2018年10月02日

バケーションレンタル「HomeAway」の皆様と情報交換会

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。

先日NHKラジオでバケーションレンタルをご紹介したのですが、それをきかっけにお誘いを頂き「HomeAway」日本支社長 木村奈津子さんはじめ、関係者の皆様とランチをしながらの情報交換へ。素敵なお店は、華都飯店六本木店。伺うと全員女性で女子会のようでした。
向かって右から、HomeAway木村支社長、PRご担当の小西さん、(私)、HomeAwayマーケティング担当の笠井さん、PR会社の堀井さん
homeaway2.jpg
木村様、以前は親会社のエクスペディアにいらしたとのこと。話をしていくと……共通でお世話になった知人を介して当時から私のことを知ってくださっていたそう。光栄です。気が付けば旅行ジャーナリストとして活動を初めて17年。いろいろな方にご縁を頂き、改めて感謝しております。

バケーションレンタルは、家主不在型の民泊で、別荘の一棟貸しやリゾートマンションなどがあります。
民泊の中の一つのカテゴリーですが、プライバシーが保たれユニークな体験ができるので、日本人の新しい旅スタイルとして注目しています。

なかなか別荘は持てないけれど、一般の方の別荘やセカンドハウスなどを我が家のように利用して滞在する。
ちょっとあこがれの生活を体験してみる……リッチな体験がお値段も手ごろに楽しめるので、いろいろな使い方ができそうです。

こちらはお土産に頂いた、ロゴ入りの海外用の電気プラグ。これすごく便利。
home2.jpg
home2.jpg
マルチ対応のものは持ってはいるのですが、いろいろと組み立てがややこしく説明書がなくなると利用方法がわからず困ったことも。
その点これは、一目瞭然。お目当てのプラグをレバーで引き出すだけ。しかもUSBが4つ同時に充電できる……おおー便利と感動。
次回の海外旅行でさっそく使わせていただきます。
脱線しました。ご挨拶の時間を頂き御礼申し上げます。


posted by 村田和子 at 14:59| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

星野リゾート新ホテルBEB軽井沢&海外二軒目の「星のやグーグァン」誕生:発表会より3つのトピック+α

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。毎回さまざまな試みがあり楽しみにしている、星野リゾートの定例会。先週冬に向けての定例会があり伺ってきました。施設も30を超え、ひとつひとつの施設をじっっくりというわけにはいかないのですが、主なトピックと私が個人的に気になるプランをご紹介します。すでに報道などでも告知されていますが、大きなトピックは

■星野リゾートの新しいホテル「星野リゾート BEB軽井沢(ベブかるいざわ)」が2019年2月開業
 今年第四のブランド「OMO」を開業したばかりですが、ユニークなホテルが誕生。テーマは”ルーズ”で、決められた旅でなく自由気ままに肩ひじ張らず自由に過ごせ、価格も1名@9000円~とリーズナブル。”OMO”が都市型なら、リゾート版のOMOといった印象で、20代の若者がターゲット。カフェは24時間営業。なんとこちらは、星野リゾートのおひざ元、軽井沢星野エリアにできるというからちょっとびっくり。
【BEB 軽井沢】メインイラスト (1).jpg
■海外二軒目の「星のや」が台湾に誕生!星のやグーグァン 2019年夏開業
 星のやバリに続いて、台湾に星のやグーグァンが誕生。台中の山の中にある温泉宿とのことで、台北からアクセスは2時間半。
 全室に大自然を望む半露天の温泉があり、イメージからは桃源郷のような雰囲気も。
 星のやは、各地の文化・歴史を取り入れており、施設ごとにイメージが全く異なるので、行ってみないとわかりませんが……楽しみです
【星のやグーグァン】メインイメージ (1).jpg
■北海道・白老町に「星野リゾート界」を開業&界熱海、老朽化の為に建て替え。3年間クローズ
 アイヌ文化と関係が深い白老町は、現在、民族共生象徴空間を建築中。その一角に温泉旅館「界」を2020年春~夏の開業とのこと。
 一方で、界 熱海が 来年3月末でクローズ。3年にわたる改装に入るとのこと。
 また、界ブランドで推進している「現代湯治」も湯守を置き進化!
IMG_0056.JPG
個人的には、界 熱海のクローズに驚きました。今年も「若者旅」の取材で伺い、家族でも訪れた思い出の地。別館のヴィラデルソルの有形文化財の洋館、そこで頂くお食事が、とてもとてもとても!好きなのですが。優しい味で、美味。
聞けば、レストランもクローズするとのこと。残念です。

ただ施設の老朽化は以前から問題となっていたようで(※もとは蓬莱という老舗旅館です)仕方ないかなあと。
来年2/1~3/31の期間はクロージングイベントを実施。ヴィラデルソルでも過去に人気のお料理を提供するとのことで、思い入れのある方、ラストチャンスです(私も行かねば!と思っています)
IMG_1322.JPG
IMG_1323.JPG
あとは、冬の青森&北海道も神秘的な自然の様子が気になるし、リゾナーレ八ヶ岳のハロウィンは昨年度からリリースを見ているだけで怖い。怖いもの見たさで気になりますが。そして、私が個人的に気になるプランはこちら↓

夫から妻へ贈るひとり旅プラン「界 アンジン マーマの休日」。たまにはいつも頑張っているご褒美に一人で旅に出ておいで~と旦那様にいわれたら惚れ直してしまいそう。それ以外にも、自分へのご褒美一人温泉旅としても利用できそうなプランです。

あとは、軽井沢星野エリアの星野温泉でたのしむ、おひとり日帰り湯治プラン。
当日なら何度でも温泉が楽しめて、ボディートリートメント60分、ハルニレテラスの各種店舗から選べるランチ で11,500円。
軽井沢は東京からも新幹線であっという間。働く女子のお疲れ解消にもってこい!

女子といえば、比叡山にある、ロテルド比叡も昨今女子旅で人気だとか。
他もいろいろ担当者のあついプレゼンがあったのですが……今日はここまで。



posted by 村田和子 at 15:17| 東京 ☔| Comment(0) | 旅のトレンド情報 | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

日経プラスワン「遊覧船や川下り 水面に映える紅葉の名所10選」の選者としてコメント

2018年9月22日(土)、日経プラスワンの「遊覧船や川下り 水面に映える紅葉の名所10選」の選者としてコメントしております。
webでも公開されておりますので、ぜひお出かけの参考になさってください。

あれ?京都の嵐山が入っていないの?と思ったら、囲みで紹介。
先の台風で9月末まで休業のようです。紅葉に間に合って復活するといいなあ。



20180922.JPG
posted by 村田和子 at 18:57| 東京 ☔| Comment(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

クロスホテル京都オープン!京都をアクティブに楽しむ方に

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。9月25日に開業した、クロスホテル京都。開業前に一足お先に取材をしてまいりました。

河原町三条に位置する同ホテルは、高瀬川が前を流れ、坂本龍馬ゆかりの酢屋が目の前という立地です。一帯は江戸時代には藩邸があり、歴史を感じるスポットが点在。また先斗町へ、あるいは黒門市場へと、京都、人気の観光地にも歩いてアクセスOK。

P1120005.JPG

※宿泊者専用のラウンジ

P1080988.JPG

※ホテルエントランス

京都の街中を堪能するにはベストな立地で、アクティブ派の方にピッタリです。私も、夜そして朝と、ホテル周辺の散策を楽しみました。


クロスホテル京都が目指すのは「カジュアルラグジュアリー」。上品な佇まいを気負わず楽しめる……そんな雰囲気です。

館内には、京都の過去と現代、和と洋、の交わり(クロス)を表現したアートやインテリアが点在し、客室には各階ごとに異なるアーティストの作品がベッドボードとして飾られています。

NP1080864.JPG

客室は一見シンプルですが、「京感(共感)」「木(気)遣い」がテーマとあって、床やファブリック、インテリアなどの”質感”に凝っていて、心地いい寛ぎ感があります。客室内の扉は引き戸でスペースが広く使え、一般的な客室も、バスには湯船と洗い場があって広々。

NP1080865.JPG

私が今回、一番注目したのが、1階にあるレストラン「KIHARU Brasserie(キハルブラッセリー)」。道路との境は一面ガラスで、外と中の境界があいまいというか……街に溶け込むイメージです。店内へのアプローチは、オーナーが世界を旅して集めたコレクションをイメージしたアンティークの小物が飾られ、不思議な世界に引き込まれます。

NP1080913.jpg
和傘をインスパイアした天井の下にはバーカウンター、泡のようにかわいい照明の下にはハイチェアの席、窓際には落ち着いたテーブル席など、コーナーにより異なる雰囲気が楽しめるのもポイント。

P1080986.JPG

NP1080917.jpg

そして壁には一面のアート。よく見るとこの地にあった「京劇ボウル」の説明が英語で書かれた作品もあったり、見ているだけでワクワクします。営業は当面24時までとのことですが、深夜の営業許可も取得しており、大人が集まるイベント等も今後企画したいという話も!


地中海料理を中心とした洋食メニューは、朝食は宿泊者限定ですが、お昼と夜は外来からの利用もOK。レストランは地元の方や海外からの旅行者の利用も多くなりそうです。

全301室ということで、想像していたよりも大きく存在感があり、新しい界隈のランドマークになること間違いなし。
ぜひ宿泊やお食事で訪れてみてはいかが?


posted by 村田和子 at 18:42| 東京 ☁| Comment(0) | 村田和子のアンテナ | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

西日本豪雨ふっこう周遊割、10月1日からの変更注意点

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。

西日本豪雨のふっこう割の条件が、11府県⇒13府県に緩和されたのですが、予約日と宿泊日などが移行期でごちゃごちゃになっているので、整理してみました。予約日と宿泊日、条件緩和の対応表です。
事務局にも確認がとれ、オールアバウトに詳細の情報を掲載しています⇒旅行で復興支援!13府県ふっこう周遊割ルールまとめ 

ふっこう割.JPG

※補助は予算がなくなり次第終了する可能性あり。宿泊日が先の場合はご注意ください



posted by 村田和子 at 10:15| 東京 ☁| Comment(0) | 観光で復興支援 | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

11府県⇒13府県へ:ふっこう周遊割の使い方(解説)~旅行者視点でのまとめ

9/21に、新ルールが発表されたので、以下修正をしておきます。
予約日、宿泊日、両方が満たされて適用となります。ご自身で申請の場合は、ルールが適用されるか十分確認をするようになさってください。

新ルール
香川県と徳島県を追加した13府県が対象に
同一府県で完結する場合もOKに
対象期間  10月1日(月)~11月30日(金)宿泊分まで
*宿泊後の申請先着順(予算がなくなり次第、終了)
*9月21日(金)予約分から割引対象

===========================
こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。本日ラジオでもご紹介した11府県ふっこう周遊割。
公式サイトも旅行者にわかりにくいので、多方面に取材した現状での使い方ポイントをまとめておきます。
※なお、以下は9/19現在の運用です。ルールの変更が既に予定されておりますのでご注意ください。(新ルールの運用開始は10月めどの予定だそうです)

<11府県ふっこう周遊割の概要>
国が西日本豪雨の復興事業として、「観光支援事業費補助金」を創設。対象の11府県への宿泊補助が開始されています。

■対象府県
中部地方:岐阜県
近畿地方:京都府(※京都市を除く)/兵庫県
中国地方:岡山県/広島県/鳥取県/島根県/山口県
四国地方:愛媛県/高知県/徳島県(*)/香川県(*)
九州地方:福岡県
(*)9/21以降の予約で、10/1-11/30宿泊分について対象

■ルール
対象11府県を周遊する2泊以上の連続した宿泊に対して
 ⇒対象13府県の中で2泊以上の連続した宿泊に対して
              (*)9/21以降の予約で、10/1-11/30宿泊分について対象
1泊当たり岡山・広島・愛媛:6000円、それ以外:4000円 の補助(※ただし宿泊費が上限)
※大人こども同額の補助。家族などグループ分をまとめて請求可能。各都道府県5泊まで
※8月28日以降の予約。8月31日(金)~11月30日(金)宿泊分対象(※ただし補助金枠がなくなれば終了の可能性あり)

■割引を受けるには?
方法1. 旅行会社の「ふっこう周遊割ツアー」を利用 ※面倒な手続きなしで簡単!予約手配で完了
メリット
・既に割り引いて販売されるので、旅行者にて手続き不要
・添乗員付のエスコート型のツアーの他に、交通機関と宿泊がセットの個人型のツアーも販売予定
(※9月中旬から徐々に発売・各旅行会社のHPや新聞広告に注目)

方法2. 自分で宿泊を手配して支払い。後で申請して補助金を受けとる
メリット
・宿泊場所や予約方法は自由(宿に直接、予約サイトを利用・ツアー(※方法1のツアーは除外)・民泊は不可)
デメリット
・旅行者にて一度全額の支払いが必要。自分で手続きをして後日振り込みなど面倒
・ルールをしっかり認識する必要あり(※現在もルールが流動的で注意が必要)

※現状のルール:周遊&連続 がキーワード
一つの府県で完結するのはNG、間に11府県以外が入るのもNG
■岡山1泊 ⇒ 愛媛1泊  OK
■岡山1泊⇒(対象外で1泊)⇒愛媛1泊 NG(連続していないのでNG)
■岡山2泊  NG⇒OK(以下ルール)
(※)新ルール(同じ府県での2連泊でも可能、香川、徳島などを含めた13府県が対象)は、9/21以降の予約、10/1以降の宿泊について適用

決まっていますが、まだ運用開始はされていません。運用開始後の予約でないと補助が適用されない可能性が高く、正式発表があってから予約しましょう

・申請手続きは各都道府県ごと。添付書類などが違うケースもあります。基本は4種類のフォーマットに領収書を添えて郵送で申請

※その他注意
予算や運用は各府県ごと。予算がなくなれば期間内でも補助が終了する可能性があります。
旅行実施後の申請となるので、期間後半に予定をしている人は注意しましょう

岡山県などでは県独自で予算を組みクーポンを発行、同じ行政からの補助は併用が出来ないので注意。不安な場合は事前に確認をしましょう。


ということで、
自分で宿泊を手配して支払う場合のポイントを簡単にまとめると…
<旅行前>
・各県ごとのマニュアル・申請書類を印刷。手続き書類を確認する。
 書類はこちら⇒https://fukkou-shuyu.jp/
 ※宿泊証明のフォーマットは、旅行に持参
・補助の予算は各都道府県ごと。予算の状況を各府県の担当に確認
・補助の対象となる宿泊パターンであることをしっかりと確認して宿泊予約

<旅行中>
・宿に「宿泊証明書」を持参し証明をもらう
 ※チェックイン時にお願いするのがスムーズ。事前に「ふっこう割で証明が必要」なことを連絡しておくと用意してくれるところも。
・領収書を必ずもらい、宿泊証明と一緒に大切に保管

<旅行後>
・帰宅後早めに(※各自治体で期日を設けています)書類を記入し郵送で申請
 必要な書類は基本は
  1 交付申請書兼請求書(※)
  2 個人情報同意書
  3  宿泊証明書(※)
  4   行程表
  5 宿泊に係る領収書(写しでOKな県と原本必要な県がある)
  6 他府県での宿泊証明書(写し)

※宿泊金額は、税別。食事や観光付きプランの場合は、そのままでOKな場合と、純粋な宿泊だけという府県がある
※愛媛県は通帳のコピーが必要、該当県の宿泊の領収書は岡山は原本が必要など、微妙にルールが違うので注意
・手続きは各府県ごと。期日内にそれぞれに送る。
・申請内容に問題がなければ30日以内に口座に振り込まれる

以上です。いろいろなところに取材をし、実際に自分でやってみた現状での最新の情報です。
個人の場合は、後で申請なのでくれぐれも適用ルールは確認し、不明点は事務局に問い合わせをするようにしましょう。


posted by 村田和子 at 11:50| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

著書「旅育BOOK」&インタビューが週刊女性で紹介されました

週刊女性のBOOK コーナーで、「家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ  旅育BOOK 」出版にあたり著書インタビューが掲載されました。

2ページにあたりご紹介いただき、光栄です。
この夏は災害が多く、また猛暑などで旅を控えられた方も多いようです。

西日本豪雨の被災地応援の国策(11府県ふっこう周遊割)も始まり、旅で被災地応援のフェーズになってきています。


度重なる災害に知らないうちにストレスをかかえている方、お子さんも多いかと思います。
ぜひ、お子様とも旅へお出かけくださいね。
 

【NHKラジオ:Nらじ】西日本豪雨ふっこう周遊割について紹介しました

2018年9月19日 NHKラジオ Nらじ にて 西日本豪雨 11府県ふっこう周遊割 についてご紹介しました。

ルール変更が予定されている最中ですが、できるだけわかりやすく最新情報をご紹介しています。

11月19日までバックナンバーで聴いていただけるので、よろしければぜひ
http://www4.nhk.or.jp/nradi/26/

またブログでも現状の旅行者視点での流れを掲載しております⇒http://kazukomurata.seesaa.net/article/461741031.html

お聞きいただいた皆様、ありがとうございました。
西日本豪雨の地域は、旅を通じて頑張っている人を応援するフェーズに来ています。
ぜひお出かけください。

20180919.JPG
posted by 村田和子 at 02:23| 東京 ☁| Comment(0) | 【仕事実績】講演・TV・ラジオ出演 | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

11府県ふっこう周遊割の旅:岡山&愛媛:訪れたスポットを写真とともに

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
ためしてみよう!ふっこう周遊割の旅、今回の旅プランを公開。四国へは船でわたったり、広島からしまなみ海道もおすすめです。11府県ありますから、いろいろと検討してみてください

■1日目  羽田→岡山空港 

 ●倉敷市美観地区の散策
 ・「大原美術館」&新しくオープンした「大原本邸」を堪能(通常通り営業中)
  
640-IMG_0112.jpg


  →JR山陽線鴨方駅へ移動、宿の送迎で山の上に…

 ●宿泊:the view 瀬戸内 
  遙照山山頂にあり、晴れていれば満点の星空と夜景が堪能でき、近くには天文台も
  今年7/7オープン予定が豪雨で道が寸断。暫くお客様の受け入れが出来なかった
  ※お野菜が多く、デザートも美味な食事は女性におすすめ。
640-IMG_0145.jpg

 
IMG_0207.JPG

■2日目
 ●真備町に隣接する「矢掛町」を見学
 ※参勤交代の宿場町。訪れてみると、本陣宿場町の全体がわかる街並みが残る貴重な場。
 ※蔵や古民家を改装した宿、また街の象徴としてそびえる水見櫓は、現在は美術館に。
 ※11月には大名行列のイベントを開催。昭和51年に、台風の集中豪雨により甚大な浸水被害を受け街が意気消沈。元気をとり戻そうと青年  会が呼びかけ始まったイベント(今年も元気にきっかけになりますように)
640-640-IMG_0300.jpg


640-IMG_0268.jpg

 ●9/3に全線復旧した井原線に乗車、JR伯備線経由で岡山へ
吉備真備駅の車窓からは、泥やがれきの撤去は終わり普通の家が並んでいるように見えますが、よく見ると住宅には扉がなく空き家です。
  
640-IMG_0328.jpg

  
640-IMG_0347.jpg


  →岡山から松山へ高速バスで移動。道後温泉へ到着
  
640-IMG_0362.jpg

 
 ●道後到着 宿泊:ホテルルナパーク 別邸やすらぎ
 ※温泉宿にシングルの客室があり、一人旅でも宿泊ができて便利
 ※少ない客室数、行き届いたホスピタリティが◎。朝食も美味。
 
640-IMG_0418.jpg
  
続きを読む
posted by 村田和子 at 14:53| 東京 🌁| Comment(0) | 観光で復興支援 | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

旅をして復興支援とは?~岡山(倉敷・矢掛・真備)&愛媛(道後)を旅して考える

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。「ためしてみよう!11府県ふっこう周遊割の旅(岡山&愛媛)」から戻りました。
周遊割の手続きの検証、そして何よりも旅を通じて復興支援という意味を、自ら体験し確かめたいとでかけました。
・全国的に災害が多く、被災者の皆様のことを思うとなかなか旅へ行くのが憚られる
・復興の仕事をされている方やボランティアの邪魔にならないか?(宿泊施設など足りなくなるのでは?)
・行っていいタイミング、雰囲気なのか?
そんな風に思っている方も多いことと思います。
640-IMG_0111.jpg

※倉敷美観地区の新スポット。語らい座 大原本邸。

「観光地には被害がありません」という面が強調されますが、ちゃんと観光できるかよりも、訪れていいものかどうか……自分だけ旅で楽しんでいいのかどうか……そんな思いから旅を控える方が多いのだと思います。
今回はプライベートだったのですが、偶然の出会いに恵まれ、豪雨で被害の大きかった倉敷市真備町の今の様子、そしてお隣の矢掛町で観光事業に携わられる方の生の声も伺うことができました。
IMG_0247 (2).JPG
※矢掛町役場にて。向かって右:矢掛町の活性化の仕掛人 株式会社シャンテ代表取締役 安達精治さん。前泊した宿で偶然にお目にかかり翌日街をご案内頂きました。左手:矢掛町役場 産業観光課 高槻 美希さん。電話で観光情報を伺った際に「わからなければ、土曜日当直で町役場にいるのでお気軽にどうぞ」といってくださった方。丁寧な対応に思わずお目にかかりたくなり押しかけました。

実際にでかけてた結論からいうと、
「旅を通じて復興支援」という思いのある方は、ぜひたくさん旅をしてほしい
被害がもっとも大きかった倉敷市真備町においても、ボランティアの方や復興事業で宿泊される方はいらっしゃるもののピークは過ぎ、旅行者が増えないと回っていかない状況だといいます。
640-IMG_0344.jpg

640-IMG_0332.jpg

※9/3に全線復旧した井原鉄道。下は鉄道車内からみた真備地区の様子。遠目には普通に見えてもよく見るとドアや窓がなく人が住んでいないのがわかります。

岡山の倉敷美観地区、愛媛の松山市内や道後温泉などは、豪雨の直接の被害はなく訪れた時も元気に賑わっていました。それでも例年と比較すると、豪雨の影響、そしてこの夏は猛暑で出控えも全国的にあり、厳しかったといいます。
夏休み、秋の三連休が終わった後が心配……という声が、多くの地域で聞かれます。
640-IMG_0577.jpg

※松山にて。道後温泉本館は来年1月15日から保存工事。それを見据え、新しい浴場「飛鳥乃湯泉」もオープン。


続きを読む
posted by 村田和子 at 16:06| 東京 🌁| Comment(0) | 観光で復興支援 | 更新情報をチェックする