代に育った彼らは戦争という事が実感としてわきにくく、平和があってこそ、今の日常があるというのを忘れがち。それだけに実際に被爆された方のお話は、胸にささるようです。

640-IMG_1576.jpg長崎に訪れた時には、平和公園を訪れ帰ろうとした際に、偶然15歳で被爆した方に直接お話を伺うことができました。息子は自分と同世代の子どもが軍事工場で働いていたことにまずびっくり。偶然が重なって生き残ったが、その後の家までの道のりを歩いて帰ったこと、水が欲しいといって息絶えた友との別れ。後遺症の大変さ。


640-IMG_1577.jpg「未来を担う人にしっかり伝えないとという思いで元気なうちはここに通っている」と。息子と握手をして別れました。

原爆の記憶が鮮明にあるのは、被ばくした当時10歳前後の方でしょう。中高生と同世代で被爆されたかは85歳を超える年齢になっていらっしゃいます。
「歴史を学ぶのではなく、歴史から学ぶ」を実践する為にも、この機会にお子さんと訪れてみてはいかがでしょう? 
戦争の犠牲になられた全ての方に、謹んでんで哀悼の誠を捧げます。

終戦70年。中学生との旅育は広島、長崎の平和記念公園へ
posted by 村田和子 at 05:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

いざ九州・山口へ~変なホテル(ハウステンボス),観光列車みすゞ潮彩,萩の世界遺産

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。7月末より休暇を頂き、九州(長崎・福岡)・山口へと旅立ちます。長崎は今年二月に軍艦島、平和記念公園等を訪れたばかり。今回はハウステンボスにオープした”変なホテル”に宿泊してきます(※落札方式で予約しました)。
■参考
終戦70年。中学生との旅育は、長崎・広島二つの平和記念公園へ
【長崎県】軍艦島(端島)上陸クルーズへ

他にも今回の旅のテーマは、花火大会、観光列車(みすゞ潮彩)、そして山口県萩の城下町・世界遺産めぐり、と盛りだくさん。
ダイナミックパッケージに、学割、JR九州2枚切符、ふるさと旅行券、いろいろとお得なサービスも利用しつつ、気になるスポットを訪れてきます。
twitterなどでも呟こうと思いますので、気になるものがあれば、チェックしてみて下さいね。
twitter(旅行ジャーナリスト村田和子)
家族旅行を応援!家族deたびいくfaebookページはこちら
チケット.JPG

写真は、幕末ishin旅行券利用(2500円購入で5000円分利用可能)。今回は萩・石見空港を帰路で使うのですが、空港までは乗り合いタクシー(@2500円)が便利とのこと。二人で5000円が、こちらを利用して2500円で利用できます。ふるさと旅行券、売切れのニュースばかりが目立ちましたが、7月末に向かって販売する所も多く、上手に活用してみてくださいね。では、行ってきます!
posted by 村田和子 at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

山のシューレ2015に参加~文化体験&ツールドマルシェ(at二期倶楽部)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
先週末は、息子と一緒に、NPO法人アート・ビオトープ主催(共催:二期倶楽部、アートビオトープ那須)の山のシューレ2015へ参加してきました。梅雨入り前の絶好のお天気で、満喫。(※写真は二期倶楽部に広がる水田)
400-IMG_0709.jpg

400-IMG_0606.jpg一日目はオープニングシンポジウム「庭と農の新たな想像力」の後、開き舞台【イナンナの冥界下り】を鑑賞。
世界最古の神話を 
世界最古の言語「シュメール語」で 
世界最古の芸能「能楽」で演じる
ということで、全く想像がつかないまま、物語の予習だけはして参加をしたのですが。
能楽に、オペラ、人形師、浪曲師……という異色とも思えるコラボは、五感がフル稼働するエキサイティングな舞台でした。息子は年齢的に楽しめるかどうかと不安でしたが、想像以上に楽しかったらしく熱心に鑑賞。こちらは、写真ができたらご紹介できればと思います。

夜は、横沢マルシェで音楽を聞きながら、夕ご飯。ちょっと寒かったですが、星空の下素敵な時間でした。
そして翌日は、朝からツールドマルシェに参加。
400-IMG_0753.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 11:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

GWは日本初登録の世界遺産めぐりの旅育~姫路城&法隆寺へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
GWはお天気にも恵まれて、沢山の思い出を作られたことと思います。
我家は、訳あって関西の実家へ行かねばならず、合間に姫路城、法隆寺と、日本で初めて登録された二つの世界遺産と、一味違う宿の滞在をしてきました。
400-20150502 (36).jpg
400-20150502 (136).jpg5月1日、息子が学校から帰るのを待って姫路へ向けて出発。いつもは寝るだけならビジネスホテルを利用するのですが、今回はひとり2500円のゲストハウスへ滞在してみました。その模様はまた今度。
翌朝、姫路城へ到着したのは朝8時半。この時点で天守閣への登頂は約1時間待ち。
たいへんな人気ですね。


400-20150502 (28).jpgここまで来たので頑張って並びました。結局お昼前までかかり見学を終えると、官兵衛君が! 何気に男前です。
雲一つない青い空にそびえる姫路城は、とても美しかったですよ。


続きを読む
posted by 村田和子 at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

終戦70年。中学生との旅育は、長崎・広島二つの平和記念公園へ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
昨日から息子も新学期。早いもので中学二年生になり、旅のスタイルも変わりつつあります。
春休みは、広島県へ。世界遺産の厳島神社、そして原爆ドーム、資料館、平和記念公園ではボランティアガイドの方に案内をして頂きました。天皇陛下がパラオにご訪問されていますが、今年は終戦70年。息子も中学生となり、しっかりと過去を知り学び、自分たちの生きる現在、そして未来を考えられる年齢になったかなと思い訪れることに。
400-IMG_0067.jpg

※丁度原爆ドームは安全性の確認などのため、足場が組まれていました。
復興は難しいといわれた広島の街は、今では綺麗に整備され、かつて起こったことが信じられないくらい。平和記念公園もお花見の方でにぎわっていていました。「綺麗な街だけど、ひっそりと当時の物が残っていること、今までの歩み、お兄ちゃんにも知っておいてほしい」というのは、偶然通り見学させていただいた袋町国民学校の方の話。爆心地から500M、疎開をしていなかった学童が被爆し、この国民学校では300名の方が犠牲になられたといいます。地下は負傷者が運び込まれ治療が施されていたとのこと。
400-IMG_0012.jpg

400-IMG_0040.jpgそして驚いたのが、海外の方が原爆ドームや平和記念公園などに多く訪れていること。多いとは聞いていましたが想像以上で、記念館などでは真剣なまなざしで遺品を見つめる姿、涙ぐむ姿なども多くお見かけしました。国もいろいろで、平和を願う気持ち、幸せを願う気持ちは、全世界共通なのを感じます。昨今の世界状況をみると憂慮することが多々ありますが、改めて世界の平和を切に願いました。

300-IMG_0051.jpg※ボランティアガイドの方と。爆風で飛ばされた墓石。平和記念公園内は大きなお寺があったのだとか。平和記念公園の敷地内で当日の面影を残す数少ないものだそうです


400-IMG_1578.jpg2月には長崎県へ訪れ、平和公園で15歳で軍事工場で被爆した方のお話を伺う機会もありました。
自分と年齢が変わらない年齢で働いていたこと、被曝して九死に一生を得たこと、そこから家に帰るまでの道のり、しばらくして発症した後遺症……直接伺うことができ、何か息子も感じるところがあったのではないかと思います。

もちろん旅行ですので、美味しいものも食べ、楽しい場所にも訪れましたが、折に触れ、こういった機会もしっかりと持っていきたいと思います。中学生の旅育……オンタイムで実行中。またご紹介できればと思います。

posted by 村田和子 at 20:04| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

旅先で考えた子連れマナー~座席の向きはなおしましょう

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
640-IMG_0496.jpg3連休はちょっと大型の国内旅行へ家族で出かけました。陸路で愛媛へ。お目当ては観光列車”伊予灘ものがたり”。その後、内子に滞在し、今治から船で瀬戸内の島へ移動。絶景の温泉の宿を楽しんだら、翌朝は本州へ船で渡りNHKの連ドラ「マッサン」で盛り上がる竹原の町を散策。ひさしぶりに時刻表とにらめっこをしながら旅を計画しました。子どもも中学生になり、荷物を持ってくれるようになってこそ実現できた移動満載の旅。その模様はまたご紹介します。→↓伊予灘ものがたりの写真だけ先にちょっとご紹介。
640-IMG_0563.jpg


さてそんな移動のなかで気になったのがお子様連れのマナー。実は今回はツアーをアレンジして出かけたので安く済んだのですが、帰りの新幹線が普通席がなくグリーン車を予約。乗車すると3連休最終日の為、グリーン車も満席です。家族連れの姿も多くみられ、ざわざわとした感じであるのは、お休みの日ですから仕方ありません。しかし……我が家の横は、小学校高学年と3年生ぐらいの兄弟がいるご家族連れ。座席を向い合せにしていたのですが長時間の移動で飽きてきていたのでしょう。前の座席との隙間にもぐって遊んだり、大きな声で駄々をこねたりと、小学生としては少々目に余る感じの行動。私も子連れの大変さは分かるので、寛容な方だとは思うのですが、それでも……と思いつつ、音楽を聞いてやり過ごしていました。そして名古屋駅に到着し、ご家族連れが降りて行かれた後を見てびっくり。座席向かい合ったまま!
640-640-IMG_4157.jpg

これは、親がちゃんと教えてないといけません。次に乗ってきた人の為に座席やリクライニングを戻して下車するのはマナーだと。ちょっとした配慮ですが人として大切なこと。こういったことをしっかりと教えられるのも旅ならではなのに……残念です。

今回はたまたまグリーン車だったので、アテンドの方がすぐに来られて向きとリクライニングを整えて行かれましたが。あのままだったら乗車する人も多く、そこで詰まって大変だったことと思います(※その前に、私直しにいったかも)。子連れ旅行のマナー、自分が通ってきた道だけに感じることも多いです。

ただ多くの家族は座席の向きを治して下車されていました。中には子供と一緒に治しているご家族連れもあってちょっと微笑ましかったです。こういうこと大切にする世の中にしていけるといいですね。
posted by 村田和子 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

ロボットクリエーター高橋智隆氏の講演会へat六本木ヒルズ「KIDS' WORKSHOP」

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今日は、六本木ヒルズで開催中の「KIDS' WORKSHOP」の講演会に当選し息子と参加してきました。電車は空いていたのに、六本木駅は子ども連れでいっぱい。駅を出ると…ドラえもんが……他にも沢山イベントがあり、親子連れで賑わっていました。
400-IMG_7081.jpg

セミナーの講師は、あのキロボを制作したロボットクリエーター高橋智隆氏、テーマは「ロボットと人の未来 」。高橋氏の世界を舞台にした(しかも、グランドキャニオンをロボットに登頂させるなどとても面白い)仕事にまつわる話に始まり、なぜロボットクリエーターになったかという思いや経歴、そして未来を担うこどもたちのメッセージまで、非常に興味深く親の私も学びの多い一時間でした。
400-IMG_7030.jpg

ロボットクリエーターになったきっかけは、鉄腕アトムが好きで、手塚治虫先生の話を子どもの頃に聞いたのが原点なそう。趣味でロボットは作られていたものの、立命館高校から立命館大学産業社会学部という文系の道を歩まれていたそうです。しかし卒業時は就職氷河期で、納得できる就職先に決まらず、同時にモノづくりをしたいという思いが再熱し、なんと翌年京都大学工学部へ入りなおしたというのも、すごいですね。
続きを読む
posted by 村田和子 at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

次の旅の目標は……世界遺産制覇!?(日本の)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今日は良い天気の中、中学校の体育祭でした。天気が良すぎて親も少々ばて気味です。

そして、予定通り運動会が実施されたので、来週火曜日まで振り替え休日でお休み。雨だったら順延となるので、予定がたてられなかったのですが、平日学校が休みなんてそうそうありません! ということで直前ですが旅行の計画を立てることに。でも中学生の息子との旅、結構難しい。そしていろいろ話をして……「そうだ、世界遺産に行こう!」ということに。
400-IMG_3917.jpg

富岡製糸場が登録される予定ですが、いままで半数は息子と訪れているのであと半分。来週は平泉に訪れることにしました。平泉、私も中学校の卒業旅行以来です。
どんな旅になるのか今から楽しみです。
posted by 村田和子 at 23:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

夏休みは三世代で北海道&サハリンクルーズへ(旅育、孫旅にも)

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
皆さん、夏の旅行計画、そろそろ考え始めたころでしょうか?私は、珍しく今年は早めに手配をしました。実家の父母と息子と三世代で、クルーズに乗船します。(夫は仕事の為、お留守番。)予約したのは、ダイヤモンド・プリンセス北海道周遊とサハリンに立ち寄る10日間のコース。
400-IMG_2682.jpg

ダイヤモンド・プリンセスは(詳細は「ダイヤモンド・プリンセスってどんな船?(All Aboutクルーズサイト)」を是非ご覧ください)、実は三菱重工長崎工場で制作した日本製の船。昨年船内見学をして優雅さに惚れ惚れしていたのですが、今年はGWから9月まで長期にわたり運航しているので、念願かない乗船することに。
実は中学生になった息子の旅育にも良いと思っています(旅育ポイントは後述)。
続きを読む
posted by 村田和子 at 13:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

旅育からの中学受験~どうして中学受験?我が家の場合

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
週末企画「旅育からの中学受験」。今回は、旅からはちょっと離れますが、そもそもなぜ中学受験を選択したかについて。実は我が家は子供が小さな時はまったく中学受験は考えていませんでした。というのも、私自身が大学まで公立でしたし、別にそれで不便を感じたこともなかったので。また様々な人が集う公立だからこそ、学べることも多いと考えていたからです。

ですが、子供の学年があがり調べてみると、自分とは時代が違うことを知り、本人が挑戦したいならしてみるのもいいのではないか……と思うようになりました。(※ただ、受験オンリーにはなりたくないという思いもあり、旅育からの中学受験になったわけです)
受験をする理由は人ぞれぞれだと思いますが、我が家の場合は大きく3つがポイントでした。
続きを読む
posted by 村田和子 at 03:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

子供の個性を伸ばすのに親ができることとは?

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
いよいよ12月。そろそろクリスマスや年末年始の予定を立てルンルンされている頃ですよね。我が家はといえば、息子が中学受験をするということもあり、いつもとはちょっと違う年の瀬を迎えそうです。
(とはいっても今のところピリピリした雰囲気もなく相変わらずマイぺースです。)

先日志望校も確定し、願書用の写真を撮影に行ったり、書類を取り寄せたりと2月に向けて着々と準備中。そんな中、11月は体調を何度も崩してしまった私。受験生の母としてあるまじきことと深く反省。無事に風邪などひかず試験でベストを出せるように、息子は勿論、私自身の健康管理もしっかりとせねば・・と12月最初に誓った次第です。

さて秋以降は旅行も少しお休みし、息子を伴い説明会や学校見学に多く訪れました。続きを読む
posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

祝!東京オリンピック開催決定~先の未来を想像してニッコリ

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
2020年の東京オリンピック、開催が決定しましたね。
決定して、まず思ったのは7年後、息子は19歳だな…ということ。順調にいけば大学生になり、同世代の方が活躍する姿をみたり、あるいは何かの形でオリンピックの手伝いもできる年頃です。お子さんがいらっしゃる方は、同じように7年後の姿を思い描いた方、多かったのではないでしょうか?
そして私や夫は50歳を超えて、どんな人生を歩んでるんだろう?世の中はどんなふうになっているのかしら?などなど。

決定前に想像していた以上に、気持ち的にわくわくし、明るい将来を思い描いてニッコリする自分に気が付きました。思えば震災以降、なんとなく先行きが不透明な中で自然災害も多く、未来について積極的に「こうしたい、こうなりたい」と考える機会がとても少なくなっていたような気がします。それが7年後にオリンピックが来る……となると、自然といろいろな想いがあふれてくるから不思議。報道にもありましたが、7年後までに結婚して子供を産みたいという書き込みがTwitterでも多くみられたとか。その気持ちわかります。なんだか7年後って、ちょうど良いですね。近すぎもせず遠すぎもせず…頑張れば何でもできそうな気がして目標も立てやすい……オリンピックの力はすごいなあと改めて思ったのでした。

これから観光産業も賑わいを見せるでしょうし、経済的にも大きな改革やプロジェクトが始まっていき、東京もどんどん変わっていくのでしょうね。遠くに一筋の希望の光を感じたようなこの感覚、そして今日までの震災の記憶、さらにまだ復興半ばであり問題は山積みであること…忘れずにしっかりと未来へと歩んでいければと思います。

※家族deたびいくに「文部科学省情報ひろば~親子で学ぶオリンピック!」を掲載しています。
IMG_0704.JPG

よろしければご覧ください。写真は記念撮影OKの表彰台です(年代問わず楽しめるおすすめスポットです)
posted by 村田和子 at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

子連れ、赤ちゃん連れの旅マナーを改めて考える

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
「 再生JALの心意気/さかもと未明(漫画家) 」の記事が問題になっていますが……。読んで私も正直びっくりいたしました。(⇒記事はこちら

子ども連れのマナーは子連れ旅行やおでかけが多くなった昨今、問題になることも少なくありません。多いのは「(言葉もわかる)幼児が騒いでいるのに親が知らん顏」といったようなことがほとんど。これは私も問題と思うこともあり、旅育の観点からも「マナーを守る」ということも提案しています。
旅のマナー違反していませんか?~子連れ編

ただ今回のように言葉もわからない赤ちゃんに対しては、多くの方が見守ってくださるのが常です。赤ちゃんのぐずった声は、周りからすると不愉快なのはわかります。でもどんなに準備をしていても赤ちゃんは泣いてしまうときがある事、それは仕方ないことを多くの方が経験から知っていて許容してくれる。また必死になだめるお母さんを見て我慢をしてくだっているのだと思います。それに対して、お母さん側も申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを忘れない……これがマナーを守るというか、社会のモラルなんじゃないかと思います。

特に飛行機は気圧の変化や慣れない環境でぐずってしまうこともあります。じゃあ乗るなといわれても、赤ちゃん連れでも飛行機に乗らなくてはいけないこともありますし、旅に行くことで毎日育児に悩みつつも奮闘しているお母さんたちのリフレッシュになることも多々あります。考えてもみてください「泣き声がうるさい」といいますが、お母さんは24時間この子たちの面倒をみているのです。他人だから関係ないではなく、少子化が進む中、こういったお母さんの状況を知り温かい気持ちで見守って頂きたいところです。

一方で、赤ちゃん連れ、子連れで公共の場を利用をする際には、十分な準備など、お母さんも努力が必要なのはいうまでもありません。「赤ちゃんが泣き子供が騒ぐのは当たり前」というのは周りに理解していただくものであり、お母さん自身が思っては周りの理解はえられません。特にコミュニケーションができるようになったらしっかりと公共の場でのマナーは教えるべき。これから年末年始おでかけの機会も増えることと思います。以下にちょこっとアドバイスを掲載していますので、よろしければ参考にしてみてください。
子連れ旅行のノウハウ(家族deたびいく)
子供と一緒に海外へ~機内編(JALホームページ)

続きを読む
posted by 村田和子 at 11:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

本日締め切り!子供と一緒に応募を

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
台風が日本を縦断するようで、警戒が必要そうですね。私も午前中に買い物を済ませ、夕食の支度も早めにして万一に備えています。(夫と息子は山梨方面に行っていたのですが、無事に運休前の特急に乗ることができて帰宅しました)

さて、こんな天候の中、家にいる方も多いかと思いますが、今日〆切の二つのイベントをご紹介しておきますね。(以下、家族deたびいく 案内へ)

ANA機体デザインコンテスト~9/30〆切
JR東日本 新幹線フォトモザイクプロジェクト
anakitai.JPG

もっと早くご紹介しようと思いつつ、すっかり遅くなってしまいました。お子様が退屈されているようでしたら一緒に飛行機のデザインをしたり、新幹線と写っている写真を探したり…こんな時ならではの過ごし方をしてみてはいかが?

さて、明日の通勤・通学にも影響が出そうな台風。心配ですね。
最近はあり得ないことが、次々に起こっていますので、どうぞ十分に警戒をなさってくださいね。
posted by 村田和子 at 16:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

旅育を極める夏休み?

こんにちは、旅行ジャーナリストの村田和子です。週末やっと、夫も一緒に家族そろって旅に出ます。行先は…またfacebook(http://www.facebook.com/kazuko.murata
からでも現地レポートします! 子どもが夏休みに入ってからクルーズや三日坊主体験など、いつになく今年はでかけけていたのですが。夫の仕事が忙しくいつも息子と私の二人。やっと夏休み終了間際に、家族揃って旅へ行けることになりました。

またどこかで書きたいなあと思うのですが。5年生になった息子、本当は夏期講習にと思い塾もみてまわったのですが、5年生ともなると夏期講習は20日間以上、費用も10万円を超えてきます。夏期講習にかけるパワー、特に夏休みの大半の時間を塾へ費やす決心が親子でつかず、結局「今年の夏は旅育を極めよう」ということに。なのでこの夏はプライベートで今の息子にとって必要なことを意識した「旅育」をいろいろと模索していました。
400-IMG_2451.jpg

その一つ、旅とは言えないかもしれないですが毎年東京国際フォーラムを舞台に開催される、「キッズジャンボリー」に、事前にHPから申し込んで雅楽を体験してきました。詳しい模様は”家族deたびいく”に掲載していますが、とてもよかったです。日本の伝統に触れるこういった経験が後にどういうかたちで生きてくるのか……今はまだはわかりませんが、一つ一つ力になることを信じて息子を観察……いや、見守っていきたいと思っています。
400-IMG_2433.jpg

ちなみに、勉強は夏期講習に行かない代わりに懐かしき参考書「自由自在」を購入。算数のみ、夏休み中に終わらせるという目標を立てて旅にも持参(重いけど!)。私、受験算数の指導経験があるので教えようと思ったのですが。自分の子供が相手だと、お互い遠慮がない分これが難しい!何度険悪な雰囲気になったことか(苦笑)。夏期講習は見送ったものの、塾に行くかどうかの悩みは、まだまだ続きそうです。

この週末は、夏休み最後というご家族も多いのではないでしょうか?
自由研究に関するイベントを実施している施設も多いですし、お泊りをするにもお盆と比較するとかなりリーズナブル。夏休みにもう一つ思い出を増やしにぜひお出かけしてみてはいかが?



※旅行に関する執筆・講演・アドバイス等、仕事に関するご相談・ご依頼はメールでお願い致します
※取得資格:一級販売士・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者
家族旅行、子連れ旅行を応援する「家族deたびいく」もよろしくお願い致します!
© All rights reserved Kazuko Murata since 2006


posted by 村田和子 at 13:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

ゆとり教育にびっくり&明治生命館無料開放

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
週末は、国際フォーラムでベネッセが開催していた進学フェア(中学受験のためのイベント)へ行ってきました。我家の息子は5年生、いまだに塾に通わず進研ゼミ一筋で中学受験もどうするか決めかねているところ。進研ゼミの教材は考える力や興味関心がめばえるように工夫されていて、旅先でも『あ、これしってる!進研ゼミに書いてあった』ということが多く、旅育との相乗効果(?)で、雑学というか知識はわが子ながら、比較的多いと思うのですが……受験となるとまた別問題、悩ましいところです。とりあえず情報収集に行き、問題を解いてみたいということで、受験問題を見てみると、「三角形と円の面積ってどうもとめるの?」という息子の衝撃のひとこと。習っていないというので調べてみると、三角形は5年生、円の面積は6年生で習うようです。脱ゆとり教育のカリキュラムになっているはずなのですが、今更ながら知ってびっくり。これは何とかしなくてはいけないかも……と急に焦っています(笑)

焦りつつもせっかく休日に都内に行ったので、近くの「明治生命館」へ訪れました。
250-IMG_8970.jpg

こちらは1934年(昭和9年)3月に建てられた重要文化財に指定された建物。外観からもモダンで重厚な様子は伝わりますが、中は週末に無料で公開されています。
続きを読む
posted by 村田和子 at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

春休みキッズ職業体験プラン発売&イベントレポート(ラディソンホテル成田)

★★満員御礼となりましたが、追加募集を開始しました。限定10室です(2/27追記)>>申し込みはこちらから>>職業体験:春休み職業体験プラン★★


こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
実は昨年夏にラディソンホテル成田に滞在し、気に入ってしまった私。今年からサービスや商品造成のアドバイスをさせていただいています。そしてこのたび、「旅育」をテーマにした職業体験がセットになった宿泊プランが発売されることになりました。


250-IMG_9240.jpg今回は「総料理長と一緒に一日シェフ編」ということで、春野菜とカニクリームのニョッキを、大野総料理長の指導のもと、挑戦します! なかなか子供がプロのシェフに習う機会はありませんし、大野シェフはお子様相手でも本気モード!かなり本格的な内容です。お料理好きのキッズをお持ちの親御さん、ぜひこの機会に本物の体験をさせてあげるのはいかがでしょうか?


250-IMG_9247.jpg開催日は:4月1日(日) 10:00~14:00。コック帽、オリジナルTシャツ、修了証明書、お土産つき。職業体験の後は親御さんと一緒にランチとして作った料理を試食します。
体験の間、親御さんは見学していても、ゆったりご自分の時間を過ごされてもOK。
気になる宿泊プランのお値段も、親子2名で1万5千円(職業体験参加費、ツインのお部屋代、朝食2名分、プール利用2名分込)と参加しやすいお値段です(31日(土)、もしくは1日(日)のいずれか宿泊。大人二名などの場合の料金は問い合わせのこと)

春休みお子様とどのように過ごすか検討中の皆様、いかがでしょうか?近くには航空博物館や成田山などもあるので空いた時間は観光に、あるいはホテルのプールや野外のアクティビティで過ごすのもおススメです。
参加対象は:新小学3年生~新中学1年生、定員は限定15名。 間もなくホームページで販売が開始されますがなんといっても職業体験は大人気。お急ぎの方はラディソンホテルのfacebookページから管理人のラディソンベアちゃんに問い合わせてみて!
※参考までに、親子お料理教室に参加した際のレポートはこちら


続きを読む
posted by 村田和子 at 01:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

有楽町駅前に3Mのかまくら登場!点灯式へ

250IMG_4867.jpgこんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今日は息子の学校が終了後、有楽町へ。駅前で秋田県のPRイベント(14日、15日開催)が開催されるのに先立ち、かまくらの点灯式があるとのことで取材にでかけました。


250IMG_4834.jpg高さ3Mのかまくらが2基。有楽町駅をバックに出来上がっていました。秋田から40トンにもなる雪を運び、職人さん6名と県の職員の方で十数時間かけて作成をされたそう。
点灯式には、秋田県副知事の中野節氏、横手氏観光物産課長小松田文夫氏、あきた観光レディ、そして「なまはげ」もかけつけ、他にも有楽町駅長ほか関係者、かわいらしい世田谷区の保育園のお友達も点灯式に参加。
続きを読む
posted by 村田和子 at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

中学受験と旅育(たびいく)~塾の保護者会にて

250-IMG_4910.jpgこんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です
土曜日は、息子が先日受験した四谷大塚の全国統一模試の「見直し授業」なるものに参加すべくでかけました。
こちらの模試は年二回無料で受けることができます。
まだ塾通いをしていない息子。勉強といえば、学校と通信教育(進研ゼミ)と旅育(?)という中、状況把握の為に、年に一度は受けるようにしています。

私自身が大学まで公立だったので、無理に中学受験をさせる気もないのですが。ただ状況も私が子供の時とは随分違うようですし、選択肢のひとつとして考え息子と相談しながら決めていきたいなと思っています。

さて、子どもが授業を受けている間に、親は保護者会なるものがあり、今回のテストの総括やテストを活かして今後どのように子供のモチベーションをUPさせていくか……などのお話があったのですが、旅育観点でも、興味深いことがあったのでご紹介します。
(※写真は旅育の一環で訪れた姫路城の大改修の様子。現在公開中です)続きを読む
posted by 村田和子 at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

福島県を家族で堪能~自然・食・文化を満喫

250-IMG_2537.jpgこんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。先週末は家族で福島県の会津地方へ行ってきました。
こちらでもお伝えした通り、今回は旅を通して復興支援というだけではなく、息子に福島県の良いところをしっかりと体感させること。その上で今回の震災・原発について将来に渡り考えるきっかけになればと思ったからです。これも旅育の一つの形だと思っています。


250-IMG_2686.jpgまた福島県の中でも会津地方は放射線量が低く、むしろ横浜の方が高いくらいです。
これからスノーシーズンを迎え、磐梯山ではスキー場もオープン!冬のオンシーズンを迎える前に実際にこの目でその現状をみたいという思いもありました。旅の目的は十二分に果たせ、自然、食、文化を満喫。息子もいい笑顔です!
東京に一番近い東北は魅力あふれる地。その模様はなるべく早く”家族deたびいく”でもご紹介したいと思います!
※順次こちらへUPしていきます>>福島県へ。自然・食・文化を体験[家族deたびいく]
以下、思い出のショットをダイジェストでご紹介しておきます。
訪れた時は小春日和。持っていったセーターなどもあまり活躍しませんでしたが、そろそろ初雪も観測される時期になります。続きを読む
posted by 村田和子 at 19:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅育(たびいく)・学びの旅 | 更新情報をチェックする