2017年10月15日

お詫び:IT不具合でご迷惑おかけしました(復旧しております)

旅行ジャーナリストの村田和子です。先週木曜日に突然メール送信ができないようになり、いろいろ回復を試みたところ更に悪化。
ネット接続やプリンターなども使えなくなるという最悪の事態に(涙)。

この間、ブログの更新、ならびに仕事関係のメールもタイムリーにご連絡ができず、ご迷惑おかけいたしました。
無事に週末に復旧をし、仕事環境が整いました。

ご迷惑おかけした皆様にこの場を借りてお詫び申しあげます。

posted by 村田和子 at 18:44| 東京 ☔| Comment(0) | Information(お知らせ) | 更新情報をチェックする

アラスカクルーズ体験レポ~5日目:迫力の氷河!上から見るか?横からみるか?(動画あり!)

感動いっぱいのルビープリンセス乗船記。アラスカクルーズ5日目は、終日航海日。とはいっても今日はのんびりはしていられません。グレーシャーベイ(=氷河の湾)国立公園の航海日ということでアラスカクルーズのハイライトです。

グレーシャーベイへは、自然保護の観点から大型船は一日に2隻しかはいれない貴重な場所。予定では6:30にはレンジャーが乗り込み、野生動物が見えると解説をしてくれるということだったので、ワクワクしていたのですが(写真は遠く氷河を有するグレーシャーベイの山々)
400-P1010756.jpg
早朝バルコニーに出ると……一面真っ白(↓)濃霧に覆われる中、船は汽笛を鳴らしながら進みます。
(右端にうつりこんでいるのは操舵室の一部。こちらは左舷側の客室からの景色)
400-P1010607.jpg

乗り込んだレンジャーも、「残念ながら霧です」ということで、動物ウォッチングは断念し朝食でもとレストランへ。ふっとレストランの窓をみると…え?霧が晴れて山々がそびえている!あわてて食べて部屋へ戻りましたが、陸地や海面付近の霧はあいかわらずで、動物の発見には至らず。

視界の悪い中でも、鳥の声が鳴り響き、見えないけれど多くの野生動物がいるのだろうと想像しつつ、湾の奥へ進んでいくと……徐々に霧も晴れ、お目当てのマーシェリー氷河に到着した時には晴天!素晴らしい景色に大興奮です。これが船の横(客室から)からの眺め。
400-IMG_0708.jpg

3日目にジュノーで観た氷河よりもずっと近くて海に流れ込む姿は美しく、迫力満点!
ここに一時間ほど停泊して、ぐるっと船は旋回。左舷と右舷、両方の客室から眺められるよう配慮してくれます。バルコニー付の客室だと、寒くなったら部屋にすぐ入れるし、プライベートな場所でのんびり見学ができるのがメリット。
400-P1010694.jpg
それではバルコニーのない客室の方はというと……。安心してください大丈夫です♪

続きを読む
posted by 村田和子 at 18:34| 東京 ☔| Comment(0) | アラスカクルーズ乗船記 | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

アラスカクルーズ体験レポ~4日目:スキャグウェイでゴールドラッシュ時代をしのぶ

ルビープリンセスで航くアラスカクルーズ。4日目はスキャグウェイに寄港。

昨日とはうってかわり、晴天! スキャグウェイはゴールドラッシュ時代の面影を色濃く残す地。今日は採掘した金をカナダからスキャグウェイに運搬していた「ホワイトパス&ユーコンルート鉄道」のエクスカーションに朝から参加します。
400-P1010570.jpg
写真は船尾からの港の景色。左手の岸壁に沿って列車が停止しているのがわかりますでしょうか?駅は市内中心部にあるのですが、クルーズ船の近くまで線路が引かれており、乗車はこちらからになります。
400-IMG_0639.jpg
ジュノーに続き、スキャグウェイもクルーズ船が多く、列車の窓からもこの通り↓。スキャグウェイは人口1000人足らずとのことですから、クルーズ船の乗客の方が断然多いことになります。
400-IMG_0643.jpg
この鉄道は、もともとは採掘した金などを効率的に運ぶために作られたのですが、残念ながら完成した時には、既にゴールドラッシュ全盛期は過ぎていたそう。現在では世界的な景観鉄道として旅行者に人気だといいます。


続きを読む
posted by 村田和子 at 18:33| 東京 ☔| Comment(0) | アラスカクルーズ乗船記 | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

アラスカクルーズ体験レポ~3日目:アラスカの州都ジュノーで氷河と対面

プリンセスクルーズで航く~アラスカクルーズ3日目はアラスカの州都ジュノー。大型船が4隻ほど縦列で停泊していて、圧巻です。生憎の空模様ですが、アラスカは雨が多いとのことで特別に運が悪いというわけでもないよう。空はどんよりですが、水墨画のようで何ともいえない幻想的な雰囲気で素敵。
400-P1010295.jpg
IMG_0601p.JPG
今回は、メンデンホール氷河を見学するエクスカーション(オプショナルツアー)へ参加。下船してツアーのバスへ乗り込みます。バスの車内には、国立公園のレンジャーの方が乗り込み、道中いろいろと説明をしてくれるのですが、オールイングリッシュ。知った単語を拾いつつ、なんとなくわかった気に。そして到着↓ 氷河と初対面です。
400-P1010315.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 02:03| 東京 ☀| Comment(0) | アラスカクルーズ乗船記 | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

アラスカクルーズ体験レポ~2日目:終日クルーズ&フォーマルナイト

アラスカクルーズ2日目は終日航海日。まったりとした時間を過ごせる終日航海こそ、クルーズの醍醐味と思いつつ、いろいろと見て回りたいところもあり・・・・あっという間に夜。

このクルーズではフォーマルが2回、今日はその1回目。船長主催のウェルカムパーティーとプリンセスクルーズの名物シャンパンウォターホールが実施されます。シャンパンウォターホールは、だれでも参加Ok(私も毎回参加しています)
400-P1010219.jpg
本日の私のフォーマルは、ルビープリンセスにあやかり、ルビー色のワンピースにラメのストール。長方形のストールも、後ろので結ぶとちょっと華やかな羽織りものになって便利です
400-P1010274.jpg
プリンセスクルーズの新しいマスコット「スタンリー」をみつけて一緒にパチリ。またご紹介しますがアラスカ限定のスタンリーのぬいぐるみ、荷物になるなあと悩みつつ、あまりの可愛さに連れて帰ってきました(※こんなに↓大きくはありません)
400-P1010246.jpg



続きを読む
posted by 村田和子 at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | アラスカクルーズ乗船記 | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

アラスカクルーズ体験レポ~1日目:シアトル出航

アラスカクルーズ体験記。やっと出航!  
シアトルの客船ターミナルで、チェックイン手続きをして、クルーズカードをもらいすぐに船内へ。既にシアトルに来た時に入国審査は済んでいるのでスムーズ。
400-IMG_0380.jpg

吹き抜けのロビー、豪華です。
400-IMG_0432.jpg
今回は贅沢にバルコニーの客室。
400-IMG_0382.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 21:46| 東京 ☁| Comment(0) | アラスカクルーズ乗船記 | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

村田のアラスカクルーズ体験レポート~シアトルへ行くなら必見:スペースニードル~

ルビープリンセスのアラスカクルーズ。出発前のシアトル街歩きレポートの続きです。
スタバ一号店の後は、モノレールに乗り、1962年に万博が開かれた時の跡地シアトルセンターへ。スペース・ニードルとチフリ・ガーデン・アンド・グラスという植物とガラスアートがコラボする美術館へ向かうことに。
400-IMG_0219.jpg
モノレール乗り場はビルの3階。近くに行けば見えるかと思ったら……結構わかりにくく、地図を頼りにビルを探して中へ入ると……ありました。ちなみに2階にはダイソーが(海外でも100円ショップは人気?日本のお菓子なども販売していました)
見晴らしの良い開放感あるモノレールに乗り、ご機嫌でシアトルセンター駅に到着したのが16時半。
400-IMG_0214.jpg

スペース・ニードルとチフリ・ガーデン・アンド・グラスのセット券がを求めて購入窓口へ進むと……チフリ・ガーデン・アンド・グラスは16時半で入場は終了とのこと。営業時間は18時までと確認していたのですが。どうも夜にイベントがあり早く閉まったようでした。10分違いで入場できず、のんきにコーヒー飲んでいる場合じゃなかったと後悔。

気を取り直してスペースニードルのチケットを購入するも、こちらも入場できるのは18時から。
400-IMG_0234.jpg
時間があるのであたりを散策することに。チフリ・ガーデン・アンド・グラスの前にはこんなオブジェも。ガイドブックをみて一番行きたかったスポットだけに残念すぎる……と後悔の念が再び。「次回のお楽しみ」と自分に言い聞かせぐっと我慢。
400-IMG_0225.jpg

続きを読む
posted by 村田和子 at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | アラスカクルーズ乗船記 | 更新情報をチェックする

星野リゾート発表会へ。第4のブランドOMO(おも)誕生!都市型観光が面白くなる?

こんにちは。旅行ジャーナリストの村田和子です。
今日は朝からフル稼働。午後には星野リゾートの定例会へ出席。毎回トピックが多いのですが、個人的には、やはり都市型観光の新しいブランドOMO(おも)の件、面白くなりそうです。(しかし、OMOのネーミングは、どこからきているのでしょう。質問すればよかったです。おもてなし?面白い?…←勝手に想像。確認してご報告しますが、サイトをみると、加えて”おもいっきり(楽しむ)”“思い出”などもかけているようですね)
hoshinosann.JPG
既に運営を担っている北海道の旭川グランドホテルは「OMO7 旭川(おもせぶん・あさひかわ)」へ。東京大塚にも「OMO5  大塚(おもふぁいぶ・おおつか)」が誕生するそうです。ちなみに数字はサービスの充実度。とりあえずシティホテル並みの施設・サービスがあるところを7と置き、今後開発をしながら数値とサービスなどのバランスは調整していくそう。
将来的には大阪の新今宮の案件も、OMOブランドになるようですよ。
400-P1020433.jpg
私も観光をメインにした旅では、コストのバランスからビジネスホテルを利用して、食事も地元のお店で頂くスタイルが多いのですが。星野代表がおしゃっていた通り「不満はないがワクワク感もない」というのは確かに…。
コスパを考え寝るだけなら十分満足と過度な期待はしないケースが多いですね(余談ですが、建築コストの関係で窓が小さいのが、私はどうもビジネスホテルで残念におもうところだったりします)

そんな観光メインの旅に宿泊のワクワク感(コスパ良く)がプラスされたら?
星野流の新しい都市型観光のスタイル、とても楽しみです。
400-P1020434.jpg
星野代表が
「地方都市の駅前はナショナルブランドの看板が多くどこも同じような雰囲気」
「いっそ駅から少し離れた場所にこそディープな街の楽しみ…食事やセンスのいいお店、その地ならではのディープな魅力(ライブハウスなど)がある」
「旭川では500歩で行ける範囲での楽しみ方を提案するツール「500歩MAP」を作成」
「周りのお店が開店している間は積極的に楽しみ方を案内。むしろホテル内のサービスは周りが閉まった後にある」
……どれも旅好きなら思いあたる「あるある」。

特に地方の新幹線など主要駅などは、メインの観光スポットや街の本来の賑わいから離れているケース多いですよね(先日訪れた長野も善光寺は結構駅から離れているし・・・城下町などもそうですよね)
上記の理由から、OMOは必ずしも、駅近ではない場所にも展開を検討、このあたりも利便性重視のビジネスホテルとは一線を画しそうです。

OMO(おも)のオフィシャルサイトは本日からオープン。動画を見るとよくコンセプトが分かります。

なんだか話を伺い、ごく限られた地域の魅力を集約というところで、以前シンガポールへ行きファンになったIHGグループの、INDIGO(⇒レポート:超私好み!ホテル インディゴ シンガポール カトン)と旅行者ニーズに対する考え方が似ている気もします。
住むようにその土地を感じられる都市型観光ホテルとでもいうべきか。
INDIGOは狭い地域の魅力をホテルに集約、対してOMOは周りと連携して一体化するという点で、ベクトルは違うのですが。
いずれにしても、好きなタイプのホテルのような気がしてワクワク。

その他、星野リゾートの気になるトピックは、また後日。

posted by 村田和子 at 00:30| 東京 ☁| Comment(0) | 旅行商品・旅行サービスを考える | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

【J-WAVE:STEP ONE】に生出演。渡航先人気ランキングについてお話しました

2017年10月5日、J-WAVEの番組【STEP ONE】のBEHIND THE SCENEに出演。
マスターカードが発表した外国旅行滞在先ランキングについて、コメントをしました。

渡航先ランキング1位のバンコク、成長率1位の大阪について、その魅力や理由、アジアで海外旅行が人気になっている点なども踏まえながら分析、お話しました。
放映後にMCのサッシャさんと、アシスタントの 寺岡歩美さんとご一緒に。
FullSizeRender.jpg
#サシャさん、身長高い…ですね。

タイも最近いっていないのですが、番組でもご紹介したワットポーのマッサージと、ホテルインディゴ、自分で紹介をしておきながら行きたくなってしまいました。
10分足らずで下が、とても楽しくお話をさせていただき感謝です。

ラジオ、最近出演の機会を頂くことが多いのですが、楽しいんですよね。またお声がかかるといいなあ。

※番組は9時から13時の長丁場ですが、私は9時半ごろに出演。うっかりしておりましたが、電車はラッシュで、行くまでに一仕事終えた感も。久しぶりにラッシュを経験し、毎朝の通勤、通学お疲れまです…と心から思ったのでした。



posted by 村田和子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | プロフィール・仕事依頼 | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

【女性自身10月17.24日合併号】1万円以内の日帰り絶景旅

2017年10月3日発行 女性自身10月17.24日合併号

特集:1万円以内の日帰り絶景旅

の監修をしました。(ちなみに表紙は嵐の櫻井君です)
2017100702.JPG

東京・大阪・名古屋発のおススメツアーをセレクト。
実際に一部ツアーは記者の方が参加し、レポートしてくれています。

今年は「インスタ映え」が旅のトレンド。そこもしっかり網羅しつつ
写真だけではなく、体験や食など楽しめるツアーをセレクトしています。
お手元にあればぜひご覧いただければ幸いです。



続きを読む
posted by 村田和子 at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | 【仕事実績】新聞・雑誌の監修・コメント | 更新情報をチェックする